1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事辞めたい
  4. 試用期間中に辞めたいけれど言えない。スムーズに辞める方法とは

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

仕事辞めたい

試用期間中に辞めたいけれど言えない。スムーズに辞める方法とは

試用期間中に辞めたくなった人に伝えたいこと

やってみたいと思って入社したけれど、実際働いてみると自分には向いていないと感じる…。そう感じたことはありませんか?

向いていない・こんなはずじゃなかったと一度でも感じてしまうと、「ならば辞めたい」という思いが浮かんでくることもありますよね。

しかし入社してから日が浅く、まだ試用期間中の場合、誰に相談してどういう手順で退職すればいいのか、そもそも試用期間中に簡単に辞めるという決断をしてもいいのか悩んでしまいますよね。

この記事では、試用期間中に仕事を辞めたくなった人に知ってもらいたいことをご紹介します。

試用期間について正しく知ろう

そもそも試用期間というのは普通の雇用条件と何が違うのか、いまいちピンときませんよね。

もしも今あなたが入社したばかりで試用期間中であれば、自分の現時点での雇用条件を正しく知っておく必要があります。そうすることで、退職に向けてどう動いていけばいいのかもわかります。

ここでは、試用期間とはどのようなものなのかを見ていきましょう。

試用期間の定義

試用期間というのは、会社が社員を本採用にする前に一定期間お試しで採用する期間のことです。お試しとは言っても雇用契約は本採用を前提としています。

試用期間というのは法律で絶対必要と決められているわけではないので、試用期間が設けられているかどうかは会社によりけりです。そのため、試用期間の日数もそれぞれの会社によって違います。

試用期間は、入職者がその会社にきちんと適応できるかや、能力があるかどうかを見る目的で設けているため、期間としては1ヶ月から6ヶ月ほどが一般的です。

給料については、最低賃金よりも低く設定されているなど法律に触れるような設定でなければ、会社側が自由に決めることができます。そのため試用期間中は給料が低くなっている会社もありますが、その場合はきちんと本人に伝え同意を得ている必要があります。

試用期間中の退職は可能

試用期間中に退職が可能かどうかですが、結論は退職は可能です。むしろ試用期間中は会社と自分が合っているかどうかを見る期間であるため、その期間中に「向いていない」と感じることや実際に退職することは、試用期間を設ける意味そのものです。

反対にそのまま正社員になりやっぱり合わないから退職したいとなったときは、会社側からしても「なぜもっと早い段階で気付かなかったのか」と思われる場合があります。そのため、試用期間中に退職を決断することはマイナスのことではないのです。

試用期間中ならまだそこまで責任のある仕事は任されませんが、正社員になってからだと責任のある仕事や代わりがきかない仕事などを背負っている場合もあるため、余計に辞めにくくなる可能性があります。試用期間中に、自分が今の仕事に向いているかどうかをしっかりと見定めましょう。

立ち止まって考えよう。試用期間に辞めたくなる理由

仕事をしていると、深刻度は違っても誰でも一度は「仕事を辞めたい」と感じるときはありますよね。

試用期間中であれば、まだ仕事に慣れていなくて「向いていない・辞めたい」と思う頻度も高いです。ですが一口に辞めたいと言っても、細かい理由は人それぞれ違います。自分が辞めたい理由を明確にすることで、次にどう進めばいいのかも見えてきます。そのため、原因を分析することはとても重要です。

ここでは、試用期間中に辞めたいと思う理由を見ていきましょう。

思っていた仕事と違った

入社する前は憧れをもっていた仕事でも、実際に働いてみると想像していた仕事と違ったということはよくありますよね。想像と違っていても、そこで目指す目標などがあれば続ける理由になりますが、特に目指すものがなければモチベーションを保つのが難しいものです。

仕事は実際にやってみて初めてわかることも多く、全てが自分の想像通りというのはまずありません。取り組んでいくうちに仕事の深さがわかってきて、いつの間にか仕事が好きになっているというときもあります。自分がなぜこの会社を選んだのかもう一度思い返し、目標を立ててモチベーションを上げてみましょう。

しかし、どれだけ頑張ってみてもどうしても自分とは合わないという場合もあります。その時には自分に向いている仕事は何なのかを一度きちんと考えて、新しい道へ進むのも一つの手です。

人間関係がよくない印象がある

人間関係は、どこの職場でも切っても切り離せないものです。それに、人間関係が良好か否かは実際に入ってみなければわからない部分でもあります。

良好であれば問題ないですが、もとからの人間関係が強固で自分がそこに入り込めずに気まずい、新人を歓迎されていないような雰囲気がある、理不尽に怒鳴る人がいるなどの悩みを抱える職場もあります。

