1. HOME
  2. 転職する方法を探す
  3. 転職しなければよかった。後悔した理由と次に取る行動

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

転職する方法を探す

転職しなければよかった。後悔した理由と次に取る行動

せっかく転職したのに後悔するのはなぜ?

転職をするのは体力も精神力も時間も必要です。普段の仕事を続けながらだと、忙しい仕事をしている方なら転職先をリサーチするだけでもかなりの時間を要します。

それだけ苦労して転職をしたのに、後悔するのはどうしてでしょう?ここでは転職をして後悔した理由、どうして後悔することになったのかなどを解説しています。

転職して後悔した人の理由6パターン

転職をして今までの仕事や職場の環境から開放されたはずなのに、逆に転職をして後悔した人も少なくありません。

転職をして後悔をした人のほとんどが、理想と現実との違いをきちんと理解しないまま転職をしています。転職をしたことによってどういう理由で後悔をしている人がいるのかを知っているだけでも多少は対策ができるでしょう。

思っていた仕事内容と違った

転職をする際に、求人の詳細を確認し、面接でも確認して自分がやりたいと思っていた仕事に就いたはずなのに、思っていた仕事内容と違ったと後悔する人がいます。

思っていた仕事内容と違ったというのは、目的が曖昧だったため、しばらく働いてみて理想と現実の違いに「これが本当にやりたかった仕事なのか」と思ってしまうのです。
また実際やりたかった仕事でも思っていたよりも大変だったと感じる場合もあります。

「やりたいこと」と「やるべきこと」が違った

やりたい仕事を見つけた、と仕事内容に対する不満から転職をして後悔した人の多くが、実際働いてみると「やりたかったこと」と「やらないといけないこと」が違ったと後悔します。

やりたかったことができないわけではないけれど、ほとんどがやらないといけないやりたかったこと以外の仕事内容だったというパターンがとても多いのです。
面接では自分がすることになる仕事のことについてきちんと確認しておきましょう。

前の会社のほうが条件がよかった

給料に不満があって転職をしたということは、前の会社よりも給料が高い会社に転職をしているということですよね。それなのに実は、以前の会社の方が福利厚生が充実していた、条件がよかったということもあり得ます。

給料が高いということは、福利厚生の分が給料に反映されているという場合があるのです。会社によってどういう福利厚生があるのか、業界によっても条件は違うため、ただ給料の額だけで決めてしまうと後悔してしまうことになります。

思っていた労働条件と違った

仕事をする上で、希望する労働条件が整っているというのは大事なことですよね。そのため労働条件が悪くて転職する人は多いです。それなのに思っていた労働条件と違って後悔する、という人が思いの外多いのです。

賞与や昇進、昇格などは、実際の仕事を見て判断されることも少なくないため、面接で聞いていた内容と違うこともあります。
その他労働時間やサービス残業の有無など、入社前にきちんと確認しておきましょう。

同じ業種でもやり方が違った

転職をするからと言って、今までと違う業種を選ぶ人ばかりではありません。そして同じ業種だからと言って、仕事のやり方や進め方まで同じとは限らないのです。

どこまで仕事を任せてもらえるのか、どういうチームの組み方なのか、担当する領域など、その会社ごとにやり方も進め方も違います。業務内容や仕事内容はあまり変わらないからと言っても、人が変わればやり方も進め方も変わるということは覚えておきましょう。

予想していた以上に環境が変わった

家族の病気や介護などでUターン転職をする人もいますよね。地元だから、何も心配することはないと思っている人が多いですが、実際に転職してみると、予想していた以上の環境の変化についていけず後悔する人もいるのです。

地方は都会よりも物価が安いことが多いですが、そうなると当然給料が下がるということも考えられます。仕事だけではなく、環境も調べておきましょう

転職で後悔する人によくあることとは?

前職で給料面や待遇面、条件、人間関係など何かしらの不満があり、改善したいことがあって転職したはずなのに、転職をして後悔するというのはどういうことなのでしょうか?

実際入社してみないとわからないことも多いですが、ここでは、転職をして後悔した人が転職の際にしてしまった行動や考え方について解説していきます。

あまり真剣に考えずに行動してしまった

今の仕事に不満を持っているからと言って、とりあえず今の仕事を辞めたいからと言う理由で、あまり真剣に考えずに行動してしまうと後悔することになってしまいます。

今の給料よりいい、通うには遠いけど条件がいいなど、いいところだけを見て転職してしまうと、当然長く働くことができません。今の仕事に不満があって早く辞めたい気持ちはわかりますが、時間をかけてきちんと考えましょう。

雇用条件などをきちんと確認していない

面接時に雇用条件や仕事内容を聞いていても、実際働いてみると聞いていたことと違うということがあります。言葉で聞いただけだと言った言ってないでトラブルになってしまうので、きちんと書面にしてもらいましょう

また仕事内容も、職種は希望しているものであっても、自分のスキルやキャリアが通用するかどうかはわかりませんし、やりたいと思っている仕事をさせてもらえるとも限りません。入社後に後悔することのないように面接時にやりたいことは伝えておくことが大事です。

