1. HOME
  2. 転職する方法を探す
  3. 販売員を転職したいときは?おすすめの3つの転職方法

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

転職する方法を探す

販売員を転職したいときは?おすすめの3つの転職方法

アパレル販売員から転職したいと思ったらどうすればいい?

アパレル販売員は、ファッションによって人生を楽しくするためのお手伝いをする仕事です。しかし競争の激しいファッション業界のため、精神的に参ってしまう人も多いようです。

ここでは、現在アパレル販売員をしている人や、これからアパレル販売員になろうと考えている人のために、アパレル販売員を辞めたくなる場合の対処法などについて説明していきます。

アパレル販売員を辞めたくなる理由とは?

現在アパレル販売員の職に就いている人が仕事を辞めたくなる理由は何でしょうか?

「残業が多いから」「給料が安いから」「職場環境がよくないから」 などが挙げられますが、理由はひとつだけではなく複数あるかもしれません。

辞めたくなる理由を知ることでアパレル販売員のデメリットを知ることができます。それでは一つ一つご紹介していきます。

給与や休日などの待遇が良くないから

やはり真っ先に挙げられるのが「待遇」に関することです。待遇の内容は、まず給与が挙げられます。アパレルの給与の相場は、会社や勤務地によって異なりますが、正社員の月給は15万円前後となっています。しかし多くはアルバイトでの採用となるため賞与はなく、昇給も期待できません

また、アルバイトでしたら社会保険を付けていない会社もあることから、決して好待遇とは言えません。

人間関係が悪いから

次に挙げられるのが「人間関係の悩み」です。やはり上司の態度に不満を持っている人が多いようです。例えば、「店長と相性が合わなかった」というものから、「店長の怒り方が理不尽」や「売上No.1 になったときに同僚の当たりがきつかった」などと妬まれることもあるようです。

女性スタッフが多いお店のアパレル販売員は、女性特有の嫌な面を感じることも多いようです。

体力的に辛いから

次は身体的な悩みで「立ち仕事で足が痛くなりがち」という点です。アパレル販売員は拘束時間が長いのに、休み時間以外はずっと立って接客をしたり商品を整えたりしなければなりません。

レディースブランドはヒール付きの靴を履かなければいけないこともあり、足の痛みは半端ないと言えます。体力にそれなりの自信がある人でなければ、体力面で辛い仕事です。

キャリアアップできないから

アパレル販売員は、将来、セレクトショップなどの自分のお店を持つという明確な目標がない人は、キャリアアップをしにくい仕事と言えます。また営業でもなく、事務仕事でもないため、通常の会社員としてのスキルアップも難しい仕事です。

アパレル業界に骨をうずめる覚悟ならば良いでしょうが、そうではないのならば、他業種への転職も含めてアパレル販売員でキャリアアップをするのは厳しいと言えます。

接客が難しいから

初対面の人と話すことに抵抗がないならば難しくないでしょうが、接客は誰もが簡単にできるスキルではありません。お客様の気持ちをさりげなく読み取り、押し付けないようにご提案をしなければいけません。

雑談がきっかけで商品購入に結びつくこともあります。そのため話題豊富な人のほうが有利なのです。そして何よりも人柄が重要です。人生経験も販売員経験も少ないアパレル販売員は接客面での悩みが多いのです。

ノルマが厳しいから

ノルマは企業の規模によって内容が違いますが、大別すると「店舗ノルマ」「チームノルマ」「個人ノルマ」となります。ノルマはモチベーションアップが期待できることから全否定はできませんが、過剰なノルマ、特に「個人ノルマ」はスタッフへ精神的な負担を掛けます。

最近はノルマが未達成でもペナルティは課されないお店が多いようですが、ノルマが厳しいお店ではかなりのストレスになります。

社会的信用が低いから

一般的にアパレル販売員に就く人は20代~30代の若い世代が多いことから年収も低く、比例して社会的信用度は高くないと捉えられがちです。

もちろんそれは偏見なのですが、時代錯誤な考え方をする人もいます。自信のある人ならば仕事を訊かれると堂々と「アパレル販売員です」と答えますが、自信のない人はマイナスに考えてしまいます。

アパレル販売員を辞めたほうがいい場合とは?

