1. HOME
  2. 転職する方法を探す
  3. 歯科衛生士から転職したいときは?転職に有利な3つの理由

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

転職する方法を探す

歯科衛生士から転職したいときは?転職に有利な3つの理由

歯科衛生士から転職したいと思ったらどうすればいい?

「せっかく取得した歯科衛生士の資格だけど、人の口の中を見るのはもう嫌」「もっと華やかな仕事がしたい……」と悩んでいる人はいませんか?

国家資格で安定した職業ですが、転職を考えている人も少なくはないはずです。

そこで、現在歯科衛生士の仕事をしており、転職すべきかどうすべきか悩んでいる人のために、前向きに行動を起こせる方法についてご紹介します。

歯科衛生士を辞めて転職したくなる理由とは?

国家資格の歯科衛生士ですが、意外なことに歯科衛生士は転職率が高いと言われています。その理由はほかの仕事同様に、給料に関することや職場の人間関係、また仕事そのものに対する悩みなどいろいろです。

ここでは、関連するサイトから退職理由や歯科衛生士あることの不安を抱えている人の声を参考にしてご紹介します。

給料が安いから

厚生労働省のデータでは、歯科衛生士の年間給与の平均は342.6万円となっています。ボーナスを除いて月収にすると28.5万円で、一般的な20代~30代女性の給与と比べると決して悪いわけではありません

しかし生活水準は人それぞれなので、外食費を始めとする嗜好品や消耗品などの生活費の出費が多ければ「給料が安い」と思ってしまう人もいます。

参考:平成29年賃金構造基本統計調査 

職場環境が良くないから

良い職場環境の条件を簡単に言うと、「仕事内容がハードではない」「残業がない」「人間関係が良い」となるでしょう。残業が多いのは嫌ですし、院長や先輩が怒りっぽい人だと怖くなって仕事に行きたくなくなってしまいます。どうせ働くのでしたら、ストレスのない環境で働きたいものです。

しかし勤め先によっては「残業が多い」ことや、「人間関係が良くない」ということもあるでしょう。

自分には向いていないと思うから

「国家資格だし安定しているから」と考えて就いた歯科衛生士ですが、いざ勤めてみると「自分には向いていなかった……」ということもあるかもしれません。新卒だけではなく、長年勤めている人でも同様の人がいるのではないでしょうか。

歯科衛生士は人の歯の健康を守る裏方的な仕事です。決して派手な仕事ではないので、注目されるのが好きな人には向いていないと感じてしまうことでしょう。

院長の私的な雑用が多すぎるから

歯科衛生士の職場は、多くが個人開業の歯科医院です。そのため、良く言えばアットホーム、悪く言えば院長の気分次第で雰囲気が変わる閉鎖的な職場と言えます。ときには歯科衛生士の仕事とは全く関係のない、院長個人の雑用や歯科助手的な仕事を頼まれることもあるかもしれません。

仕事に対する意識の高い人は、「こんなの自分の仕事じゃない」と嫌になってしまうことでしょう。

医院のスタイルが治療型だから

次の理由は、とても意識が高い人の理由です。歯科衛生士の仕事は治療ではなく、あくまでも「予防」にあります。虫歯などの歯の病気を未然に防ぐことは重要なことです。

しかし歯科医院によっては予防よりも治療に重点を置いているところもあり、意識の高い人は、自身のポリシーに反する医院だと悩みが多くなり、辞めたくなってしまうこともあるでしょう。

歯科衛生士を辞めないほうがいい場合もある?

歯科衛生士を辞めたくなった場合は、まず冷静に辞めないほうが良い理由を挙げましょう。仕事にはデメリットがある反面、メリットも多いからです。

客観的に分析することで、国家資格である歯科衛生士という職業の良い面と悪い面を天秤にかけて考えましょう。ここでは辞めないほうが良い場合について説明します。

時間が解決してくれるから

どんな仕事もそうですが、新人で仕事に就いた場合はすぐに嫌になってしまうことがあります。しかし安易な気持ちで仕事を辞めるべきではありません。嫌なことがあってもそれはあなた自身の問題かもしれません。

その場合は辞めても、他の仕事でも同じことを繰り返してしまうでしょう。最低でも1年間は頑張ってみましょう。時間が経つことで「辞めたい」という気持ちが変化することもあります。

安定しているので生活が安心だから

歯科衛生士は国家資格のため安定している仕事の部類に入ります。歯科医院の過剰問題が指摘されていますが、優秀な歯科衛生士であればあるほどに就職は有利ですし、待遇面での期待もできます。

自分自身のスキルが未熟な場合は磨いていけばよいので、仕事で失敗しても二度と同じ失敗をしないように励みましょう。

医院を変えることで解決するから

歯科衛生士自体の仕事が嫌いになったのでなければ、職場である医院を変えてみましょう。人間関係は仕事面に大きく影響します。強いストレスを感じて毎日が辛いのであれば、他の医院に移籍すればよいのです。

もちろん、あなた自身がわがままなのは問題外ですが、スキルだけではなく、スタッフ間の意思疎通を図ることができる人間力を持っている優秀な人であれば引く手あまたでしょう。

歯科衛生士を辞めるなら次の転職先は?

