「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 言語聴覚士を辞めたい。資格と経験を生かして転職はできる?
仕事の悩み

言語聴覚士を辞めたい。資格と経験を生かして転職はできる?

言語聴覚士を辞めたいと思ったらどうすればいい?

言語聴覚士とは、言語機能や聴覚機能に障害を抱える患者を対象として、リハビリテーションを指導する専門家です。

脳卒中を患い失語症になった人や、摂食嚥下障害を患っている人、言語機能の発達が遅れている子どもなど、うまく喋れない、聞き取れないという苦しい思いをしている人を回復させるためのサポートをする、非常にやりがいの大きい仕事です。

しかし、近年この言語聴覚士をやめたいと感じている人も多く見られます。ここでは、様々な悩みを抱える言語聴覚士の転職についてご紹介しています。

仕事を辞めたいときの気分転換。「ミイダス」で自分の市場価値を知ってみよう

仕事へのネガティブな気分が高まると、衝動的に退職してしまったりと、のちのちの自分にとって不利な選択をしてしまいがちです。冷静な判断でキャリアをつなげていけるよう、まずは落ち着いて自分を見つめ直してみましょう。

「ミイダス」は、簡単な質問に答えていくだけで自分のいまの市場価値=想定年収がわかるツールです。しかし、それだけではありません。「自分の市場価値の確認」をしたうえに、そのまま「待っているだけの転職活動」もできてしまうのです。

チェックポイント

  • 市場価値診断のあとは、待っているだけで企業からスカウトオファーが届く
  • 企業からのオファーが届いた時点で、書類選考は免除
  • 「doda」の運営会社が提供するサービスなので、安心して使える

診断のついでに簡単なステップで登録できます。「まだ転職を決意してはいないけれど、今よりいい職場があれば知りたい」という方には特におすすめです。ぜひチェックしてみてください。

言語聴覚士を辞めたくなる理由とは?

言語聴覚士の職場は高齢者施設や病院が主な職場ですが、それぞれの職場環境によってさまざまな問題があります。

ここでは、そんな言語聴覚士のやめたくなる理由についてご紹介します。

介護士としての業務が多いから

言語聴覚士の勤務先は、介護施設や、介護機能のある医療現場が主になります。そして、そのような職場ではたいてい、介護士の人手が足りていません。

言語聴覚士に限らず、専門分野の資格を持って就職したはずなのに、蓋を開けてみれば介護業務しかさせてもらえていないというケースは非常に多いです。人が足りなければ、ドライバーだって医療事務だって介護に駆り出されてしまうのが現場の実情です。

このような環境では、なぜ言語聴覚士としての存在意義に疑問を抱いてしまい、辞めたくなるのも仕方がありません。

20代なら「JAIC」で異業種にチャレンジしてみよう

せっかく勉強をして就いた言語聴覚士という専門職。しかしどうしても自分に合わないのなら、無理をして言語聴覚士で居続ける必要はありません。もしあなたが20代で「まったく別の業界でもいいから社会人として再チャレンジしたい」と思うのなら、JAIC(ジェイック)に相談してみましょう。

JAICは、社会人経験の少ない20代向けの就職支援サービスです。正社員として通用するよう、しっかりとビジネス研修を行ったうえで、若さに可能性を感じてくれるホワイト企業との出会いを提供してくれます。

ジェイックをおすすめする理由

  • 社員の定着率が高く、若手が安心して働ける就職先を紹介してもらえる
  • 強力なビジネス研修プログラム「就職カレッジ」で就職成功率UP
  • フリーターや既卒から優良企業に就職できた利用者が多数

JAICで紹介してもらえるのは、「短期間で退職する社員がいない」「雰囲気が良い」「業績が安定している」などの条件を満たす企業です。若いうちに再就職を目指すなら、ぜひ相談してみましょう。