希望を持って就いたアパレル販売員の仕事でも、いつの間にかモチベーションが下がって仕事を辞めたくなってしまうこともあるでしょう。

いろいろな場合があると思いますが、大別すると「気持ちに関すること」そして「年齢に関すること」が挙げられます。ここではそれらの場合に沿って詳しくご紹介していきます。

アパレル業界自体に興味を持てない場合

他の仕事をしている人にも当てはまることですが、現在している仕事の業界自体に関心を持てなくなってしまう場合があります。

仕事の目的ややりがいを見出すのは自分次第ですが、モチベーションを維持し続ける難しさはアパレル販売員も同じです。

ファッションの提案をお客様にすることで得られる喜びに興味が持て無くなった場合は、アパレル販売員を辞めてしまっても良いでしょう。

業界でできることに限界を感じた場合

アパレル販売員に対しての関心だけではなく、アパレル業界全体に対して限界を感じた場合も辞めてしまう選択をしたほうが良いでしょう。

ファッションは、気持ちを元気にしたり気分転換を図ったりなどの効果があると言われています。また、時代を反映する鏡とも言われ、ファッション業界の社会に対する影響力は図りしれないのです。しかし、ファッション業界に限界を感じた場合も無理に続ける必要はありません

他にやりたいことがある場合

ファッション業界そのものに関心が無くなったというよりも、他にやりたいことができた場合もアパレル販売員を辞めてしまったほうが良いでしょう。

アパレル販売員の仕事をしていくうちに、他のことに関心が移るのは珍しくないことです。人生は一度きりなので、ある程度アパレル販売員の経験を積んだ後は新しい人生を踏み出しましょう。

ブランドに年齢制限がある場合

ファッションブランドはターゲット年齢を決めてモードを発表しています。従ってアパレル販売員は店頭モデルとしての役割も兼ねているため、ターゲット年齢から外れた場合は「自社ブランドにふさわしくない」と見られてしまいます。

20代~30代前半でぎりぎり、40代はおろか、30代半ばになると難しいブランドが多くあります。正社員採用の道もあるかもしれませんが、狭き門のため厳しいのが現実です。

アパレル販売員から転職成功した人のエピソード

アパレル販売員からの転職に成功した、20代~30代の人のエピソードをご紹介します。

一般的にアパレル販売員から事務や経理、企画、マーケティングなどへの専門職への転職は簡単ではないと言われています。そこで、実際にアパレル業界から別職種に転職した人の成功談を見てみましょう。

また、アパレルではありませんが別業界の販売員に転職した成功談もご紹介します。

アパレル案件が多い広告代理店に転職

会社員

知識が決め手になった

★★★★★★★★★★4.1

接客で欠かせない笑顔のお陰で、社内コミュニケーションも円滑に取れることが期待された

こちらは、アパレルブランドやインターネット通販の企業取引が多い広告代理店に転職した、30代の男性のエピソードです。

文章力があってもアパレル業界の知識、そしてコミュニケーション力がなければ良い仕事ができないことが表れています。しかし、アパレル経験者にはコミュニケーションが得意な方も多いので、それを役立てることもできます。

