1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事辞めたい
  4. パイロットを辞めたほうが良い?辞めないほうが良い3つの理由

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

仕事辞めたい

パイロットを辞めたほうが良い?辞めないほうが良い3つの理由

パイロットを辞めたいと思ったらどうすればいい?

パイロットには「自家用操縦士」「事業用操縦士」、そして旅客機の「定期運送用操縦士」があります。

しかし多くの人は、パイロットと言えば旅客機のパイロットを思い浮かべるでしょう。

パイロットは、「男子児童のなりたい職業」にランクインもします。「理想の結婚相手」として挙げる女性もいます。

ところが最近は様子が違います。そこでパイロットの実情について見ていきます。

合わせて読みたい

パイロットを辞めたくなる理由とは?

現在、旅客機のパイロットは減少傾向にあり、6,000人を切っています。しかし航空需要の増大や大量の退職者が発生する2030年頃には、現在の2倍以上のパイロットが必要とされています。

ところがこのような状況にも関わらず、ますますパイロットの成り手が不足しているのです。背景にあるのは「職業の多様化」や「少子高齢化」などの理由が考えられます。それでは理由について見ていきましょう。

参考:我が国における乗務員に掛かる現状・課題

合わせて読みたい

勤務形態が不規則だから

まず挙げられるのが「勤務形態の不規則さ」です。旅客機のパイロットの場合は、国内線ならびに国際線ともに早朝から深夜までのフライトがあります。

乗務する便によって出・退勤時間が異なり、その勤務形態は不規則です。

休日は月に10日程度ですが、毎回土日に取れるわけではありません。「家族と過ごす時間を取ることができない」など、思うようにはプライベートの時間を充実させることができないのです。

合わせて読みたい

体調管理の難しさや時差ボケがあるから

勤務形態の不規則さは体調管理にも影響します。

同じ時間帯の出退勤でしたら身体のリズムも一定のペースを保てますが、パイロットのように早朝だったり深夜だったり、または10時間以上ものフライトだったりすると、体調管理がとても難しくなります。

さらに国際線は夜遅くの便や時差が発生するため生活リズムが乱れがちになり、バイオリズムも崩れてしまうのです。

合わせて読みたい

責任重大だから

旅客機のパイロットにしても国防に努める航空自衛隊のパイロットにしても、非常に責任の大きい仕事です。悪天候のフライトでは、長年の経験を積んでいるパイロットでさえ「緊張する」とブログで述べています。

もちろんあってはいけないことですが、飲酒パイロットの事件がありました。これは、パイロット不足のため勤務が多くなった点も指摘されているように、非常なストレスを抱えざるを得ない職業なのです。

合わせて読みたい

会社で給料格差があるから

勤務形態が不規則で責任も非常に重大な職業のパイロットは、高給の部類に入ります。近年のパイロットの平均年収は賞与込みで1,245万円、月収は約94万円となります。

しかし1,000万円超えはANAやJALなどの大手航空会社で、LCC各社の年収は700万円~800万円ほどです。責任やストレスの大きさは同じでも、「比較すると給料が低い」と思ってしまうと、どうしてもモチベーションが低下してしまうこともあります。

参考:平成30年賃金構造基本統計調査 結果の概況

合わせて読みたい

機長との関係が煩わしいから

このケースは副操縦士の場合です。

パイロットの職場は厳密に言えば狭いコックピットで、スタッフは機長と副操縦士の2人だけです。同僚が少ない分もめ事も無い気がしますが、そうではありません。

機長は副操縦士の上司に当たります。そのため副操縦士のほうが正しい判断をしても、経験のある機長が権威主義的な性格だと副操縦士の意見を聞かず、深刻なリスクに見舞われる点も指摘されているのです。

合わせて読みたい

パイロットを辞めたほうがいい場合とは?

せっかくの難関を突破して就けた国家資格のパイロットですが、実際に仕事をしてみたら「こんなはずじゃなかった……」ということも少ないないはずです。

しかし、どんな職種でも多くの人命にかかわる仕事であればあるほどに、迷いが生じた場合はすぐに辞めたほうが良いでしょう。パイロットも当然ながら、中途半端な気持ちではできない責任重大な仕事だからです。

合わせて読みたい

体力や精神力に限界を感じた

パイロットの仕事は、飛行という危険を伴う重大な仕事です。そのため精神的ストレスは余りあるものがあります。早朝フライトや深夜フライトなどもあり、規則的な生活を送ることができません。

もし体力や精神力に限界を感じた場合は、パイロットの仕事をすぐに辞めたほうが良いでしょう。かつて逆噴射事故を起こした大手航空会社の機長の事例のように、大事故などの取り返しのつかない事になる前に潔く諦めるのがベストな選択です。

合わせて読みたい

航空業界に限界を感じた

パイロットは責任の重大さはもちろんのこと、複雑な計器類の数値をすべて把握し、さまざまな気象条件の下でもスムーズな運航を行わなければいけません。そのため非常にやりがいのある仕事と言えます。

しかし狭いコックピットが職場で人との関わりも極めて少ない職場環境のため、人によっては、職業、引いては航空業界そのものに限界を感じたり、飽きてしまったりすることもあります。

合わせて読みたい

他にやりたい仕事がある

最後は単に、他にやりたい仕事ができてしまった場合です。憧れを抱いてせっかくの難関を突破して就いた職業でも多様な職業が存在する現代、他の仕事の目移りをしてしまうことがあります。

その場合は自問自答し、それでも他の仕事に心が動くようであれば、きっぱりパイロットの仕事は辞めてしまいましょう。迷いがあると、いざというときに取り返しのつかない事態を引き起こしてしまいかねません。

合わせて読みたい

パイロットを辞めないほうがいい場合とは?

