「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 転職する方法を探す
  3. 転職を失敗しないためには?失敗したと思った理由も紹介
転職する方法を探す

転職を失敗しないためには?失敗したと思った理由も紹介

転職に失敗しないためにはどうすればいい?

転職したいと思っている人は、転職後に後悔したくないですよね。また、転職した後に失敗したと感じている人は、また転職をしてもいいのか迷っている人も多いでしょう。

そこで、ここでは転職に失敗したと思った理由、転職に失敗したと思ったらどうすればいいか、転職に失敗しないためにチェックしておくこと、転職に失敗してしまった人たちの体験談についてご紹介します。

転職に失敗したと思った5つのパターン

転職活動は、自分のキャリアや条件によって難易度は様々でしょう。そして、苦労して転職できたとしても、転職後に後悔する人も少なくありません。

では、どのような理由で転職に失敗したと思ったのでしょうか。そこで、ここでは転職に失敗したと思った5つのパターンについてご紹介します。

例えば、職場の人間関係や雰囲気に馴染めなかったり、実際に働いてみると自分のやりたいことではなかったりすることがあるでしょう。

他分野に挑戦してみたが想像以上にきつい

前職とは全く違う分野に転職をする人も少なくありません。しかし、違う分野に挑戦してみたけれど、やり方や内容があまりにも想像と違ったり、仕事のキツさに後悔して転職に失敗したと思うことがあるでしょう。

他の分野で働く場合は、新卒入社した新入社員と同じように何もわからない状態ですが、採用する側からすると中途採用なので新入社員以上にタスクを振ってくることもあります。

職場の人や雰囲気に馴染めない

職場の人や雰囲気は、転職活動を通してなかなか伝わりにくい点でしょう。そのため、実際に働いてみないとわからない部分が多いので、働き始めてから馴染めないと感じることがあります

自分のスキルや実績を生かして転職をしても、職場の雰囲気に慣れることができずに、本来の能力が発揮できないということもあるでしょう。しかし、自ら周囲に溶け込めるように努力することも大切です。

実際に働いてみると自分のやりたいことではなかった

自分が働いてみたいという分野や、興味のある分野の仕事に就くために転職をする人も多いでしょう。しかし、実際に働いてみると自分のやりたいことではなかったということもあります

自分がイメージしていた仕事と違った場合に、転職に失敗したと感じることがあるでしょう。また、採用する側もポジティブな面しか言わないことが多いので、働いてみてから待遇面で不満が出てくることがあります。

自分が転職先の仕事に向いていないと感じる

転職してから「自分はこの仕事に向いていない」と感じることがあり、転職に失敗したと感じる人も多いでしょう。

これは、転職したいと思った動機が曖昧な場合に、転職してから自分の想像と徐々にズレが起きてくることで感じることです。

自分が転職先の仕事に向いていないと感じる考えが大きくなってしまうと、結果的に辞めてしまうことになるので、転職する際は動機を明確にすることが大切です。

スキル不足だったので転職後に苦労した

中途採用の場合や、ある程度年齢を重ねている人の場合は入社してすぐに即戦力となるようにスキルがあることを求める場合も多いです。

しかし、企業が求めるスキルと自分が持っているスキルに差があった場合に、転職後にスキル不足で苦労することがあります

転職をする際は、自分の能力やスキルをチェックしたり、企業が求めるスキルを確認しておくことが大切です。

転職に失敗したと思ったらどうすればいい?

転職を無事に成功させ、心機一転新しい仕事で頑張ろうと思っていても、「この転職は失敗だったかもしれない」と思うこともあるでしょう。

新しい仕事を始めたら仕事はできるだけ長く勤めたいと思いますが、転職に失敗したと感じたらすぐに新しく転職活動をしても良いのでしょうか。

そこで、ここでは転職に失敗したと思ったらどうすればいいのかについてご紹介します。

なぜ失敗だと思うのかを冷静に分析する

転職に失敗したと思ったら、なぜ自分が「転職に失敗した」と思うのかを冷静に分析することが大切です。

「なんとなく失敗した」と思うのではなく、失敗したと思う理由を具体的に考えてみましょう。例えば、仕事を始めて間もないのであれば、時間をかけて職場に慣れることで解決することもあります。

また、仕事内容や待遇に悩みや不満がある場合は上司に相談してみたり、転職を検討すると良いでしょう。

転職後すぐに辞めるリスクを知っておく

転職して間もない時期に、すぐ辞めて再度転職することにはリスクがあります。例えば、短期間で辞めてしまうと企業側に「また短期間で辞めてしまうのではないか」と思われてしまうことがあるでしょう。

そのため、再転職が不利になることがあります。また、仕事をすぐに辞めてしまうと無職の期間ができる可能性があります。

一般的には、離職期間が長くなるほど転職で不利になってしまいます。

社内の該当部署に相談してみる

転職をして、仕事内容や待遇に悩みや不満があるため転職に失敗したと思う人も多いでしょう。そこで、すぐに辞めたり転職のことを考えるのではなく、まずは社内の該当部署に相談してみると良いです。

仕事内容についての悩みであれば、業務をマネジメントする立場の上司に相談しましょう。また、待遇について相談したい場合は人事や総務などに相談してみると良いです。

転職に失敗しないためにチェックしておくこととは?