専門性を磨くことができないから

言語聴覚士は、医療系の専門職であり、定期的に研究発表が求められます。勉強会もあり、最新の情報にキャッチアップしていかなければなりません。

しかし、実際に働き始めてみると、自分の専門分野を磨くどころではない状況になることが少なくありません。

興味のあること・研究したいことよりも、浅く広い業務が求められます。場合によっては施設の方針で、自分のやり方を曲げなければいけないかもしれません。

若いうちから志を持って学校で勉強をし、就職しても向上心を失わない人ほど、こういう現実が嫌になってしまうでしょう。

症状の違う相手に対応するのに疲れるから

言語聴覚士が対応する相手は、症状も違えば、症状の重度も違います。嚥下がうまくできない人、発声ができない人、発声まではできるけれど言葉にならない人など、日々さまざまな患者さんに接することになります。

介護施設であれば、要介護度いくつの利用者を受け入れる、というようにある程度決まっていることが多いので、作業内容はだいたい同じになりますが、言語聴覚・嚥下機能についての要介護度で振り分けてくれるような施設はまずありません

どんな人を相手にするかわからない状況では、常に気が抜けず、勉強にもなりますがストレスも溜まるでしょう。

リハビリが思うようにいかないから

障害の程度は人によって様々で、中にはまったく意思疎通が出来ない患者さんもいます。こういう場合、リハビリ自体が思うように進まず、いらいらすることもあります。

丁寧にリハビリを施してもまったく効果を得られず、自分のやっていることは無意味なのではないかと落ち込んでしまう人も見られます。

逆に、意思疎通のできない・リハビリをしても効果のない患者さんを、人ではなく物のように、流れ作業で扱うことにしてしまう言語聴覚士もいます。仕事を続けるには心を殺して開き直るしかないのかもしれませんが、残念なことです。

人間関係がよくないから

医療介護の現場は、女性が多い傾向にあります。特に、介護施設でリーダー格になっているのは、40代くらいの女性であることが多いです。

その年代の女性が誰しもそうだというわけではありませんが、数々の体験談から、噂好きで派閥を作りがちだという事実が導き出されています。これが職場の人間関係においては悪影響を及ぼしていることが多いようです。

また、介護施設は常に人手不足なため、よく選考をせずに人を採用してしまい、トラブルになったという体験談もよくあります。制服や持ち物の盗難をきっかけに職場の雰囲気が悪くなると、当然辞めたくもなります。

仲間がいないから

言語聴覚士を何人も雇っている施設はそう多くありません。職場に言語聴覚士は自分ひとりきりということもよくあります。大きな総合病院だと3人程度で、小さな施設ではよくて2人といったところです。しかし、そのもうひとりと相性が悪かったら、仕事はやりにくくなります。

ひとりきりとはいっても、自分がトップでもない限りは、上長に判断を仰いだり評価をしてもらわなければなりません。しかし、言語聴覚士の資格を持たない上司に、言語聴覚士の仕事が評価できるのでしょうか

納得行かないことが多くて、ひとりきりの職場から去ってしまう言語聴覚士はよくいます。

給料が安いから

言語聴覚士の年収を、同じリハビリ職と比べると、いずれも病院や介護施設で働く仕事であるにもかかわらず、作業療法士の年収だけが多くなっています

職種 平均年収
言語聴覚士 400万円
理学療法士 406万円
作業療法士 471万円

同じリハビリ職で、70万円の差は大きいですよね。作業療法士より言語聴覚士のほうが、資格を持っている人数が少なく貴重な職種なのに、なぜかこのように差がついてしまうのです。

言語聴覚士を辞めたほうがいい場合とは?

難関の国家資格である言語聴覚士を続けるか悩んでいる人が多いのですが、自分を客観的に見てやめたほうが良い場合をご紹介します。

自分に適性がない、モチベーションが沸かないなどの状態で仕事を続けていても、自分自身だけでなく患者さんもつらく感じることもあるでしょう。そんな場合は、早めに転職を決意して準備に取り掛かることをおすすめします。

3年たってもリハビリがうまくいかない場合

最初は誰も初心者ですが、三年たっても自分のリハビリが患者さんにまったく受け入れられず、結果が出せないようであれば、適性の問題があるかもしれません。

患者さんの回復は言語聴覚士にとって、最大のモチベーションにつながります。これが得られないのなら、この仕事を続けていく気力も出ないため、ほかの職業を考えているのなら、積極的に検討してみることをおすすめします。