仕事をしていく上で、人間関係はとても重要です。自分が辛いと思う人間関係でも、どうすれば円滑に人間関係を築くことができるかを考えて行動することは、とても大事になってきます。その経験は今後の自分のコミュニケーションスキルにも大きく影響していきます。

しかし、あまりにもつらい場合は無理して我慢する必要はありません。無理をしてまで頑張ろうとすると精神的な負担になり、正常な精神状態に戻るのにかなりの時間がかかる可能性があります。精神的に追い詰められる前に、退職という選択肢も考えてみましょう。

仕事内容についていけない

仕事は、「やりたい」という強い思いだけではどうにもならないことも多々あります。自分が想像していた業務よりも大変だったり、経験や資格がないとできないような内容である場合もあります。

もし、スキルアップをすることでできるようになる仕事であれば、目標を高く持ちそこに向かって突き進むのもいいでしょう。しかし明らかに自分の能力に見合っていない場合や、もう少しのんびりと仕事をしたいという場合は、違う道を選択するのも一つの手です。

仕事内容についていけないのは、全てが自分の能力不足というわけではありません。人それぞれ得意な分野・苦手な分野はあります。自分が能力を最大限に活かせることを考えてみましょう。

職場環境がよくなかった

仕事をする上では、やはり職場環境が整った場所で気持ちよく仕事したいですよね。職場環境がきれいだと、それだけで気分が明るくなり仕事のモチベーションがあがるきっかけになります。

逆に職場環境が整っていないと、仕事にやりにくさを感じる場合もあります。建物や設備が古い・汚い、男性優先の職場で女性更衣室や女子トイレがないなど、普通なら感じる必要のないストレスを抱えてしまうこともあります。

建物の古さやトイレの状態などは、入職前に事前に知ることは難しくありません。もし転職を視野に入れるならば、次回の職場選びでは重点的にチェックしましょう。見学や説明会などで中の様子を見るのもいいですが、もしそれ以外でも中に入れる機会があるならば、普段の職場環境を見るチャンスですので、ぜひ積極的に足を運んでみましょう。

通勤がきつかった

会社の立地によって、通勤方法は変わってきます。また、人によっても自分に合った通勤方法がありますよね。

事前に電車通勤になるのはわかっていたが、耐えられないほどの通勤ラッシュの時間帯にあたる、本社は通いやすいが実際の配属先は遠かったなど、自分の想像を超えるような場合はかなりのストレスになります。

仕事そのもの以外でストレスを感じるのは、とても体にとっては負担です。もし通勤ラッシュと被らない時間への変更や配属先を変更できるならば、一度会社側に相談してみましょう。無理な場合は、通勤に無理がかからない立地の職場を探すのも一つの方法です。

明らかなブラック企業だった

長時間残業があり残業代も支払われない、資格の要る作業を無資格者にさせている無理なノルマがあるなど明らかなブラック企業だった場合は「辞めたい」と思うのも無理はありません。

そのようなストレスは本来感じる必要のないストレスであり、長期間におよぶと心身ともに体調を崩してしまう可能性があります。試用期間中にブラック企業だと気づいたならば、我慢はせずに早期に退職する選択肢も考えましょう。

ブラック企業かどうかは、実際に働いてみなければわからない部分もあります。もし、次に転職を考える際は実際に働いている人の意見を参考にしたり口コミなどを調べて情報を集めましょう。

スムーズに退職するためのポイント

どんな理由があるにせよ、試用期間中に退職という道を選ぶ選択肢もあります。それは労働者としての権利です。
退職することは決してマイナスなことではなく、自分の人生を新たに一歩踏み出すためのチャンスでもあります。

気持ちよく次へ進むためにも、できれば何事もなくスムーズに退職したいですよね。また、社会人としてもこういった手続きはきちんと行う必要があります。ここでは、スムーズに退職するためのポイントを見ていきましょう。

不義理な退職だからこそ手続きはきちんとする

退職する権利があるとはいえ、やはり早期に退職という選択をされるのは会社にとっても喜べることではありません。すぐにでも辞めたいという気持ちがあったとしても、不義理な退職だからこそ退職の手続きはきちんとした手順で行いましょう。

まずは、直属の上司に退職を考えていることを直接伝えましょう。もし派遣である場合は、派遣元に意思を伝えましょう。そこで理由を聞かれたり解決案を出されることもあります。しっかりと話し合って納得した上で正式な退職手続きに入りましょう。その後に、指定された通りに書面の退職届を用意するなどしましょう。