転職に成功するか失敗するかは、転職活動の時に自分の気持ちを整理して満足できる企業を探すことができるかにかかっているでしょう。

また、せっかく転職したのに、転職後に働いてみて後悔はしたくないですよね。そこで、ここでは転職に失敗しないためにチェックしておくことについてご紹介します。

転職活動は退職前に行ったり、自分が転職したいと思う理由を明確にすることが大切です。

転職活動を退職前に行う

転職をする際に、今の仕事を辞めてから転職活動をする人もいるでしょう。会社を辞めて転職活動をした方が落ち着いて転職活動に集中できそうに思えますが、実際は仕事を続けながら転職活動をした方が有利になることがあります。

例えば、仕事を続けていることでなかなか転職先が決まらなくても収入的に追い詰められることはありません

お金の心配はないので、良い求人が出るのをじっくり待つこともできるでしょう。

転職する理由を明確にする

今の仕事を辞めたいと思った理由や、転職したいと思った理由とは、自分の中にある不満の中でも特に我慢できなかった部分ということでしょう。

そこで、退職理由をぼんやりとしたものではなく、はっきりと明確にすることが大切です。今の仕事を退職する理由は、次の職場を選ぶ時の重要な判断基準となるため、何が不満だったのか、何が問題だったのかを明確にしましょう。

必ず叶えたい条件を叶える

転職をする際は、「こんな職場は選びたくない」という消極的な理由だけではなく、「こんな職場で働きたい」という積極的に職場を選ぶための「必ず叶えたい条件」を明確にすることが大切です。

転職活動をしていると、新しい職場を選ぶ時の色々な希望が出てくるでしょう。その中でも、自分が絶対に叶えたい条件を決めましょう。

例えば、年収や残業時間、業界など、譲れない部分を決めることで転職後に後悔することが少なくなります。

妥協点を決めておく

絶対に叶えたい条件を決めることも大切ですが、一方で妥協点を決めておくことも大切です。「絶対に叶えたい条件」というわけではないけれど、できれば叶えたいという条件もあるでしょう。

そこで、「できれば叶えたい条件」として転職先を選ぶ時の判断基準にすると良いです。「絶対に叶える条件」と、「いざという時は諦める条件」を決めておきましょう。

応募企業を1社に絞らない

働きたい会社が明確な人ほど、他の企業に目を向けたり、複数の企業に応募したりしにくいでしょう。本命の会社がはっきりしているとしても、応募企業は1社に絞らない方が良いです。

本命の企業の面接を受ける前に、他の企業で面接を受けることで慣れることができるでしょう。また、会社によって合格率は違いますが、中途採用で内定が出る確率は高くありません。

そのため、できるだけ複数の企業に応募しておいた方が無難でしょう。

転職に失敗してしまった人たちの体験談

これから転職しようと思っている人は、転職後に後悔したくないですよね。しかし、転職活動で選ぶ企業を間違えてしまったり、自分が転職したいと思った理由が明確でなかったりする場合は失敗したと感じることがあります。

そこで、ここでは転職に失敗してしまった人たちの体験談についてご紹介します。例えば、40代や50代で転職をする場合は即戦力を求められることがあり、入社後に苦労することがあるでしょう。

40代で転職をしたら即戦力を求められた

会社員

40代で転職をしたら即戦力を求められた

★★★★★★★★★★3.7

40代で転職をしたら、即戦力を求められました。そのため、転職後にスキルを身につけるための勉強をしなが仕事をすることになったので苦労しました。

若い人の方が適応力があったり、下手にプライドを持っている人が少なかったりするため、特別な理由がない限り40代や50代の人を採用する企業は少ないでしょう。

そのため、40代や50代くらいで転職をする場合は即戦力として求められることが多いです。そのため、企業が求めているスキルに見合ったスキルを持っていない場合は、入社後にスキルを身につけるための勉強で苦労することがあるでしょう。

スキル不足のため3ヶ月でクビになってしまった

OL

企業が求めるスキルを身につけていなかった

★★★★★★★★★★4.2

企業が求めるスキルが身についていなかったため、仕事を振られても仕事が終わるのが遅く、仕事を振られなくなってしまいました。試用期間の3ヶ月を終えて継続されずに辞めてしまいました。

転職をする際に、自分が狙っている会社がある人は、自分がスキル不足だとしてもその会社で挑戦したいと思う人も多いでしょう。

しかし、企業が求めているスキルに比べて、自分のスキルが身についていない人は入社後に仕事を振られても仕事が終わるのが遅いため、仕事を振られなくなってしまいます。

企業が求めるスキルを身につけていない状態で、入社してからもスキルが身につかないようならクビになってしまうことがあるでしょう。

給料に不満があり転職したが体調を崩してしまった

会社員

仕事がきつく体調を崩してしまった

★★★★★★★★★★4.0

前職の給料に不満があったため転職をしました。しかし、仕事がきつかったため体調を崩してしまいました。

前職では、給料に不満があり今後も伸びる可能性が低いことから転職をしようと決める人も多いでしょう。

求人情報で給料が今よりも高いため転職したとしても、実際に働いてみると仕事内容がきつかったり、残業が多かったりすることがあります。

せっかく給料の良い会社に入社できても、激務で体調を崩してしまったら元も子がないので、事前に会社の働き方や評判などを調べておくと良いでしょう。

後悔のないように転職活動をしよう

ここでは、転職に失敗したと思った理由、転職に失敗したと思ったらどうすればいいか、転職に失敗しないためにチェックしておくこと、転職に失敗してしまった人たちの体験談についてご紹介しました。

転職理由が曖昧だと、転職後にギャップを感じてしまい後悔することがあります。そのため、転職をする際はなぜ転職したいと思ったのか明確にしておくと良いでしょう。

適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