アパレルECサイト運営会社に転職

会社員

熱意が決め手になった

★★★★★★★★★★4.1

ファッションの魅力を他人に伝えることの楽しさを強調したお陰で採用された

四大卒業後社員としてアパレル販売員を一年務めたのちに、アパレル商品を取り扱うECサイトの運営企業に転職した20代の女性のエピソードです。

入社後はカメラワークの勉強もするなどし、より商品の魅力度を上げるためにファッションに対する視野を広げているそうです。

マスコミ関係に転職

会社員

努力が買われた

★★★★★★★★★★4.0

パソコンは未経験たっが転職活動のときに勉強したお陰で、前向きな気持ちが認められた

32歳で、学生時代からアルバイトをしていたアパレル販売員からマスコミ関係に転職した37歳女性のエピソードです。

マスコミの仕事内容は多岐に亘りますが、パソコンは必須です。パソコンの使い方を一から覚えたお陰で無事に就職することができた事例です。

不動産の営業職に転職

会社員

スキルが決め手になった

★★★★★★★★★★4.4

体力勝負という点、お客様のことを考えた営業トークのテクニックが期待されたのと、ノルマに対する前向きな気持ちが認められた

未経験でも難易度が低いと言われている不動産の営業職に転職した29歳女性のエピソードです。

この女性は外交的な性格のため、営業職が天職だったようです。

ジュエリーや靴の販売員に転職

会社員

スキルが決め手になった

★★★★★★★★★★4.1

洋服に似合うアクセサリーのアドバイスも積極的にしていた点が期待された

別業種の販売員で、アパレルに近いのがジュエリーや靴のショップです。高級ジュエリー店に転職した40代女性のエピソードです。

販売員の仕事は商品が変わるだけのため、別な業種でも接客業としてのスキルを活かすことができます。販売員の経験やスキルを活かせた事例です。

家電量販店の販売員に転職

会社員

スキルや経験が決め手になった

★★★★★★★★★★4.4


勉強に対する前向きな気持ちや接客スキルが期待された

別業種の販売員、家電量販店に転職した30代男性のエピソードです。

販売員の仕事の大切さは、商品知識だけではなく、自分自身が商品の魅力を知り尽くしていることも大切だということが示されています。

アパレル販売員を辞めないほうがいい場合とは?

アパレル販売員は、立ち仕事で給与面などの待遇が良くない、将来設計ができないなどの不安な点が多くあります。そのような場合は辞めるのも良いでしょう。しかし、辞めないほうが良い場合もあります。どんなに大変な仕事でもメリットは必ずあるのです。

それでは具体的に、どのような場合に辞めないほうが良いのかについて見ていきましょう。

仕事の面白さをわかっていないから

仕事の面白みがわかるのはいろいろな経験をしてからと言えます。しかし仕事は良いことばかりではありません。辛いことがあるからこそ良いことが余計に楽しく感じられるのです。

アパレル販売員の仕事は、おすすめした服をお客様が着ることで自信を持って生き生きと過ごせるようにお手伝いをすることです。そしてお客様が再び訪れてくれると、「仕事って面白いな」と感じられるはずです。

職種を変えずに会社を変えれば良いから

アパレル販売員の仕事は辞めたくないけれども、待遇面が良くなかったり自分の年齢がブランドターゲットに合わなくなったりした場合は、職種を変えずに会社を変えれば良いでしょう。

待遇の良い会社を探すか、自分の年齢に会ったブランドを探すことで「辞めたい」という気持ちを変えることができるかもしれません。視点を少しずらして仕事を見るようにしましょう。

新人の場合は時間が解決してくれるから

多いのが、新人が入社後間もなくして辞めてしまう場合です。その理由は「会社の先輩に怒られた」というものが一番多いようです。しかしこれでは他の会社に行っても同じことを繰り返してしまいます。

怒られた原因が自分のミスにある場合は、きちんと自分のミスを認めて反省をしましょう。時間が経てば新人も仕事に慣れてきます。焦らずに地道に仕事をしていきましょう。

アパレル販売員を辞めずに続けてよかった人のエピソード

アパレル販売員であることのメリットはいろいろあります。例えば、ファッションの知識が増えることや高級品を割引価格で入手できること、また、販売業を通して接客のスキル、つまりコミュニケーション能力が身に着けられることにあると言えます。

それではここからアパレル販売員を辞めずに続けて良かった人のエピソードをご紹介します。

ファッションを学ぶことができるから

会社員

★★★★★★★★★★4.1

初めは無知だったけど今はTPOに合わせてご提案できるようになった

高校卒業後からアパレル販売員を続けている30代女性のエピソードです。

ファッションで大切な点はTPOをわきまることです。この点を押さえておくことで選ぶべきデザインやカラーがわかるようになります。お客様にふさわしいファッションの提案ができれば、やりがいにつながっていきます。

