「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 言語聴覚士を辞めたい。資格と経験を持って転職活動を開始
仕事の悩み

言語聴覚士を辞めたい。資格と経験を持って転職活動を開始

言語聴覚士を辞めたいと思ったらどうすればいい?

言語聴覚士とは、言語機能や聴覚機能に障害を抱える患者を対象として、リハビリテーションを指導する専門家です。

脳卒中を患い失語症になった人や、摂食嚥下障害を患っている人、言語機能の発達が遅れている子どもなど、うまく喋れない、聞き取れないという苦しい思いをしている人を回復させるためのサポートをする、非常にやりがいの大きい仕事です。

しかし、近年この言語聴覚士をやめたいと感じている人も多く見られます。ここでは、様々な悩みを抱える言語聴覚士の転職についてご紹介しています。

仕事を辞めたいときの気分転換。「ミイダス」で自分の市場価値を知ってみよう

仕事へのネガティブな気分が高まると、衝動的に退職してしまったりと、のちのちの自分にとって不利な選択をしてしまいがちです。冷静な判断でキャリアをつなげていけるよう、まずは落ち着いて自分を見つめ直してみましょう。

「ミイダス」は、簡単な質問に答えていくだけで自分のいまの市場価値=想定年収がわかるツールです。しかし、それだけではありません。「自分の市場価値の確認」をしたうえに、そのまま「待っているだけの転職活動」もできてしまうのです。

チェックポイント

  • 市場価値診断のあとは、待っているだけで企業からスカウトオファーが届く
  • 企業からのオファーが届いた時点で、書類選考は免除
  • 「doda」の運営会社が提供するサービスなので、安心して使える

診断のついでに簡単なステップで登録できます。「まだ転職を決意してはいないけれど、今よりいい職場があれば知りたい」という方には特におすすめです。ぜひチェックしてみてください。

言語聴覚士を辞めたくなる理由とは?

言語聴覚士の職場は高齢者施設や病院が主な職場ですが、様々な理由で職場をやめたくなる人が多く見られます。

障害の程度が違う患者さんと日々接することは大変なストレスになり、うまく喋ることのできない患者さんのストレスを正面から受ける大変な仕事です。ここでは、そんな言語聴覚士のやめたくなる理由についてご紹介するので、転職を考慮している人は参考にしてください。

リハビリが思うようにいかないから

障害者の程度は人によって様々で、中にはまったく意思疎通が出来ない患者さんもいます。こういう場合、リハビリ自体が思うように進まず、いらいらすることもあります。

丁寧にリハビリを施してもまったく効果を得ず、自分のやっていることは無意味なのではないかとしょげてしまう人も見られます。患者さんとのやり取りがスムーズに行かないため、思うようなリハビリが出来なくて悩む人も多くいるのです。

思っていたよりストレスがたまるから

仕事を始めるまでは、障害者のリハビリはやりがいがあり自分に合う仕事だと感じていましたが、いざ入職してみるとうまくいきません。

自分の思い通りに行かない患者さんはストレスを持ち、言語聴覚士にぶつけてくることもあります。自分が大きなストレスを持つことになり、障害者のリハビリを続けることが難しい場合もあるのです。思っていたほどスムーズに仕事が進まないこともあり、やめたくなる人も多く見られます。

残業が多いから

リハビリの時間は決まっているのですが、事務作業が勤務時間内に終わらないことも多くあります。

大変ストレスのたまる仕事なので、プライベートでゆっくり休みたいと考える人も多いのですが、そうもいかない場合が多くあるのです。明日のリハビリの準備や、研修に時間が取られることもあり、自分のスキルアップのための勉強も欠かせないのです。仕事を持ち帰ることも多く、十分な休養を取るのが難しいこともあります。

患者さんとのやり取りがつらいから

言葉の不自由な人とのやり取りは、考えるよりつらいと感じる人が多いです。日々喋るのが不自由な人と接していると、リハビリがいまひとつ進まない自分にもいらいらし、落ち込むこともあるのです。

また、意思疎通が出来ない自分に、言語聴覚士としての自信を失うこともあり、転職を考えるきっかけになることもあります。障害者のサポートは忍耐力と高度な指導力が必要で、甘やかすことなく患者さんを導くことがポイントですが、慣れるまでは大変な仕事なのです。