仕事内容にいいイメージを持ちすぎていた

前職とは全く違う業種に転職をした人の多くは、仕事内容にいいイメージを持ちすぎていて、理想と現実が違いすぎて後悔します

その仕事のことをきちんと調べず、自分が持っている理想やイメージだけで決めてしまうと、実際働いてみるとその仕事の厳しさについていけなくなってしまいます。
全く違う業種に転職するときは、実際に働いている人にその仕事について聞いてみるといいでしょう。

一時的な不満で転職した

ミスをして上司に叱られたことが気に入らない、自分の意見が通らなかったことが気に入らないなど、一時的な不満だけで転職してしまうとすぐに後悔してしまうことになります。

一時的な不満だということは、時間がたてばその不満は消えるということですよね。不満があるときは辞めたい気持ちが高まりますが、その不満がいずれ消える不満なのか、今の仕事をしている限り消えない不満なのかを見極めることが大事です。

環境を急に変えすぎた

今まできちんと休憩時間を取れる仕事だったのに、忙しければ休憩が取れないときもある仕事に転職する、事務仕事から体力勝負の仕事に転職するなど、環境や仕事内容を急に変えてしまうとついていけなくなってしまいます

それでもどうしてもやりたい仕事であるなら、そういう環境を作って慣れてから転職をする、運動をして体力を付けてから転職をするなど、不安要素を洗い出して対策を練っておきましょう。

前の会社への出戻りは実際できるもの?

転職をしたのはいいけれど、やっぱり前の会社がいいなと思うことは少なくないでしょう。しかし一度辞めた会社に出戻るということは可能なのでしょうか。

もともと働いていた会社だから人間関係を一から構築する必要はないので楽ですが、周りからは歓迎されるとは限りません。それでも実際出戻りはできるものなのでしょうか。

円満退職をしている

まず第一に、円満に退職をしていないと難しいでしょう。上司や同僚、採用担当者や経営者などといざこざや揉め事はなかったでしょうか。

あなたが人間関係よりも仕事が大事だという人であっても、経営者も人間です。揉め事を起こしたりいざこざがあった社員が出戻りたいと言ってきても快く迎え入れてくれるとは思えません。
まずは自分の言動など振り返ってみましょう。

退職金をもらった後では難しい

退職金をもらったということは、入社から勤務、退職という形が完結しています。そのためたまたま以前働いていた会社に転職と考えることもできます。退職金というのは、勤続年数が反映され決定されるものだからです。

それでも退職金をもらって退社してしまうと、もうそれで完結しているので再入社は認められないという場合が多いです。

退職後も前の職場の人と付き合いがある

退職した後も前の職場の人といい付き合いが続いているということも大事な点です。円満に退職しているとは言え、会社を辞めたのは自分の意志ですよね。よほど仕事ができるなど会社側が必要な人材だと思っていない限り出戻りは難しいでしょう。

もし転職をしてもまた戻りたいと思うかもしれないなら、円満退職は必須ですし、前の職場の人との関係は維持しておくことが大事になります。

転職に失敗したと思ったらどうすればいい?

どれだけ時間をかけて慎重に転職をしたとしても、転職が失敗してしまうこともあるでしょう。労働条件や福利厚生など入社前に確認できることもありますが、人間関係や職場の雰囲気などは実際入社して働いてみないとわからないこともありますよね

転職に失敗したと思ったら、我慢して仕事を続けるのか、また次の仕事を探すのか、解説していきます。

職場に馴染む努力をする

仕事内容はやりたいと思っていたことだし、条件も整っていて理想的、でも職場の雰囲気や人間関係がどうにも合わないことがありますよね。

合わないから失敗、また転職と考えるのではなく、まずは自分から職場に馴染む努力をしましょう。新人のことを気遣ってくれるひとばかりではないです。自分から積極的に関わってみましょう。

期限を区切って様子をみてみる

仕事内容が思っていたのと違う、条件が聞いていたのと違う、どうやっても職場の雰囲気に馴染めないなど失敗したなと思ったら、すぐに辞めてしまうのではなく期限を区切って様子をみてみましょう。

入社後すぐならまだ職場のこともわからないこともあって当然だし、任せられる仕事内容も上司が様子をみているだけかもしれません。

次の転職準備をする

自分から馴染めるように積極的に関わってみても、期限を設けて様子を見てみても、どうしても合わない、がまんできないのであれば、思い切って次の転職の準備をしましょう。

やることはきちんとやって、それでもだめならその職場は自分には合わなかったということです。今回の転職の何が失敗の元だったのかなど分析をすることが大事です。

耐えるか再度転職するかはよく考えよう

何度も何度も転職を繰り返すと、すぐに辞めてしまう、長続きしないと判断され、書類審査でまず弾かれるようになってしまいます。そうなると面接もしてもらえずなかなか次の仕事が決まりません。

それでもどうしても続けていけないこともあります。そのときは今のまま耐えるのかリスクはあるけれど再度転職をするかはよく考えて決めましょう。

ランキング

記事一覧