1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事辞めたい
  4. 仕事を休みたいときに使える理由。仕事を休みやすくする8つの方法
仕事辞めたい

仕事を休みたいときに使える理由。仕事を休みやすくする8つの方法

仕事を休みたいと思ってしまった人に伝えたいこと

前日の残業で十分寝られていないときや、熱、頭痛などの体調不良があったときには、誰しも休みたくなってしまいますよね。

そんなときに何も考えずに休んでしまうと、職場の雰囲気が悪くなったり、あなたへの風当たりが強くなったりしてしまいます。そうなると、本当に辛いときに休みにくくなる可能性もあります。

しかし、休むことの全てが悪いわけではありません。休むにあたっては、いくつか気をつけないといけない点があります。それに注意していれば、良好な職場環境を維持しながら、辛いときには休める状態を作ることができます。

この記事では、その注意点やマナー、休むときに有効な理由などを紹介していきます。休みやすい環境を作るのに役立つでしょう。

「仕事を休みたいけど休めない」と思うのはどんなとき?

仕事を休みたいと思うタイミングは、よくありますよね。

休みたくなる理由は、人それぞれ違うと思います。

ここでは、体調不良や忌引きのようなやむを得ない理由ではない、休みたいけれど休めない代表的な例を5つ紹介していきます。

クリスマスや年末年始などで忙しいとき

師走というくらい12月は仕事もプライベートも忙しいです。

仕事では、決算や年末商戦などで、業界を問わず慌ただしくなります。製造業など年末年始休みが長い業界では、営業日が普段より少なく、年始に影響を出さないように仕事を調整されます。そのため、残業が増えたり、業務の負担が増えたりして、行きたくないと思ってしまいます。

プライベートでいうと、クリスマスパーティをしたり、イルミネーションを見に行ったり、忘年会をしたりとイベントが盛りだくさんですよね。全ての予定を週末や休みの前に設定できれば良いかもしれませんが、日程が合わせられず、平日の夜になることもあります。楽しく遊んだ次の日には、仕事に対するモチベーションが下がってしまい、休みたいと思ってしまいます。

台風や大雪などで天候が悪いとき

過ごしやすい日には、通勤もどこか清々しい気持ちでできると思います。

しかし、交通機関に影響を出してしまうくらいの悪天候になると、とたんに休みたくなってしまいます。台風や大雪で電車やバスのダイヤが乱れたときなどは、普段より早めに出る必要がありますし、普段使わない人たちも使うことになるので、混雑が激しくなります。最近では、公共交通機関が無理して運行をしない流れになっています。そのため、物理的に出勤できず、休めるケースもあります。しかし交通機関が止まっていても、必ず出社しなければならない会社や状況もあるのが現状のようです。

だるいけれど代わりがいないとき

前日の残業の影響で睡眠不足になっていたり、体調不良で倦怠感があったりすると、休みたいと思ってしまいますよね。

しかし、あなたがいないと仕事が止まってしまうような状況だと、休んだ分だけ自分に忙しさが返ってきてしまうので、なかなか休めません

会社によっては、インフルエンザのような出勤停止になる病気以外では休めない規定があったり、風邪くらいで休むなという企業体質だったりします。そのような環境の場合、無理をして出勤せざるを得ません

クリスマスやLIVEなどのイベントがあるとき

仕事以外での楽しみなイベントの前後は仕事が手につかなくなってしまいます。いっそのこと休みたいと思ってしまうものです。

しかし、先に述べているように、代わりの人がいなかったり、休みを取れる環境になかったりして、なかなか休めません。

さらに有給休暇を取るのが悪いことのように扱われる職場もあります。特に私用での取得は、快く思われない傾向にあります。このような職場では、休みにくいのはもちろん、休みたいと言っただけで立場が悪くなる可能性もあります。

精神的にしんどいとき

熱があるなど身体的な理由以外にも休みたいときがあります。例えば仕事で大きなミスをして、気分がひどく憂うつだったり、親族が重病になって心配で仕事に集中できる状態ではなかったりと、精神的にしんどいときです。

しかし熱があるなどの身体的症状がないのに休むのは良くない、という風潮がまだまだ社会には残っています。仮に休めたとしても、「そんな理由で休むなんて、弱い人だ」「仕事をなめている」など、休んだ後に職場での立場が悪くなることすらあります。そういった場面を目の当たりにすると、精神的な理由では休めないと思う人が多いです。