品質の良い洋服を安く入手できるから

会社員

モノの価値がわかってきたから

★★★★★★★★★★4.5

同世代の会社員には買えない洋服を特別な価格で買えるのでお得

高級ブランドショップで働く40代男性のエピソードです。

一生ものの財産として楽しむことができる高級ブランドは、非常にお得感があります。高いものが安くなるから良いという単純なことではなく、品質の良い商品を持つことで、物の価値がわかるようになるからです。

コミュニケーション力が身に着くから

会社員

コミュニケーション力が着いたから

★★★★★★★★★★4.5

初めは恥ずかしかったお客様との会話が楽しくなってきた

ファストファッションに勤める30代女性のエピソードです。

アパレル販売員だけではなく、接客業に長年就いていればコミュニケーション力は自然と着いてきます。相手に対する気遣い、話を最後まで聞くことができる忍耐力など、相手の意思を汲み取る能力はとても価値があることです。

多様な属性の人たちと交流できるから

会社員

人脈ができたから

★★★★★★★★★★4.1

仲良くなったお客様から仕事の幅が広がるお誘いを受けるようになった

高級ブランドショップに勤める30代女性のエピソードです。

接客業は人を選ぶことができません。そのため、多様な属性を持つ人たちと知り合うことができるのです。職業・年齢・性別・人種に関係なく、様々な場所で頑張って生きている様々な人との出会いがあることでしょう。

アパレル販売員からの転職で気をつけるべきこととは?

ここでは、現在勤めているアパレル販売員を辞めることになり、転職する場合の注意点について見ていきましょう。

次の職業の選択、仕事の優先順位、自分の強みの再確認、退職にタイミングの良い時期などのいくつかの注意点がありますので、転職活動を失敗させないためにも計画的に活動しましょう。

次も同じ業界にするのか決める

アパレル販売員を辞めたい場合は別として、まだファッション業界への未練やアパレル販売員事態に未練がある場合、または「まだやり残したことがある」などと思う場合は、同じ業界にいたほうが良いでしょう。

自分が納得してからでも辞めるのは遅くありません。同じ業界にするのか否か、曖昧にしないことが一番大切です。まず、アパレル業界に対するこだわりがどれぐらいあるのかについて考えましょう。

次の職に求めることを整理しておく

仕事で大切な点は、「仕事そのものに対する関心」「給与などの経済面」「ゆとりのある働き方」そして「やりがい」などが挙げられます。

どれもすべて叶う仕事はありません。従って何に重点を置くのか、そして優先順位を決めておくことが大切です。業種や職種によってこれらの順番がガラリと変わります。

憧れだけで転職するとギャップを感じてしまい、またすぐに辞めてしまうこともあるのです。

自分の強みと弱みを明確にしておく

長年アパレル販売員としての経験を積むことで、自分の強みが何なのかわかるようになっているはずです。

ファッションに関する知識だったりコミュニケーション能力だったりといろいろあると思いますが、すべてが得意とは限りません。

得手不得手もあるでしょうから、自分の最大の強みを明確にしておきましょう。同時に弱みも明確にしておき、弱みを強みに変えていきましょう。

適切な退職時期を選ぶ

アパレル販売員が最も忙しい時期は、季節が変わる少し前のセールやバーゲンの時です。当然ですが、一番お店が忙しい時期に辞めるのは同僚に迷惑を掛けるので避けましょう。

また、会社は人員の補充をしなければいけませんので、なるべく早めに言うのがマナーです。遅くても数か月前、最低でも2か月前に退職願を出すのが良いでしょう。自分自身が気持ちよく辞めるためにも適切な退職時期を選ぶことが大切です。

