1. HOME
  2. 転職する方法を探す
  3. 30代で転職するメリットは?おすすめの転職エージェントも紹介

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

転職する方法を探す

30代で転職するメリットは?おすすめの転職エージェントも紹介

30代での転職を成功させるにはどうする?

30代で転職をする場合は、20代とは違ってポテンシャル採用されることは少なくなり、即戦力を必要とされるので苦労する人も多いでしょう。

つまり、30代で転職をする場合は20代とは違った転職の対策が必要となります。では、30代で転職を成功させるにはどうすればいいのでしょうか。

そこで、ここでは30代で転職をするメリットやデメリット、おすすめの転職エージェントなどについてご紹介します。

30代で転職するメリット

30代で転職をする人は、10年ほど働いてきた人が多いのではないでしょうか。そのため、これまでのスキルや実績を評価されやすいです。

では、30代で転職をすることのメリットは他にもあるのでしょうか。そこで、ここでは30代で転職をするメリットについてご紹介します。

転職を考えている人は、メリットを参考にして転職した方がいいのか、しない方がいいのか検討してみると良いでしょう。

これまでのキャリアをもとに即戦力として採用してもらえる

30代で転職をする場合は、今まで培ってきたキャリアをもとに即戦力として採用してもらえることがあるというメリットがあります。

20代で転職をする場合は、未経験でもポテンシャル採用されることが多いですが、30代の場合はこれまでの経験やスキルを評価してもらえることが多いでしょう。

そのため、同じ業界で転職をする場合は、それまでの経験やスキルを活かせることができます。

30代の人材が少ない企業が多い

今の30代はちょうど就職氷河期の頃と重なるため、会社には30代の人材が少ないことがあります。会社における中間層の人たちがいないため、少しでも会社の主力となる30代の人材を確保しようとする企業も多いでしょう。

そのため、30代の人の採用に積極的な企業は多いです。女性も多く採用され始めている企業も多いため、30代の人はすぐに転職活動を始めることで有利になることがあります。

これまでのスキルをさらに高めることができる

30代という年齢は、40代に比べるとまだまだ若さに溢れた年齢で、20代に比べると仕事の経験を積んでいるという、とても魅力的な年代です。

30代は、転職をするのに遅すぎるという年代ではないので、転職をすることで自分のスキルをさらに高めることができます

20代の人とは違って、30代で転職をする人はゼロからのスタートではないことが多いでしょう。そのため、スキルアップしたり、新しい技術を体得しやすいです。

役立つスキルをアピールできれば異業種でも転職しやすい

30代の人が転職をする場合は、企業から即戦力を求められることが多いです。そのため、応募する企業に役立つスキルをアピールすることができれば、異業種への転職もしやすいでしょう。

また、人脈が多いことも転職において有利になることがあります。企業側に、転職後もその人が持つ人脈を生かして活躍してくれることを期待してもらえることで、内定をもらえる確率も高まるでしょう。

それなりの期間社会人経験を積んでいる人は転職を有利に進めることができる

30代で転職を考えている人は、10年前後の社会人経験がある人が多いでしょう。そのため、仕事の実績やスキルが身についている人が多いです。

30代の人が転職をする場合に、それなりの期間社会人経験を積んでいる人は転職を有利に進めることができるでしょう。

また、自分の能力を最大限に生かした仕事に就くことで、自然と給料もアップしやすいです。

30代で転職するデメリット

30代で転職をする場合は、20代で転職するよりも自分が評価されやすかったり、キャリアアップできたりするというメリットがあります。

しかし、30代で転職をすることはメリットだけではありません。そこで、ここでは30代で転職するデメリットについてご紹介します。

30代で転職をする場合は、デメリットもあることを踏まえた上で転職を検討すると良いでしょう。

未経験分野への転職はハードルが高くなる

30代で未経験の業種に転職しようとした場合は、20代で未経験の業種に転職する場合よりもハードルが高くなります。

20代であれば、「未経験でも入社してから育てよう」と考える企業が多いです。しかし、30代になると即戦力を求めて「すでにスキルを身につけている人を採用しよう」と考える企業が多くなります