「仕事を休みたい」は悪いことじゃない

ここまで休みたいけれど、休めない理由について紹介してきました。紹介した以外にも様々な理由があると思います。しかし休みたいと思うのは、決して悪いことではありません。

ここからは、悪いことではない理由を4つ紹介していきます。

「こんなことくらいで休めない」は間違い

会社員であれば有給休暇を会社から付与されていますよね。取得するにあたっては、繁忙期は避ける、同僚と日にちを同じにしないようにするなどある程度の配慮は必要ですが、基本的にあなたの意思で取れるものです。また傷病休暇や忌引きなどの制度も大抵の会社で導入されています。このように社員には、休みを取る権利があると言えます。

権利があるのですから、「そんな理由で休むな」などの上司からの言葉や、あなたの「こんな理由で休むのは良くない」という思いは、間違いです。あなたの生活や身体の調子を優先しても良いときがあるのを覚えておきましょう。

無理して働いたせいで病気を招くこともある

あなたの良心や職場の都合で、風邪などでも休めずに仕事に行ってしまうことはあると思います。

絶対にあなたが居ないといけないケースは、仕方ないかもしれません。しかし必要以上に無理をしてしまうと、仕事のために何よりも大切なあなたの身体を壊してしまうことになりかねません。例えば早めに休養をしていたらただの風邪で済んだのに、無理をした結果、肺炎や気管支炎のような重たい病気になってしまう可能性があります。重たい病気が発症してからでは、1日休めば治るものではなくなり、1日休むよりも職場への影響が大きくなってしまいます。必要以上に無理をしないように仕事をコントロールできると良いでしょう。

人手が足りないのは会社のせいなので気にしない

人手が足りないのが仕事を休めない理由になるケースがあります。しかし、人手が不足しているのは、あなたの責任ではありませんし、「人手不足なのに休むなんておかしい」などと責められる理由にはなりません。その責任は、職場に対して適正な人材を配置できていない会社にあります。

先に述べたようにあなたには休む権利があるので、会社の責任である人手不足を気にして、休むのをためらう必要はありません。冷たいようですが、あなた自身の体調や生活を守るために覚えておきましょう

たまには息抜きで仕事を休むのもあり

仕事を休むのは、体調不良などネガティブな理由だけではありません。友人の結婚式や家族との旅行など息抜きになるようなポジティブな理由でも、もちろん休めます。もし「友達の結婚式くらいで休むな」「こんな時期に家族旅行に行くなんて」などと言ってくる人がいたとしても、その人はこれからのあなたの人生に深く関わらない人だと割り切って、大切な友人や家族のために時間を使った方が良いです。最近ではこのようなパワハラ・モラハラ発言は、問題視されていますので、被害を受けたと感じたら、然るべき部署へ報告しましょう

また息抜きすることで、仕事の効率が上がっていきます。休暇前では、楽しみを目標に生産性や効率が上がります。休暇後でも、仕事から一旦離れていたことで、仕事の改善点や効率化の方法を思いつくかもしれません。

仕事を休みたいときの注意点・マナー

ここまで仕事を休んでも良い理由について紹介してきました。しかしただあなたの都合だけを考えて休んで良いというわけではありません。なぜならあなたが休みを取ると、周りの同僚や上司の負担が増えるからです。無計画に休んでしまうと反感を買ってしまうかもしれません。

そうならないために、ここからは、休むときの注意点やマナーを6つ紹介していきます。

必ず事前に欠勤の連絡・申請をする

仕事を休めば、一時的ですが、周りの人の負担が増えます。その負担を最小限に抑えるのが、社会人としての最低限のマナーです。会社によってルールが違いますので、あなたの会社のルールを守れるように計画を立てて、事前に申請するようにしましょう。申請は、期限ギリギリではなく、上司が焦って承認しなくて済むように、余裕のあるタイミングで提出するのをおすすめします。

さらにただルールを守れば良いというわけではなく、周りの人への配慮も怠らないようにしましょう。例えば、同僚との休みの予定をずらしたり、忙しい時期を避けたりするのもマナーです。

当日の欠勤はできれば電話で連絡する

インフルエンザやウイルス性の病気を発症してしまったら、当然会社に行けません。このように当日にやむなく欠勤をする場合には、例外を除いて、電話で連絡するのが慣例です。電話で連絡するときには、なぜ欠勤するのか、欠勤する旨を誰に伝えてほしいのか、伝言があればその内容を誰に伝えてほしいのかなど用件を簡潔に伝えましょう。電話を受けてくれた人の時間を極力奪わないようにするのが、社会人としてのマナーです。