この業界でできることに限界を感じた場合

リハビリ業界は、治療そのものではなく、患者さんが日常生活に復帰できるように回復プログラムを実践することが大きな仕事となります。

言語聴覚士だけがやる気を出しても、うまくいかず、患者さんとのやり取りやモチベーションを引き出すことが、大きな成功のポイントとなります。この総合的な作業が困難と感じるのなら、リハビリ業界そのものに限界を感じていることになるので、転職するのも良いでしょう。

他にやりたいことがある場合

言語聴覚士のほかにやりたい職業がある場合は、そちらへ転職することも考慮しましょう。同じリハビリの仕事の作業療法士、理学療法士などの資格を取り直す方法もあるし、これから需要の高まる介護分野に進むことも出来ます

言語が不自由な人の指導経験は多くの職業につながるため、ほかの業界も見学するなどして、自分んじ適した職場を見つけましょう。

言語聴覚士を辞めないほうがいい場合とは?

仕事内容自体は自分に合っているけれど職場環境に不満があると感じている人は、言語聴覚士をやめる必要はありません。

職場や人間関係が不満の原因であるなら、別の施設に移ることで問題は解決するかもしれません。問題を出来るだけ客観的に見て、自分の将来を考えましょう。

今の職場での人間関係が原因の場合

職場の人間関係がうまくいかないことはどの職場でもあります。特に入職して三年目までの初心者は、人間関係に悩む人が多く見られます。

慣れてくると、人間関係の要領を得てくるのであまり気にならなくなりますが、最初のころはこのストレスに耐えられずやめてしまう人も多いのです。

リハビリ職自体に不満がないのなら、もう少し様子を見て職場の人間関係と距離を置いてみることをおすすめします。

期限を切って様子を見ても、自分のストレスが変わらないようであれば、職場を変えましょう。

給与や残業など会社の制度に問題がある場合

給料や残業の多さ、福利厚生など待遇の問題や、職場の将来性に不満があるなら、同業他社に転職すれば解決する可能性があります。

次の職場は転職サービスなどを利用して、しっかり下調べや見学をして確かなところを見つけましょう。

資格がもったいないと思う場合

言語聴覚士になるためには、今まで決して少なくない学費と時間をかけて、努力をしてきたはずです。言語聴覚士を辞めるということは、それらの努力をなかったことにするも同然です。

もし、これまでしてきたことに未練があるなら、辞めずにもうしばらく頑張ってみることをおすすめします。

納得いかないうちにまったく別の仕事に転職しても、ことあるごとに「自分は言語聴覚士の資格を持っているのに……」「本来こんな仕事はするはずじゃなかったのに……」と思ってしまうことになります。

まったく別の仕事をするなら、「もったいない」という気持ちに折り合いがついてからにしましょう。

やりがいを感じる瞬間がある場合

少しくらい仕事がうまくいかなくても、言語聴覚士の仕事にやりがいを感じる瞬間があるのならば、このまま仕事を続けてみましょう。仕事がつらいのは、まだキャリアが足りないだけかもしれません。

長く続けた後に突然仕事能力がアップする人もいるので、衝動だけで軽率に判断するのは禁物です。

面接などの転職活動が苦手な場合

仕事を変えるには当然、転職活動をしなければなりません。そのためには、履歴書や職務経歴書をなるべく魅力的に見えるよう書いて提出し、面接でスムーズに受け答えをしながら、積極的に自己アピールをする必要があります。

そういった転職活動に自信がない場合は、言語聴覚士の仕事にとどまることも一つの手です。一般企業の選考には通らなくとも、人手不足の医療福祉業界で資格を持ってさえいれば、いくらでも働き口はあるのです。

環境によっても言語聴覚士の仕事は違う?