子供のころからパイロットに憧れ、熾烈な競争を勝ち抜いた結果パイロットになった人が多いことでしょう。華やかなイメージがありながら肉体的な大変さや精神的重圧からくるストレスが大きい仕事です。しかし多くのメリットもあります。

もし辞職を考えるようになったときは、辞めたくなった理由を冷静に考えてみましょう。もしかすると「時間」や「場所」が解決してくれるかもしれません。

合わせて読みたい

人手が足りないため給与が高くなるから

2030年ごろには、パイロットの圧倒的な現象が指摘されています。そのため世界各国ではパイロットの争奪戦が繰り広げられています。

日本でも国交省は、自衛隊を定年退職したパイロットの航空会社への再就職の整備を図っています。現在も旅客機パイロットの給与水準は1,000万円超と高めですが、人手不足のためさらに高くなることが予想されます。

重大な理由がなければ、安易に辞めないほうが得策です。

参考:自衛隊定年パイロット向けに資格試験を合理化

合わせて読みたい

職種は変えずに会社を変えればよいから

辞めたくなった上司や会社との関係の場合は、仕事を変えずに会社を変えることで問題が解決することもあります。

大手の航空会社に在籍している場合はLCCへの転職を、LCC在籍の場合は他のLCCへの転職を検討しましょう。

旅客機のパイロットであれば、他業務のパイロットへの転向も可能です。

合わせて読みたい

新人は時間が解決してくれるから

新人は長時間の訓練に気持ちがへこたれそうになるときもあるでしょう。どんな仕事も同じですが、新人時代は何をやってもうまくいかなくて当たり前ですし、苦労は若いうちにしたほうが良いのです。

多くの人から憧れられる仕事なのですから、一時の感情に流されることなく前向きに頑張ってみましょう。数年経つと「苦労しておいてよかった」と思えるはずです。

合わせて読みたい

コストがもったいないから

シンプルな理由ですが、正直な意見です。パイロットになるために並大抵ではない努力や苦労、そしてコストが掛かっています。パイロットになるには3つのコースがあり、コストはそれぞれです。

まず、「一般の大学」コースは約1,300万円(大学の費用)、次に「フライトスクール」コースで1,800万円、そして「航空大学」コースの1,443万円です。いずれもコストは膨大です。

合わせて読みたい

パイロットの転職にはどんな選択肢がある?

国家資格のパイロットが転職を考えたときには、どのような選択肢があるのでしょうか。もちろん、職種を選ばなければ仕事は無限にあります。しかしパイロットにこだわる場合には、いくつかのパターンがあります。

大まかには、「旅客機」なのか、それとも医療用ヘリや観光ヘリなどの「事業用」なのかに分けられます。これらについて見ていきましょう。

合わせて読みたい

海外の航空会社への転職

日本の大手航空会社、またはLCCから海外の航空会社への転職が考えられます。しかし給与面での問題があります。

アメリカでは多くの航空会社が時間給を採用し、民間航空会社でのスタート時の年収は217万円とされています。

もちろん経験、そして機体によって受け取る年収は異なります。ボーイングクラスで1,300万円超、エアバスで1,000万円超となります。日本での実績があれば、海外の同等クラスの航空会社への転職は夢ではありません。

大手航空会社からLCCへの転職

日本の大手航空会社の年収は1,300万円弱ですが、LCCに転職すると500万円ほど年収が下がります。そのため特別な事情がない限り、LCCへの転職者は多くはないで様です。

しかし変なプライドやエリート意識を捨て、LCCへの転職も良いのではないでしょうか。ブランドが違うだけで同じ人命を預かる責任の大きな仕事です。

仕事のすばらしさにおいて、どちらが上でどちらが下かということはありません。

航空自衛隊から旅客機への転職

国交省では、自衛隊を定年退職したパイロットの民間航空会社への再就職を整備する動きを示しています。現在は「定年後」と言う条件付きですが、今後、中途退職者の再就職も協議されることを望みます。

航空自衛隊はある意味で閉鎖的なため、「肌に合わない」という人もいるかもしれません。現役世代にとっては民間航空会社への転職も選択肢に入れたいところです。給与面での待遇は大差はないようです。

旅客機から医療ヘリへの転職

国土交通省が定めているパイロットの資格で旅客機は、最も取得が難しい「定期運送用操縦士」です。この資格があれば自家用ヘリはもちろんのこと、「事業用操縦士」として医療ヘリや観光ヘリの操縦を行うことも可能です。

医療ヘリは一刻の猶予がならないため、迅速さが求められます。また、観光ヘリは地上からは眺められない特別な景色を観光客に提供できる素晴らしい仕事です。

年収の相場は800万円から1,000万円ほどとされています。

訓練教官への転職

最後はパイロットの経験を生かし、運航乗員の訓練における教官業務、つまり訓練教官への転職です。培ってきた経験を若い世代に託せる素晴らしい仕事です。

地上職なので勤務形態が規則的で、家族と過ごす時間が多くなるという点が大きなメリットです。

パイロットとしての誇りを持ち、家族との時間も大切にしたいと考えている人にはうってつけです。年収は300万円から600万円で、契約社員としての待遇が多いようです。

努力して得た技能と経験はパイロットの財産

現在パイロットをされている人は、パイロットになるために並外れた努力をしてきたはずです。子供のころからの憧れを長年抱いて就いた人もいるでしょう。簡単になれる職業ではありません。

訓練生を経てパイロットになったあとも人知れぬ苦労があることは想像できます。

せっかく成れたパイロットを財産と考え、転職が頭をよぎっている人は前向きな働き方ができるように頑張ってみましょう。

合わせて読みたい

ランキング

記事一覧