1. HOME
  2. 転職する方法を探す
  3. 第二新卒の転職は失敗したくない!成功できるためにできること

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

転職する方法を探す

第二新卒の転職は失敗したくない!成功できるためにできること

第二新卒の転職は絶対に失敗したくない

この章のポイント
第二新卒ははじめての転職となるため、今のキャリアで本当に良い会社に入れるのか、不安を抱えている人は多いです。けれどもきちんと失敗する原因や企業側の状況を把握すれば、成功に導くことができるでしょう。

新卒で入った会社が合わなくて転職をし、今より良い会社に就職できたという人はたくさんいます。とは言うものの、いざ第二新卒で転職しようとなると、本当に成功できるのか不安になりますよね。

けれども、あらかじめ第二新卒の転職が失敗する原因を踏まえれば、失敗するリスクを回避できるでしょう。この記事では新卒の転職が失敗する原因と体験談を踏まえ、転職活動で気をつけるべきことをお伝えします。

第二新卒の転職が失敗する原因

少子高齢化、新卒が3年以内に辞めることも少なくないという現代、第二新卒の採用を積極的に行なっている企業が増えてきています。

しかし、向かい風にも関わらず、第二新卒の転職に失敗してしまったという人がいるのも事実です。はじめに第二新卒が転職に失敗するのは一体どんな原因があるのか、ひとつずつ見ていきましょう。

転職理由が明確になっていない

新卒で入った会社がとにかく嫌過ぎて、何も考えずに退職してしまったという人が多いです。けれども転職理由が明確になっていないと企業選びの基準が分からなくなってしまい、結果自分に合う企業に巡り会える確率が低くなります。

そのためまずは、自分はどんな分野に興味があるのか、どんな将来的なビジョンを持っているのか、どんなスキルを身に付けていきたいのか…などを明確にしてから、転職活動に踏み切りましょう。

絶対に譲れない条件を決めていない

今の会社では満足のいくキャリアを積めなさそうだから、給料に不満があるからなど、なぜ今の会社が嫌なのかを分析して、次の転職先に求める絶対に譲れない条件を決めておくことが大切です。

というのは、そこが決定されていないと、今の会社と同じようなところに就職してしまい、また同じ理由で退職して転職活動を再開する…といったことにもなりかねないからです。

焦って内定受諾してしまう

転職先が決まっていない状態で今の会社をすぐに辞めてしまうと、生活費を稼がなければ…という思いが強まることがあります。実家暮らしでなく家族に頼れない、すぐ辞めたため貯金もない状態であれば、やはり焦ってしまいますよね。

しかし、企業研究をあまりしていないのに、生活費を稼ぐためにと内定受託してしまうと、入社してから「自分が本当にやりたい仕事ではなかった…」と後悔してしまうことがよくあります。

一度は就職できたので自信過剰になっている

就活中は面接やエントリーシートに苦戦した…不採用通知を何度も受け取った…最終面接で失敗続きだった…という方は多いはずです。そんな辛い就活を乗り越えたため、つい自信過剰になってしまうときがありますよね。

けれども、企業は第二新卒には謙虚さや柔軟性を求めていることが多いため、自信過剰な姿はマイナスな印象を与える恐れがあるため注意が必要です。

第二新卒の転職が失敗した人の体験談

第二新卒の転職が失敗する原因はさまざまありますが、次に失敗してしまった人の体験談を、いくつかまとめてみました。第二新卒で転職する人は実際にどんなところでつまずくのかあらかじめ把握しておけば、リスクを回避できます。

第二新卒として転職に失敗した人の体験談をもとに、転職で気をつけるべきポイントはどこなのかも、ひとつひとつチェックしていきましょう。

転職理由がふわふわしたものになっていた

会社員

★★★★★★★★★★1

「前職がとにかく嫌だから」という理由で辞めたため、転職理由や志望理由がふわふわしたものになってしまった。面接官にも退職理由を上手く伝えられず、内定をもらうのに時間がかかった。

転職理由や志望理由が不明確なものだと、「この人はうちの会社に入って、何がやりたいのだろう?」と思われます。そのため志望理由と将来のビジョンを一貫させて、やりたいことを明確化させることが大切です。