言語聴覚士の仕事場は、病院、介護・福祉施設、教育機関と大きく分けて三つあります。それぞれに目的が少しずつ違ってくるので、言語聴覚士としての仕事内容も変わってきます。

現在の環境で仕事が苦痛であるならほかの施設へ変わることも可能です。ここでは言語聴覚士の職場環境について解説しているので、参考にしてください。

病院の場合

病院は病気の治療を目的としているため、入院中だけの言語指導になります。日々多くの患者さんと接することが必要で、リハビリの導入的な内容を患者さんに施すのが主な仕事です。

たいてい2週間で多くの患者さんが退院していくので、長期に渡りリハビリを施すことはありません。逆に、一人の患者さんと長く付き合うことはなく、自分のリハビリ指導の結果が分かりにくいこともあります。

介護・福祉施設の場合

介護施設や障害者福祉施設では、言語機能が不自由なだけではなく、コミュニケーション自体に障害がある患者さんの指導も行うため、仕事がうまくいかず悩む人も多くいます。

言語聴覚士の仕事場としては一番ハードな職場であり、転職したいと考える人も多く見られます。しっかりとしたプロ意識を持たないと、続けるのが難しい仕事場になります。

教育機関の場合

教育機関も様々あり、言語だけ不自由な人が集まる機関と、知能や身体機能にも問題がある重度障害者の教育機関に分けられます。

多くの障害を持つ教育機関ではリハビリの仕事も困難になり、言語のリハビリなのか、養護の仕事なのか境目がなくなってきます。教育機関の種類を選ぶことにより、自分に合う職場を探せることもあります。

言語聴覚士からの転職で気をつけるべきこととは?

言語聴覚士からの転職で気をつけることをご紹介します。適切な退職時期や、次の職場への希望をはっきりさせておくことはスムーズな退職と入職に大切なポイントです。

仕事を続けながらの転職は大変ですが、転職サービスでは新しい職場への入職を出来るだけ簡単に済ませられるようにサポートしているので、利用してみるのも良いでしょう。

リハビリプログラムの途中でやめない

患者さんとのリハビリプログラムは数ヶ月単位で組まれているものもあり、言語聴覚士が退職することで、中途半端に終わってしまう可能性もあります。

スタッフにとっては多くの患者さんの中の一人ですが、患者さんにとっては貴重な回復プログラムで、日々力を注いでいるのです。患者さんの回復を妨げないように、途中でリハビリプログラムを滞らせるということは避けるようにしましょう。

次の仕事で資格が必要なら取得の計画を立てる

言語聴覚士から作業療法士、理学療法士などのリハビリ職に転職する際は、新たに国家資格を取得することが必要になります。

退職してから勉強を始める人もいますが、在職中から計画的に学習の計画を立てておくとうまくいくでしょう。しばらく試験勉強から遠ざかっていたため、試験勉強の方法を忘れていたり、要領を思い出すのに時間がかかることもあります。スムーズな入職のために、国家資格が必要ならしっかり準備しておきましょう

引継ぎをしっかりする

ほかの仕事と同じく、現在の仕事内容をしっかり後の人に引き継いでやめることが必要です。

特にリハビリプログラムの途中で退職せざるを得ない場合は、患者さんの状況を見て慎重に引継ぎをしましょう。できたら、新しい言語聴覚士と患者さん三人でコミュニケーションを取る機会を作ると、うまく引継ぎが運びます。

適切な退職時期を決める

結婚退職など、退職時期を周囲との話し合いにより決められる場合は、施設やプログラムの状況を見て適切な時期を決めましょう。

しかし、あまりにも職場に都合をあわせ過ぎていたら、結婚行事が進まなくなることもあります。このため、あらかじめ上司に結婚退職の報告と退職時期の相談をしておくと、スムーズに退職できます。周囲のスタッフにも知らせて、協力してもらうのもおすすめです。

次の職に求めることを整理しておく

言語聴覚士をやめて、次の職場に入る際に自分が何をしたいのかはっきり確認しておくことは重要です。ただなんとなく職場に不満があるからやめたのでは、次の職場でも別の不満がすぐ出ることも考えられます。

職場は何かしらのストレスがあるものです。現在の職場をやめる原因は何か、次の職場に求めるものはなにかをはっきりさせておくことで、長期に見て満足度の高い仕事に転職することが出来るでしょう。

言語聴覚士を辞めるなら次の転職先は?