給料が安いから

言語聴覚士の年収を、同じリハビリ職と比べています。三つとも病院や介護施設で働く同じような仕事であるにもかかわらず、作業療法士の年収だけが多くなっています。

作業療法士の仕事内容は、入浴や着替えなどの基本的な日常動作の機能を、リハビリによって高めていこうとするものです。喋ることや聞き取ることを対象にした言語聴覚士に比べ、体の機能を総合的にサポートするもので、生活の自立にかかわるため介護施設で重要な役割を持っているのが分かります。

職種 平均年収
言語聴覚士 400万円
理学療法士 406万円
作業療法士 471万円

子育てと両立できないから

女性は結婚出産、子育ての問題があるため、せっかく国家資格を取って言語聴覚士をしていても、途中で継続することが難しくなることもあります。

こんな場合は、フルタイムでの仕事を一時中断して、パートタイムに切り替えることにより、キャリアを中断せずに済むこともあります。いったん完全に離職してしまうと、復職までのハードルが高くなってしまいます。患者さんの様子が分かるだけでもパートで短時間の勤務を続けることは、プラスになるでしょう。

常に仕事が頭から離れないから

ほかの仕事でもそうですが、人相手の仕事は一人ひとりの印象が強くて、休みのときも頭から離れないこともあります。

このためゆっくり休むことが出来ず、リハビリがうまくいかないときは落ち込むこともあるのです。言語聴覚士をはじめて間もないころは、仕事と割り切ることが出来ず悩んでしまう人も多く、転職のきっかけになることも多く見られます。

言語聴覚士を辞めたほうがいい場合とは?

難関の国家資格である言語聴覚士を続けるか悩んでいる人が多いのですが、自分を客観的に見てやめたほうが良い場合をご紹介します。

自分に適性がない、モチベーションが沸かないなどの状態で仕事を続けていても、自分自身だけでなく患者さんもつらく感じることもあるでしょう。そんな場合は、早めに転職を決意して準備に取り掛かることをおすすめします。

三年たってもリハビリがうまくいかない場合

最初は誰も初心者ですが、三年たっても自分のリハビリが患者さんにまったく受け入れられず、結果が出せないようであれば、適正の問題があるかもしれません。

患者さんの回復は言語聴覚士にとって、最大のモチベーションにつながります。これが得られないのなら、この仕事を続けていく気力も出ないため、ほかの職業を考えているのなら、積極的に検討してみることをおすすめします。

この業界でできることに限界を感じた場合

リハビリ業界は、治療そのものではなく、患者さんが日常生活に復帰できるように回復プログラムを実践することが大きな仕事となります。

言語聴覚士だけがやる気を出しても、うまくいかず、患者さんとのやり取りやモチベーションを引き出すことが、大きな成功のポイントとなります。この総合的な作業が困難と感じるのなら、リハビリ業界そのものに限界を感じていることになるので、転職するのも良いでしょう。

他にやりたいことがある場合

言語聴覚士のほかにやりたい職業がある場合は、そちらへ転職することも考慮しましょう。同じリハビリの仕事の作業療法士、理学療法士などに転職する方法もあるし、これから需要の高まる介護分野に進むことも出来ます

言語が不自由な人の指導経験は多くの職業につながるため、ほかの業界も見学するなどして、自分んじ適した職場を見つけましょう。

言語聴覚士を辞めないほうがいい場合とは?

患者さんとのリハビリ自体は自分に合っていると感じている人は、言語聴覚士をやめる必要はありません。

職場環境や人間関係が不満の原因であるなら、別の施設に移ることで問題は簡単に解決します。問題を出来るだけ客観的に見て、自分の将来を考えましょう。ここでは、言語聴覚士をやめないほうが良い場合をご紹介しますので、お悩みの人は参考にしてください。

施設長や先輩との関係がうまくいかない問題

職場の人間関係がうまくいかないことはどの職場でもあります。特に入職して三年目までの初心者は、人間関係に悩む人が多く見られます。慣れてくると、人間関係の要領を得てくるのであまり気にならなくなりますが、最初のころはこのストレスに耐えられずやめてしまう人も多いのです。