あわせてメールでも同じ内容を送っておくと、行き違いや漏れを防げるでしょう。また口頭で伝えるよりも明確になり、証拠としても残るので、電話とメールの両方で連絡をしておくのをおすすめします。

長期で仕事を休みたいときは事前に上司に相談する

どうしても会社を長期間休まないといけなくなった場合は、申請を出す前に上司に相談するのが、良いでしょう。なぜなら長期間になると、仕事の調整や引継ぎ、臨時で人員の確保が必要になる場合があり、あなた個人だけでは対処できないことが多いからです。

このときに休めるかの相談をしないよう気をつけましょう。休まないという選択肢があると思われて、休めなくなってしまう可能性があります。

そのため、休まなければならない事情をはっきりと伝えて、休んでいる間の引継ぎなどの対処の方法を相談するようにしましょう。

うつ病やパニック障害などの場合は診断書を提出する

もしあなたが過度なストレスを感じていて、精神疾患を発症してしまっているとしたら、絶対に無理をしないで、休みましょう。

あなた自身で、異変を感じていたら迷わずに精神科や心療内科を受診すると良いです。あなた自身で気づけない疾患もありますので、周りの人からすすめられた場合にも、出来るだけ受診するのをおすすめします。

それでうつ病やパニック障害だと診断されたら、必ず診断書を取得して、会社に提出して、休めるように対処してもいましょう。隠して仕事を続けてしまうと、病状が悪化して、自殺をしてしまうという最悪の事態になってしまうことがあります。

妊娠したらつわりや安全を考えて診断書を提出する

女性の場合、妊娠によってライフステージの変化が起きます。妊娠したことが分かったら、信頼できる上司や同僚にまず伝えましょう。つわりなどがひどい場合には、こっそり相談できる関係を作っておけると安心できます。また妬みなどによって、いわゆるマタハラの被害にあう可能性があります。そのような精神的な苦痛は、流産などの最悪の結果を招いてしまう可能性があるので、注意が必要です。

安定期に入ったら、会社に診断書を提出し、時短勤務への雇用形態の変更や産休・育休を取得する時期などの相談をしましょう。

ズル休みを繰り返すと信用を失くすことになる

ここまでは、正当な理由で休むときのマナーや注意点を述べてきましたが、重大な理由はないのに休みたいと思ってしまいます。適当な理由を伝えて休んでしまうのも時には良いでしょう。

しかし、適当な理由をつけすぎると、同僚や上司にズル休みを悟られてしまう可能性があるのを忘れてはいけません。例えば熱や風邪を理由に休んだのに、翌日はとても元気な姿で仕事をしているなど、一貫性がないと怪しまれてしまいます。一度嘘が明らかになると、本当の理由でも疑われてしまって、休めないなんてことがあります。あくまでズル休みをするのは、最終手段という認識でいましょう。

精神的に辛くて仕事を休みたいときに有効な理由

基本的に仕事を休むときには、基本的には事実を伝えるのが多いと思います。しかし精神的に辛いときには、事実を伝えにくいものです。

ここからは、そのようなときに役立つ理由を8つ紹介していきます。

風邪や発熱・頭痛などの体調不良

休む理由として最も使われるのは、体調不良です。そのように伝えたら、事実を確認せずとも、休ませてもらえる会社が多いでしょう。

しかし後日、診断書が必要になったり病院の領収書が必要になったりなど、虚偽申告に厳しい会社もあります。そのため、あなたの会社がどのような体制をとっているのか確認してから理由を選ぶようにしましょう。

また1日で治らない可能性の高い、ノドの痛みや熱などを理由にすると、翌日に出勤した際にいつも通りに仕事をしていると怪しまれてしまいます。そのため、頭痛やめまいなど1日で治りそうな病状を選ぶと良いでしょう。

子どもの病気・ケガで付き添う必要がある

もし子どもがいるのであれば、それを理由にするのも手段のひとつです。自分自身は元気でも、疑われずに仕方なく許してもらえる可能性が高いです。しかし、子どもを理由に使った次の日に、本当に病気になったりケガをしてしまったりしたら休みにくくなってしまいますので、注意が必要です。

また同じ学区内に同僚の子どもが通っていると、子ども同士の会話や親子間の会話から嘘が明らかになってしまう可能性もありますので、日ごろから同僚の住まいや学区を確認しておく必要があります。