冷静にいろいろ考えて歯科衛生士を辞める決意が固まった場合は、気持ちを切り替えて次の仕事を積極的に探しましょう。

しかし、せっかくの歯科衛生士としてのスキルを活かさない手はありません。歯科関連や健康分野の職業を視野に入れてみてはいかがでしょうか。そこで、歯科関連の職業から健康に関する職業までをご紹介します。

歯科医師の「歯科助手」になる

よく歯科衛生士と混同されるのが「歯科助手」の仕事です。しかし、治療行為ができる国家資格の歯科衛生士とは職域が違います。

歯科助手の仕事は、簡単に言えば医師のサポートです。具体的には医師のそばで器具の受け渡しをしたり、診療の準備や片づけをしたりします。特別な資格は不要なので、責任が少なくて済みます。

「歯科技工士」になる

歯に特化した仕事の専門職であれば、歯の製作や加工を行う「歯科技工士」を目指すのもおすすめです。国家資格が必要な、医療技術の専門職として需要が高い仕事です。

医師が作成した指示に従う必要はありますが、職場でのコミュニケーションはそれほど必要ではないため「健康関連の仕事に就きたいけれど人間関係が悩み……」という人には適職かもしれません。

歯磨き粉などの関連企業に勤める

歯に特化した企業を挙げるとデンタルフロスなどの会社があります。職域は営業職のほうが多いようですが、対人面で自信がある人にはうってつけです。存分に得意先で歯の健康に関する知識を生かすことができます。

企業は個人医院などとは違って社員が多いので閉鎖的な雰囲気ではない点もメリットに挙げられます。もちろん社風にもよりますが、やりがいが十分に感じられることでしょう。

「ヘルパー」や「介護福祉士」になる

歯科衛生士の資格を持っていると、老人保健施設や福祉施設でも歯の健康指導に役立てることができます。訪問介護士や国家資格の介護福祉士として、介護が必要な人のために知識を活用しましょう。

高齢者の口腔ケアや「誤嚥性肺炎」などの予防にもつなげることができます。このように身体全般の健康維持のお手伝いができるのです。

食や栄養の専門家「栄養士」になる

「もう少し全般的に健康に関する仕事がしたい」という人には栄養士がおすすめです。食や健康に関する正しい知識や技能を伝える栄養士は、都道府県知事が認定する国家資格です。学校や病院、福祉施設などが主な職場です。

栄養士にはもう一つの、厚生労働省認定の国家資格である「管理栄養士」もあります。病気やけが人、特定多数の人などのために栄養指導を行います。

「保育士」や「幼稚園教諭」になる

歯の健康は、子供の内から維持しておくことが大切です。歯科衛生士の資格があれば保育士や幼稚園教諭として園児に歯の正しい磨き方を教えたり、父母に対してアドバイスもできたりします。

保育士になるには専門の養成学校の課程を修了する必要があります。幼稚園教諭は国家資格の免許状が必要ですが、いずれもやりがいのある仕事です。

歯の健康を中心に、トータルで園児の健康に関わることができます。

歯科衛生士からの転職に使える志望動機・自己PR例

歯科衛生士としてのキャリアや国家資格を持っていることで、転職する際にいろいろと有利に働くこともあります。スムーズに転職活動をするためには歯科衛生士であることを積極的にアピールしましょう。その際の志望動機として「健康」と「対人面」がキーワードになります。

歯科衛生士としての知識のほかに、接客面や医院内での人間関係を円滑にするためのコミュニケーション能力も有利に働きます。ここでは自己PR例を説明していきます。

健康に対する知識が豊富

歯科医師と同じように治療も行える歯科衛生士は、歯の健康に対する知識が豊富です。そのため歯の健康だけではなく、身体全般に対する健康意識が高い人も多くいます。

転職活動の際に履歴書に歯科衛生士の資格が書くと、もちろん退職理由に問題があるのはNGですが、多職種の企業でも有利に働くことでしょう。

例えば、「歯の健康を中心として社員の健康を維持するお手伝いをします」などの自己PRは有効です。

接客面で慣れている

歯科衛生士は、患者さんなどに対して不安を取り除いてあげるように優しく接するスキルも必要です。いくら歯の予防に関する知識が豊富でも、対人面で問題があれば歯科衛生士としては優秀ではありません。

優秀な歯科衛生士さんは接客面でも慣れている人が多いと言えます。接客面でのスキルはいろいろな分野で生かすことができます。「どんなお客様にもソフトに対応できます」などの自己PRが有効です。

医院内での人間関係を円滑にする

歯科衛生士は若い人のほうが就職が有利と言われている部分もありますが、一概にそうとも言えません。ある程度の年齢の人は、歯の健康に関するスキルだけではなく対人面でのスキルがあます。

院長とほかのスタッフ間の橋渡しをするなどをし、職場の良い雰囲気づくりをすることができる点から重宝がられます。「職場内のムードメーカーになります」などの自己PRが有効です。

転職しても歯科衛生士の資格は一生もの

歯科衛生士の仕事は、歯科医院だけではなく、老人保健施設などの福祉施設、保健所や幼児教育の現場でも役立てることができます。また、自分の子供に対しても適切なアドバイスが毎日できるのも大きなメリットです。

国家資格である歯科衛生士の仕事は一生ものです。いろいろな場面で役立てていきましょう。

ランキング

記事一覧