リハビリ職自体に不満がないのなら、もう少し様子を見て職場の人間関係と距離を置いてみることをおすすめします。

職種を変えずに会社を変えれば解決する問題

待遇の問題や、職場まで遠いなどのリハビリ以外の問題は、会社を変わることで解決することがほとんどです。給料や福利厚生、職場の将来性や人間関係などリハビリ以外にも多くの問題があるでしょう。

しかし、施設を変わるだけでまったく違う制度になるため、一度に問題が解決することもあります。次の職場は転職サービスなどを通じて、しっかり下調べや見学をして確かなところを見つけましょう。

リハビリ自体は好きな場合

言語聴覚士としてリハビリを患者さんに施すこと自体は、やりがいを感じているという人もいます。こういう人は、仕事自体はうまくいっていることが多いため、やめることはありません。

それ以外のことは、勤務先を選ぶことで解決することがほとんどです。一番の問題であるリハビリ自体が順調に運んでいるのならこのキャリアを大切にして、長期の仕事計画を立ててみましょう。

仕事にやりがいを感じる場合

少しくらい仕事がうまくいかなくても、言語聴覚士の仕事に大きなやりがいを感じているのならば、このまま仕事を続けてみましょう。

三年以上たってもリハビリの要領を得ない人は、自分の適性を疑ってしまいますが、モチベーションが強いなら努力を続けていける人が多く見られます。長く続けた後に突然仕事能力がアップする人もいるので、数年の結果だけで判断するのは待ってみましょう。

環境によっても言語聴覚士の仕事は違う?

言語聴覚士の仕事場は、病院、障害者福祉施設、教育機関と大きく分けて三つあります。それぞれに目的が少しずつ違ってくるので、言語聴覚士としての仕事内容も変わってきます。

現在の環境で仕事が苦痛であるならほかの施設へ変わることも可能です。ここでは言語聴覚士の職場環境について解説しているので、参考にしてください。

病院の場合

病院は病気の治療を目的としているため、入院中だけの言語指導になります。たいてい二週間で多くの患者さんが退院していくので、長期に渡りリハビリを施すことはありません。

このため一人の障害者と長く付き合うことはなく、自分のリハビリ指導の結果が分かりにくいこともあります。日々多くの患者さんと接することが必要で、リハビリの導入的な内容を患者さんに施すことが主な仕事です。

障害者福祉施設の場合

障害者福祉施設は、知的障害の患者さんのリハビリ指導をする場所です。言語機能が不自由なだけではなく、知能に障害がある患者さんの指導も行うため、仕事がうまくいかず悩む人も多くいるのです。

言語聴覚士の仕事場としては一番ハードな職場であり、転職したいと考える人も多く見られます。しっかりとしたプロ意識を持たないと、続けるのが難しい仕事場になります。

教育機関の場合

教育機関も様々あり、言語だけ不自由な人が集まる機関と、知能や身体機能にも問題がある重度障害者の教育機関に分けられます。

多くの障害を持つ教育機関ではリハビリの仕事も困難になり、言語のリハビリなのか、養護の仕事なのか境目がなくなってきます。教育機関の種類を選ぶことにより、自分に合う職場を探せることもあります。

言語聴覚士からの転職で気をつけるべきこととは?

言語聴覚士からの転職で気をつけることをご紹介します。適切な退職時期や、次の職場への希望をはっきりさせておくことはスムーズな退職と入職に大切なポイントです。

仕事を続けながらの転職は大変ですが、転職サービスでは新しい職場への入職を出来るだけ簡単に済ませられるようにサポートしているので、利用してみるのも良いでしょう。

リハビリプログラムの途中でやめない

患者さんとのリハビリプログラムは数ヶ月単位で組まれているものもあり、言語聴覚士が退職することで、中途半端に終わってしまう可能性もあります。

スタッフにとっては多くの患者さんの中の一人ですが、患者さんにとっては貴重な回復プログラムで、日々力を注いでいるのです。患者さんの回復を妨げないように、途中でリハビリプログラムを滞らせるということは避けるようにしましょう。