転職活動をしておく

次の業種についての希望と自分の強みを明確にし、会社にも退職の気持ちを伝えたあとは、空いた時間で転職活動を行いましょう。

スマホで転職サイトを覗いてチェックすることから始めましょう。もちろん自分の休憩時間や休日などを利用して、会社や同僚に迷惑を掛けないようにしましょう。

アパレル販売員だった人の転職活動のサイトもチェックしておきましょう。転職活動を成功させるためには下準備が必要です。

アパレル販売員から転職する方法

アパレル販売員から転職するためにはいくつかの方法があります。

例えば、アパレル販売員を続ける場合は「アパレル専門エージェント」を使いましょう。それ以外の職種に就く場合は、「総合転職エージェント」を使うのも良いでしょう。または積極的に「希望の会社に自分で応募する」方法もあります。

転職活動を成功させるためには、一つの方法に絞らずにいくつかの方法を採り入れると良いでしょう。

アパレル専門エージェントを使う

アパレル販売員を辞めずに違うアパレル会社に転職する場合は、百貨店なども含めた「アパレル専門エージェント」がおすすめです。

しかし、アパレル業界の転職エージェントは30社以上あると言われており、中には悪徳業者も存在しています。いろいろなサイトや口コミを参考にして悪徳業者に引っかからないようにしましょう。

検索し、実際にはどんな企業が登録しているのかチェックしてみましょう。

総合転職エージェントを使う

アパレル販売員への転職ではなく、他の業種に転職する場合は総合転職エージェントがおすすめです。一人で転職活動を行うのは非効率です。転職のプロが無料でサポートしてくれる大手のエージェントがあるのでチェックしておきましょう。

第二新卒の20代向けのエージェントや初転職や経歴に不安がある人もエントリーできるサイト、ハイクラス転職で絶大な人気を誇るエージェントなどがあります。

希望の会社に自分で応募する

行動力があって仕事に対するモチベーションが高い人ならば、転職エージェントを頼るのではなく、希望する会社に直接自分で応募するという方法もあります。

勇気と自信が必要ですが、その意気込みを買ってくれることもあります。もちろん、転職エージェントと合わせて応募するのも良いでしょう。

しかし、押しつけがましくなく、マナーを守って挑戦してみましょう。

人脈を頼る

アパレル時代の人脈を活かして希望の会社に転職する方法もあります。この場合は、紹介してくれる人があなたのことを信頼している場合に限ります。あなたの人となりを知っている人の口利きは大きな効果があるでしょう。

しかし紹介してくれた人に対しての責任が発生するので、面接をして嫌だと思っても簡単に断ることはできません。人に頼る場合はよくよく考えてからにしましょう。

アパレル販売員を辞めるなら次の転職先は?

アパレル販売員を辞めることにした場合、次の転職は何がおすすめでしょうか?やはり現実的なのは、アパレル販売員のスキルや経験を活かせる、アパレル販売員に近い職業ではないでしょうか。

接客業そのものではなく、アパレルの知識を活かせる別職種でも良いでしょう。起業家精神のある人は独立するのも良いかもしれません。

ジュエリーショップの販売員

アパレル販売員の職業に一番近いのは、ジュエリーショップの販売員と言えます。服装にジュエリーは付き物なため、ファッションの知識を存分に活かすことができるからです。

ジュエリーショップも単価の安いファスト店からダイヤモンドジュエリーなどの高級店までさまざまです。自分はジュエリーの何に価値を置くか、ジュエリーで何を伝えたいかを考えて働きたいジュエリーショップを見つけましょう。

家電量販店の販売員

家電量販店の小売りの販売員もアパレル販売員からの転職としておすすめです。家電の知識を学ぶのは大変ですが、その分やりがいも大きいと言えます。

そして、同一家電もさまざまなタイプ、例えばスペック以外にデザインやカラーも多様です。アパレル販売員時代のコーディネイト力を活用して提案ができます。

もちろんコミュニケーション力があるので、お客様の要望をしっかり聞くことができます。

他業種の営業員

アパレル販売員のコミュニケーション力を活用できる他業種の仕事として営業が挙げられます。営業する商品は何でも構いませんが、自分の好きな商品が良いでしょう。

食べるのが好きな人であれば食品メーカー、運動するのが好きな人であればスポーツメーカーと言うように、自分の関心のある分野がおすすめです。そして、自分が愛用している会社のものであれば尚良いでしょう。