そのため、異業界に転職したいと思っている人は、20代よりも転職できる難易度は高くなるでしょう。

年下の上司という関係ができる可能性がある

社員の平均年齢が若い会社の場合は、20代の人でも役職についたり、リーダーとなることもあるでしょう。

このような会社に30代で転職した場合は、「年下の上司」という関係ができる可能性があります。しかし、「若い社員が多いので、リーダーとなるような30代の人材が欲しい」と考える企業もあるでしょう。

自分が応募する会社が入社後にどのような役割や業務を担う人材を求めているのかを確認することが大切です。

ライフスタイルの変化が大きいとされる女性の転職は難しい

30代の女性は、結婚や出産などのライフイベントを迎える人が多いため、30代の女性を積極的に採用しようとしない企業もあります

そのため、男性以上に30代の女性は転職することが難しい傾向になるでしょう。やる気と勢いだけでは転職を成功させることは難しいです。

転職を成功させるには、自分のライフスタイルや今まで培ってきたスキルを見直して、自分のセールスポイントを把握することが大切です。

30代が転職するうえでの注意点とは?

30代で転職を考えている人は、仕事の経歴も長くある程度昇格している人も多いでしょう。そこで、このまま同じ会社で管理職を目指していくのか、転職をした方がいいのかと迷う人も多いのではないでしょうか。

そこで、ここでは30代の人が転職をする際に注意するポイントについてご紹介します。例えば、自分のスキルと企業が求めるスキルのマッチングが必要だったり、転職活動をする時期が重要となるでしょう。

ポテンシャル採用よりも今までの経験が重視される

20代で転職をする場合は、今後の活躍を期待してポテンシャル採用されることがあります。しかし、30代の場合はポテンシャル採用よりも今までの経験が重視される傾向があるでしょう。

今までどんな経験を積んできたのか、マネジメントをしてきたのかということが重要になってきます。そのため、自分の経験に自信がないという人は、自分が持っている知識や技術を思い起こして書き留めておくことがおすすめです。

自分のスキルと企業が求めるスキルのマッチングが必要

30代で転職をする場合は、実際に自分が持っているスキルや知識と、企業が求めるスキルのマッチングが必要となります。

また、今まで働いてきた仕事とは違う業界へ転職したいと思っている人は、企業と自分のマッチング率が高い方が転職に成功しやすいです。

しかし、30代という年齢の場合は別の業界への転職は難しくなることを覚えておいた方が良いでしょう。

転職活動をする時期が重要

30代の人が転職をする場合は、1〜3月に行うことがおすすめです。それは、1月〜3月は企業側が転職者向けの求人を最も多く出している時期だからです。

また、1月〜3月頃に転職活動をして内定をもらえなかった場合は、4月〜6月頃にもう一度連絡をしてみると良いでしょう。

4月〜6月は、1月〜3月の忙しさが落ち着き、閑散期に入る時期なので、企業側も丁寧に対応をしてくれることが多いです。

これまでの経験を活かせる転職先を選ぶ

30代で転職をする場合は、今までの自分がどのようなことに取り組み、どのようなスキルや知識を身につけてきたのかということを把握することが大切です。

30代の人が転職をする場合は、これまでの経験が重視される傾向があるため、これまでの経験を活かせる転職先を選ぶことがポイントでしょう。

自分がこの会社に入ったら、どういったことを即戦力として発揮することができるのかを考えてみると良いです。

キャリアに一貫性を持たせる

キャリアに一貫性のある人の方が、転職を成功させやすいです。企業からしても、その人のキャリアに一貫性がありずっと継続していることがわかれば信用に繋がります

また、転職者が今の仕事が嫌になったなどの短絡的な理由で転職をしている訳ではないと判断してくれるでしょう。

そのため、キャリアに一貫性を持たせることで転職に有利になることがあります。

適応力があることをアピールする

30代で転職活動をする場合は、企業側はその人の職場での適応力を懸念する可能性があります。例えば、転職理由が職場の人間関係である場合は、企業側にはあまりいい印象を与えないので注意が必要です。