会社によって退職の手順は違います。一人で勝手に進めるのではなく、きちんと上司の指示通りに正しい手順で行いましょう。

勤務した期間の給与について確認する

試用期間中であまり会社の役に立っていないという状況であったとしても、労働契約を結んでいる限り必ず給料は発生します。早期に辞めるとなると、月の途中で退職など、勤務日数が中途半端になる可能性もあります。そうなると、給料がどれくらい支払われるのか単純計算でわからないとなる場合もあります。

自分が思っていた給与額と違っていたり、あとで振り込まれていないなどの事態になったときに問い合わせるのは、辞めた会社に連絡することになるため、気まずいかもしれません。給料のことは、辞める前にきちんと確認しましょう。

「お世話になりました」と態度で表す

早期に辞めることになったとしても、今の会社での経験は一つも無駄にはなりません。少しでも経験を得られたことに感謝して最後まで責任を持って業務に臨みましょう。

退職が決まったとしても、大抵の場合は退職まで日数がある場合が多いです。そこまで責任のある仕事はないにしろ、どんな仕事でもおろそかにせずに、きちんとこなしましょう。また、短い期間でも仕事をするというのは、新たに経験を増やすものです。次の職場で能力を発揮するためにも、最後まで吸収できることは吸収し学ぶ姿勢を持ちましょう。経験は多いほうが有利となります。

また、今までお世話になった先輩や同僚・上司などに感謝の気持ちを伝えましょう。そうすると、モヤモヤをなくし円満に退職できます。

次の転職を成功させるためのポイント

もともと辞めるつもりで会社に入る人は誰もいません。会社に入る以上は、やはり出来るだけ長く続けたいものです。

さらに前回の仕事を試用期間中に辞めたとなると、次の職場こそはきちんと自分に合った職場に出会いたいですよね。

ここでは、次の転職を成功させるためのポイントを見ていきましょう。

新たな職探しは早めに行う

仕事を辞めた後は、しばらく何もせずにのんびりしたいと思ったりしますよね。しかし、転職を考えているならば前職を辞めてからあまりブランクを作らないようにしたほうが有利に動けることが多いです。

前職を試用期間中に辞めたというのは、どんな理由があるにせよ履歴的にはマイナスポイントになります。さらにそこで辞めてから期間が空いてしまうと、早期に辞めた上に働きもせず何をしていたのかと空白期間を疑問に思われてしまいます。

退職後は心を休めたいという理由で、しばらく働かないというのも正しい選択です。ですが転職を考えているならば、退職後にどう動くべきかをしっかりと考える必要があります。

今回の失敗を活かす

次の転職を成功させるには、今回の失敗を最大限に活かすのが重要です。なぜ今回は早期に退職するに至ったかをしっかりと分析することで、次の職場には何を求めるのかを導き出すことができます。

例として、思っていた仕事内容と違ったために辞めることになったのであれば、次はどんな仕事ができる環境なのか事前に具体的に聞いておくなどの対策をするのが重要になります。

反対に今回の失敗を活かさなければ、また同じ見落としや失敗をする可能性が高くなり、次も早期に退職してしまうという事態になりかねません。

前向きな理由を考えておく

自分の意思で仕事を辞めたとはいえ、それをいつまでも引きずりマイナス方面に考えてばかりいると、スムーズに次へ進むことができません。

退職という選択をするのには必ず理由があり、その時の自分にとってはそれが最善の選択だったのです。後ろ向きに考えずに、退職したのは次へ進むためのステップだと前向きに捉えましょう。また、転職時の面接では高確率で前職の退職理由を尋ねられる可能性があります。そのときに前向きな意見が言えるように、日頃から「退職は正しい選択だった」とプラスに考えましょう。

試用期間内の退職をどうしても前向きにとらえられない場合は、「今回の就職は完全に失敗だった」と自分で認めてしまうのも一つの手です。開き直ってしまうのは、一見、今後の自分のためにならないように思えるかもしれません。ですが、失敗も長い人生にとって大きな経験です。失敗するからこそ、次は失敗しないようにどうすればいいのかを考えることができるのです。

辞める意志を告げて心機一転

人には必ず自分に合う仕事、合わない仕事があります。辞めるのが気まずいからといって、自分に合わない仕事を無理に続ける必要はありません。

人生は一度きりです。自分は一体何に向いているのか、どうすれば自分の能力を最大限に活かすことができるのかをじっくり考えてみましょう。周りを見渡せば、会社は一つではありません。様々な分野の中で自分に向いている職場を探すのも新たな発見につながります。

もし仕事があまりにもつらく退職することになっても、今いる職場で学んだものは決して無駄にはなりません。辞めるときにはきちんと上司に意思を伝えて、正式な手順で退職しましょう。そうすることで、晴れた気持ちで一歩前に進めます。

ランキング

記事一覧