ファッションサイトのライター

ファッションのライターは、主に紙媒体とECサイトの執筆者です。コスメライターと同じように女性の人気があります。アパレル業界についての情報を多く持っているアパレル販売員は有利に働くでしょう。

しかし、分かり易い文章や魅力的に見える写真を撮影するなどのスキルも必要です。キュレーションマガジンであれば難易度は高くありませんが、取材ライターには高度なスキルが求められます。

独立してセレクトショップを開業

アパレル販売員としての知識とスキルを活かして独立開業するのも良いでしょう。手軽さから、おすすめはセレクトショップのオーナーです。

ファッションだけにこだわらず、ジュエリーやバッグ、雑貨類の販売をしているお店も多くあります。自分の個性を出せるので、ファッションが好きな人にはうってつけです。

経営面での大変さはありますが、やり方次第で顧客を付けることも不可能ではありません。

デザイナーに転身

ファッションが好きであれば、思い切って服飾デザイナーに挑戦してみるのも良いでしょう。縫製などのスキルが必要なため専門学校に通う必要がありますが、入学条件は厳しくないので心配はありません。

自分のオリジナルブランドを立ち上げることもできるかもしれません。得意客が付けば小規模ながらもデザイナーとしてやっていくことができるでしょう。

アパレル販売員からの転職に使える志望動機・自己PR例

アパレル販売員としての経験やスキルを転職活動に活かす志望動機や自己PR例についてご紹介します。履歴書にも積極的に書くことで、少しでも転職活動を有利に運びましょう。

やはり最大のコツは、「ポジティブさ」にあります。そして「具体性」です。単に情熱を訴えるだけでは通用しません。

ファッションに関する知識の多さ

ファッションに関する知識が多いと、ジュエリーショップの販売員やファッションサイトなどの業種への転職に有利です。

志望動機は「おしゃれによって人を元気にすることができるから」との前向きな内容が挙げられます。

自己PR例は、ファッションとの組み合わせを考えてジュエリーなどの「小物の提案や全体のコーディネイトができる」という点です。

売り上げが伸びるため、採用される可能性が高いのです。

コミュニケーション力としてのスキル

コミュニケーション力があると言われているアパレル販売員の転職の志望動機は「人と話すのが好きだから」です。

自己PR例は「社内のスムーズな人間関係の実現や営業などの対外業務があるときに力を発揮できる」が挙げられます。

無口で自分の意見をはっきり言わない人よりも、やはり明るく相手の気持ちを考えて発言してくれる人のほうが仕事がうまくいくことのほうが多いと言えます。

観察力の鋭さ

コミュニケーション力は観察力から来ていると言えます。人の表情から心理状態を読み取るのです。そのため志望動機は「人の気持ちに寄り添いたいから」が挙げられます。

アパレル販売員はお客様が鏡を合わせたときや試着したときの表情から商品に対する関心度を測っています。そのため自己PR例は「適切な商品アドバイスができる」などが挙げられます。

接客の経験がある人は観察力があるため、営業職でも重宝するのです。

体力がある

アパレル販売員は立ち仕事がメインのため、体力がなくてはいけません。他業種の販売員も同様に立ち仕事のため、慣れている人であればそれほど体力的にきつく感じることは無いでしょう。

志望動機は「身体を動かすのが好きだから」が挙げられます。自己PR例は、「小まめに元気よく動くことができる」などが挙げられます。

意外に体力を使う営業の仕事でも有効です。

アパレル販売員からの転職は早いうちに決断したほうがいい

アパレル販売員は、流行に敏感な20代~30代の世代が中心に多く働いています。しかし商品のターゲット年齢が過ぎると、働くのが難しい状況です。

そのためアパレル販売員からの転職を考えているならば、早いうちの決断をおすすめします。早ければその分、仕事が見つかるチャンスも多くなります。アパレル販売員の経験やスキルを活かし、前向きに転職活動をしましょう。

ランキング

記事一覧