そこで、仕事ではチームでプロジェクトを進める時に、自分はこのような役割を果たしたなどのエピソードを伝えることで、適応力があることをアピールすると良いでしょう。

女性は職場環境が自分のライフスタイルと合っているか確認する

30代の女性は、結婚によって退職することになったり、妊娠をして産休期間が必要となったりすることが多いです。

そのため、自分が応募する職場環境と自分のライフスタイルが合っているか確認することが大切です。面接の際には、自分から結婚による退職のことや、産休についての話に触れておくことで好印象を持ってもらえることもあります

転職経験者がおすすめする30代におすすめの転職エージェントは

転職する場合は転職エージェントを利用する人が多いです。しかし、転職エージェントはたくさんの種類があるので、どれを利用すればいいのかわからないという人もいるでしょう。

そこで、ここでは転職経験者がおすすめする30代におすすめの転職エージェントについてご紹介します。30代で転職する人は、20代に比べると年齢的に厳しいことがあるので、30代の転職希望者にぴったりの転職エージェントを利用すると良いでしょう。

リクルートエージェント

会社員

面接対策が充実しているので安心して面接に挑めた

★★★★★★★★★★4.0

リクルートエージェントは、内定をもらうための面接対策の質が良いです。職務経歴書や履歴書の修正指導もしてくれるため、自信を持って転職活動ができました。

リクルートエージェントは、求人の質や量が多く、30代での転職にぴったりな転職エージェントです。30代で転職をする場合は、転職サイトを見ても新卒向けや20代向けの求人ばかりで、なかなか自分が応募できる企業を見つけることができないことがあるでしょう。

しかし、リクルートエージェントでは第二新卒から高齢での転職など、幅広い求職者に対応しているので案件が多く見つかります

doda

OL

求人の件数が多いので、選択肢に困ることがない

★★★★★★★★★★3.8

情報の量が圧倒的なので、自分の選択肢を広げてくれました。条件の合う求人を探しやすかったです。

dodaは求人件数が多いことが特徴で、幅広い業種で選択肢を広げたいと思っている人におすすめの転職エージェントです。

また、職務経歴書や面接対策などの実践的なサポートが充実しており、初めての転職という人でも安心して転職活動をすることができるでしょう。

他の転職エージェントでは、担当者に外れると自分の思うように転職活動ができないことがありますが、dodaでは担当者の当たり外れが少ないことでも評判です。

type転職エージェント

会社員

非公開の魅力的な求人が多い

★★★★★★★★★★3.7

非公開の求人が多く、質の高い求人を紹介してくれました。厳しい条件で探してもらいましたが、しっかりした企業を紹介してくれました。

type転職エージェントで取り扱っている求人数は、他の大手の転職エージェントと比べると少なめですが、魅力的な非公開求人がたくさんあります。

また、求職者の話をしっかりとヒアリングしてくれて、丁寧なサポートを受けることができることも特徴です。

まずは自分のことをしっかりと知ってもらうところから始まるので、自分がやりたいことと自分の経歴などを考慮して求人を紹介してくれます

30代の転職はこれまでの経験と今後の人生に関わる

ここでは30代で転職をするメリットやデメリット、おすすめの転職エージェントなどについてご紹介しました。

30代で転職をする場合は、20代で転職をするのに比べてメリットよりもデメリットの方が多くなりがちです。

そのため、自分のスキルや実績を考慮して、自分のやりたいことよりも自分ができることを転職活動の軸にすることが大切です。

ランキング

記事一覧