例えば、「前職の退職理由は、××がきっかけで○○という分野に興味を持ったためです。こちらの企業研究不足だったことを反省して、自分のキャリアにつながるであろう御社の○○事業部に興味を持ち、志望いたしました」です。

入社後のギャップを感じてしまった

会社員

★★★★★★★★★★1

企業研究ができていなかったため、入社前と入社後のギャップを感じてしまった。第二新卒で入った会社は結局1年で辞めてしまい、再度転職活動をしなければならなかった。

「入社前と入社後のギャップを感じた」というのは、新卒でもよく聞く話ですよね。それゆえギャップが全くなかったというほうが、レアなケースだといえるでしょう。

しかし、あまりにもそのギャップが大きいと、再び転職活動をする羽目になるかもしれません。少しでもギャップを埋めるために、きちんと企業研究をしておくが大切です。

将来のビジョンが持てず大後悔

会社員

★★★★★★★★★★1

転職先の仕事内容と自分の将来のビジョンが一致しているかと言われたら、そうとは言えない。「早く生活費を稼ぎたい」という気持ちが先走って、焦って内定を受諾してしまった。

退職後に転職活動をするのには時間に余裕ができる、後ろめたさを感じる必要がないことがメリットですが、貯金がないと精神的な余裕がなくなることがデメリットです。体験者のように精神的に余裕がなく、焦って内定を受諾すると、後々後悔してしまうかもしれません。

もし退職後に転職活動をはじめるのなら、3ヶ月〜半年分の生活費は貯金しておくことをおすすめします。

企業が第二新卒を採用する理由とは?

転職は即戦力となる20代後半や30代のほうが有利に働くのではないだろうか?と、考えてしまうときがありますよね。

けれども、第二新卒には第二新卒の魅力があります。そのため新卒の会社を入社して3年以内であれば、早めに転職をするのがいいともいえるでしょう。ここでは企業が第二新卒を採用する理由を、いくつかご紹介します。

一社目を退職した理由に納得感がある

企業側をきちんと納得させられるような退職理由であれば、第二新卒でも条件の良い会社に入社できる可能性は高くなります。

また、新卒と年齢的にもあまり変わらないから、若手だからこそ柔軟性があり会社のカラーに染まってくれそうだからという理由で、第二新卒を積極的に採用している企業もあります。

人間性に魅力があった

中途社員は即戦力はあるものの、自分のやり方や前の企業のやり方に固執しやすいということで、素直で扱いやすい第二新卒を採りたいという声もあります。

そのため、人間性に魅力があることをアピールすれば、転職が成功する確率は上がります。ちなみに面接官は企業の社風に合っているか、入社意欲が高いかどうかもチェックしているため、この辺りも面接でアピールしておきましょう。

とにかく人手不足だから

超高齢化社会で、若手が足りなくて困っている…という声もあります。さらに第二新卒は新卒に比べてある程度社会人経験を積んでいるため、ゼロからマナーを教える必要がなく、教育に時間を割かなくていいというメリットがあります。

それゆえ、第二新卒の能力を見込んで、ポテンシャル採用を積極的に行なっている企業がたくさんあります。転職を成功させたいのなら、そういった企業を狙いましょう。

企業が第二新卒を採用しない理由とは?

企業が第二新卒を採用する理由は下記になります。

企業が第二新卒を採用する理由

  • 中途に比べて自分のやり方に固執しておらず素直だから
  • 新卒と年齢的にそんなに変わらないから
  • 超高齢化社会で若手社員を確保したいからから

しかし、逆に第二新卒を積極的に採用しない企業も、残念ながらあります。次に第二新卒を採用しない理由を、いくつか見ていきましょう。

採用してもまたすぐ辞めそうだから

第二新卒は新卒で入った会社を、1〜3年以内で辞めた求職者のことを指します。厚生労働省によると新卒のうち約3割が3年以内に辞職している状況ではあるものの、面接官にはどうしても辞め癖がありそうと思われてしまいやすいです。