次の仕事で資格が必要なら取得の計画を立てる

言語聴覚士から作業療法士、理学療法士などのリハビリ職に転職する際は、新たに国家資格を取得することが必要になります。

退職してから勉強を始める人もいますが、在職中から計画的に学習の計画を立てておくとうまくいくでしょう。しばらく試験勉強から遠ざかっていたため、試験勉強の方法を忘れていたり、要領を思い出すのに時間がかかることもあります。スムーズな入職のために、国家資格が必要ならしっかり準備しておきましょう

引継ぎをしっかりする

ほかの仕事と同じく、現在の仕事内容をしっかり後の人に引き継いでやめることが必要です。

特にリハビリプログラムの途中で退職せざるを得ない場合は、患者さんの状況を見て慎重に引継ぎをしましょう。できたら、新しい言語聴覚士と患者さん三人でコミュニケーションを取る機会を作ると、うまく引継ぎが運びます。

適切な退職時期を決める

結婚退職など、退職時期を周囲との話し合いにより決められる場合は、施設やプログラムの状況を見て適切な時期を決めましょう。

しかし、あまりにも職場に都合をあわせ過ぎていたら、結婚行事が進まなくなることもあります。このため、あらかじめ上司に結婚退職の報告と退職時期の相談をしておくと、スムーズに退職できます。周囲のスタッフにも知らせて、協力してもらうのもおすすめです。

次の職に求めることを整理しておく

言語聴覚士をやめて、次の職場に入る際に自分が何をしたいのかはっきり確認しておくことは重要です。ただなんとなく職場に不満があるからやめたのでは、次の職場でも別の不満がすぐ出ることも考えられます。

職場は何かしらのストレスがあるものです。現在の職場をやめる原因は何か、次の職場に求めるものはなにかをはっきりさせておくことで、長期に見て満足度の高い仕事に転職することが出来るでしょう。

言語聴覚士を辞めるなら次の転職先は?

言語聴覚士からの転職先は多くあります。同じリハビリ職の作業療法士や理学療法士、これから需要の高まる介護福祉士など、言語や身体が不自由な人の回復にかかわる仕事は高齢化社会の現代になくてはならない大切な仕事です。

どの仕事も言語だけのリハビリではなく、体全体の動きにかかわる動作を回復させていこうというものなので、これまでとは様子が違いますが、病気や怪我の患者さんをサポートするという基本的な姿勢は変わりません。

日常動作の指導をする作業療法士

入浴やトイレ、散歩や家事など、日常の動作を回復するためのリハビリを行うのが作業療法士です。

近年高齢者施設でも常駐で勤務している専門家で、看護師や薬剤師など医療の専門家を重視する施設の姿勢がうかがえます。今後ますます高齢化は加速していくため、仕事自体は増えてく将来性のある需要のある分野です。転職先の職場として、チェックしておくべき職業の一つです。

スポーツリハビリもする理学療法士

怪我や手術で入院した患者さんの、リハビリを行うのが理学療法士です。作業療法士との違いは動作の範囲が広く、スポーツ選手などのリハビリも行うということです。

運動中に怪我をした人が手術を受け、日常生活に必要な運動機能を取り戻す手助けしたり、人工関節などでうまく歩けない人の機能訓練をしたりと、リハビリによって多いに体が動くようになる可能性の高い人を対象にした仕事になります。

介護施設になくてはならない介護福祉士

体の不自由な高齢者の介護を施すのが介護福祉士です。高齢者施設にはなくてはならない要の人員で、年々ニーズは高まっています。

リハビリは専門家である作業療法士や、言語聴覚士が受け持ちますが、日常的な生活の介助は介護福祉士が責任を持ち指導して行きます。リハビリではなく普段での付き合いとなるため、患者さんや家族とのコミュニケーションも大切になるやりがいのある職業です。

資格と経験をこれからの財産として活用しよう

いかがでしたか?まだまだ新しい国家資格の言語聴覚士なので、専門家として長く続けている人は少ないでしょう。

障害者をサポートする大変やりがいのある仕事ですが、ストレスも多くたまりますね。転職するならこれまでの資格と経験を活かして、新しい職場へ変わることは難しいことではありません。医療、介護分野の転職先は多く選択肢があるので、転職サービスなどを利用して自分に合う職場を探しましょう。

適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