言語聴覚士からの転職先は多くあります。医療・福祉業界にとどまり、職種を変えて新しい挑戦をするもよし、まったく関係のない一般企業に行くもよし。

自分の気持ちにさえ折り合いが付けば、可能性はいくらでも広がるのです。

資格の要らない医療介護職

業界の雰囲気に慣れているのなら、リハビリの現場からあまり遠くないところで転職することをおすすめします。

とはいっても、医療・介護系の職種は、だいたい資格が必要になるため、すぐに好条件で転職できるわけではありません。まずは、働きながらいずれ資格を取ることを念頭に、いまは無資格でできる職種から始めてみましょう

たとえばこんな職種があります。

チェックポイント

  • 看護助手
  • 無資格・未経験可の介護職
  • 生活支援員

また、医療介護からは外れますが、整体師やボディセラピストと呼ばれる職も、資格は必要ありません。

資格取得支援制度のある介護求人は「かいご畑」

かいご畑は、全国で地元の介護求人が探せる転職エージェントです。最大の特徴は、運営会社であるニッソーネットに派遣社員として所属した場合に使える「キャリアアップ応援制度」。働きながら以下の資格が実質無料で取得できます

チェックポイント

  • 介護職員初任者研修 74,000円→無料
  • 実務者研修 135,000円→無料
  • 介護福祉士受験対策講座 16,000円→無料

運営会社のニッソーネットがスクールも経営しているからこそできる特別待遇です。これから資格取得を目指しているならぜひ活用してみてください。

医療・福祉系の一般企業

直接患者さんと接しなくとも、医療・福祉に関わる事業を行っている企業は山ほどあります。サービス系・製造系・販売系・出版系など、ジャンルもさまざまです。

これらの業界であれば、言語聴覚士という医療福祉分野の資格職についていた経歴は、高く評価してもらえるでしょう。

応募書類や面接ではぜひ、医療福祉の現場を自分はどれだけ知っているかをアピールしてみてください。

医療・福祉系の一般企業はリクルートエージェントで探そう

リクルートエージェントは、圧倒的なブランド力と求人数を最大の強みにしている転職エージェントです。求人は、大手からベンチャー企業まで、日本全国にあります。

とにかく選択肢が多いので、相談して仕事紹介を受けると「こんな仕事もあるんだ」と希望が持てることでしょう。

まったく別分野の一般企業

医療・福祉とはまったく関係のない一般企業への転職ももちろんありです。専門知識は役立たないかもしれませんが、コミュニケーション能力や問題解決能力など、社会人としての経験はきっと新しい会社でも活かせるはずです。

異業種に転職するなら、とにかく早いうちに行動しましょう。20代と30代、30代と40代では、業界未経験者が採用される確率が違ってきます。若いうちの決断が重要です。

また、「なぜ資格職を捨ててこの仕事を志望するのか?」という問いには、ポジティブにはきはきと答えられるようにしておきましょう。自分でうまい言い方が思いつかなければ、転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

未経験の業界が不安ならマイナビエージェントに相談しよう

マイナビエージェントは、利用者満足度が圧倒的に高いエージェントです。親身なエージェントが、今から未経験でも働ける転職先を、一緒に考えてくれます。

応募書類の添削や、面接対策など、内定を勝ち取るためのサポートも手厚いので安心です。転職経験が少ない20代の人には特におすすめです。

資格と経験をこれからの財産として活用しよう

言語聴覚士はまだまだ新しい国家資格なので、専門家として長く続けている人や、ノウハウを教えてくれる人が少ないのが現状でしょう。だからこそ、相談相手がおらず辞めたくなってしまう職でもあります。

障害転職するならこれまでの資格と経験を活かして、新しい職場へ変わることは難しいことではありません。医療、介護分野の転職先は多く選択肢があるので、転職サービスなどを利用して自分に合う職場を探しましょう。

適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