そのため、面接では「長く勤められるよう、精一杯努力します」など、アピールするといいでしょう。

出典:学歴別卒業後3年以内離職率の推移

教育研修に時間がかかるから

新卒よりある程度社会人経験を積んでいるものの、それでも第二新卒の教育研修には時間がかかります。それゆえ会社によって第二新卒より、経験を積んだ中途採用のほうに力を入れていることもあります。

このような企業もあるため、興味のある企業は即戦力を求めているのか、それとも第二新卒の教育に力を入れているのか、見極めておくことも大切です。

一社目を退職した理由が独りよがりだから

どんなに第二新卒を積極的に採用している企業でも、一社目を退職した理由が独りよがりであれば、不採用にされる可能性は高くなります。

面接官は必ずといっていいほど、前職の退職理由を聞きます。ここで面接官を納得させないと「同じような問題に直面したとき、また辞めるのではないか?」と思われて、不採用にされるので注意しましょう。

第二新卒が転職活動で気をつけるべきこととは?

第二新卒の転職は有利だといわれています。しかしながら失敗する可能性もあるため、絶対に油断はできません。きちんと転職の準備を行って、転職を成功させたいところです。

それでは最後に、第二新卒が転職活動で気をつけるべき5つのことをお伝えしていきます。これから転職をしようと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

企業情報の収集を徹底的に行う

入社前後のギャップを埋めるために、応募する際に企業情報の収集は徹底的に行いましょう。けれども求人情報や企業のホームページにはプラスなことしか書かれていないため、情報収集が難しく感じるときがありますよね。

そんな方には「転職会議」というサイトをおすすめします。ここでは仕事のやりがいや入社後のギャップなど、元従業員のリアルな声を聞くことができます。職場見学やOB・OG見学ができない場合は、このサイトの活用してみてください。

面接では素直で謙虚な姿勢を見せる

新卒として一度は就職に成功できたため自信過剰になっていると、その態度が面接官に伝わってしまい、不採用にされるケースもあります。

さらに、第二新卒には即戦力を求めているというよりは、会社の社風に合っているか、柔軟性があって会社の方針に従ってくれそうかどうかを見ています。そのため面接では、素直さや謙虚さを持ち合わせているとアピールしましょう。

退職理由をポジティブに言い換える

転職はいくら本音とはいえ、残業や休日出勤が多くてプライベートが充実できなかった、上司とそりが合わなくて居心地が悪かったからといった、独りよがりでネガティブな退職理由を伝えるのはNGです。

それよりは、「御社で○○がしたいから」「○○の分野に興味があるから」など、ポジティブな理由に言い換えて伝えてください。また○○がしたいと思ったきっかけを聞かれたときに、きちんと答えられるようにしておきましょう。

労働条件はしっかり確認する

見事内定をもらったからと、その場ですぐに受諾せず、もう一度労働条件をしっかり確認してみましょう。そこで次こそは3年は働けそうか、自分のやりたいことができそうか、イメージしてみてください。

第二新卒で入った会社を再び3年以内で転職すると、今度こそ履歴書に大きな傷がつきます。そうなると次の転職活動が不利になるため、内定をもらえたからと舞い上がらず、慎重に考えることが大切です。

不安なら転職エージェントに相談する

いくら第二新卒の転職は有利だと言っても、はじめての転職活動で、不安だらけだという方は多いはずです。そんなときは、転職エージェントに相談するのもひとつの手段です。

転職エージェントはマンツーマンで、転職をサポートしてくれるコンサルタントが在籍しています。下記が人気転職エージェントなので、不安な方はサポートを受けて転職を成功させましょう。

人気転職エージェント

  • リクルートエージェント
  • マイナビエージェント
  • doda
  • type転職エージェント
  • ハタラクティブ

次こそは長く楽しく働ける会社に入ろう

第二新卒は即戦力がなくて転職が成功するか、不安になりますよね。けれども下記の成功させるポイントを押さえれば、成功できる確率は高くなります。

成功させるポイント

  • 退職理由と将来のビジョンを一貫させて明確化させる
  • 退職理由はボジティブに答える
  • 面接では謙虚さや柔軟性をアピールする
  • 企業の情報収集を徹底的に行う
  • 生活費を貯金しておく

上記のポイントを押さえて、次こそは長く楽しく働ける会社を見つけましょう。

ランキング

記事一覧