病院へ検査に行かなくてはならない

この手段を使うのであれば、持病があると良いです。例えば、「持病が悪化したため、通院させてもらいたい」などを理由にすると信憑性が増します。あとは、精神的に辛い状況であれば、本当に精神科や心療内科に行くのも手段です。

病院に行くという理由で休んだ場合には、どのような処置をされたのかなど具体的に話を聞かれる可能性が高いです。そのため、実際に行っていないとほころびが出やすくなって、嘘が明らかになってしまいます。

生理痛やPMSが重くて辛い

女性であれば、女性特有の症状を理由にすると良いです。実際症状が重くて、まともに歩けなかったり感情を抑えることができなかったり、仕事に支障が出る人も多くいます。またタイミングや精神状態によって、急に症状が重くなる人もいるので、疑われることは少ないでしょう。

しかし本来の周期ではないときに、この理由を使ってしまうと、矛盾が生じてしまって、本当に辛いときに休めなくなってしまいます。この理由は、月1回しか使えない理由だと思いましょう。

親の介護が必要になった

この理由を使うときは、長期間休みたいとき使うべきです。介護が必要になる傷病は、短くとも1ヵ月くらいは治りません。また長期間休むとなれば、それが事実であり、証明できないといけません。実際に介護をしていないのであれば、おすすめできる理由ではありません

またこの理由は辞めるときも有効になります。例えば「地元で介護が必要になったため、仕事を辞めざるを得ない」など嘘が明らかにならない状況の方がおすすめです。そのため、辞めることを視野に入れているのであれば、使っても良いでしょう。

ギックリ腰や腰痛で体が動かない

突発性の病気や外傷を理由にするのも、手段としてはよく使われます。特にぎっくり腰や腰痛は突然発症しますし、1~2日で回復する傾向にあります。しかも年齢問わず、若くても発症するので、疑われる可能性も低いです。また動けないことで、病院に行けないため、領収書を求められずに済みます。この他にも食あたりや歯痛など、外から見て分からない症状は理由として使いやすいです。

しかし、あまりに頻発していると怪しまれるので、多くても2~3ヶ月に1回くらいにしておきましょう

親族の冠婚葬祭がある

親類が多くいる人は、それを理由にしても良いでしょう。祖父の通夜や兄の結婚式、従兄弟の結婚式など理由はたくさん作れます

しかしまだ亡くなっていない祖父母や結婚していない兄弟や従兄弟のことを理由にしてしまうと、ふとしたときに矛盾が生じて、疑われてしまいます。また親族を巻き込んで嘘をついていることになるので、罪悪感を感じてしまいます

さらに実際に亡くなったり、結婚したときに出席ができなくなってしまうリスクもあります。親族のことで嘘をつくと、どんどん嘘を重ねなくてはならなくなります

蕁麻疹が出てしまった

営業職やアパレル、飲食店など人と対面して仕事をする人には、蕁麻疹が出たという理由が使いやすいです。なぜなら営業職であればお客さんに心配されたり、飲食店であれば敬遠されてしまったり悪影響が出るからです。

蕁麻疹の出る理由はさまざまですが、しっかりと調べた上で理由をつけましょう。なぜ蕁麻疹が出たのか聞かれたときにすらすら言えるようにしないと疑われてしまいます

また実際に出てしまっているとしたら、精神状態が原因の場合もあるので、すぐに受診した方が良いでしょう。

仕事の休み明けに気を付けたいこと

休むための有効な理由は、紹介した以外にも、たくさんあります。一番矛盾が生じなくて、嘘が明らかにならない理由を選ぶようにしましょう。

休めたとしても、それで終わりではなくて、休み明けにも気をつけた方が良いことがあります。

ここからは、それを3つ紹介していきます。

仕事で迷惑をかけた相手にフォローを入れる

あなたが休んでいるときに、あなたがやるべき仕事をやってくれた同僚や上司に必ずお礼を言いましょう。体調が悪かったのであれば仕方ないと思うかも知れませんが、あなたの都合であることに変わりありません。ましてや嘘をついて休んでいるのであれば、なおさら感謝の気持ちを忘れてはいけません

また代わりにやってくれていなくても、必ず謝罪の気持ちも伝えるようにしましょう。あなたが休んだことで、チームの士気が下がるなど、あなたの目には見えない影響が出ているかもしれません。

お礼と謝罪は社会人としてのマナーです。必ず実践しましょう。迷惑をかけたお礼とお詫びの代わりに、ちょっとしたお菓子やコーヒーの差し入れをしても良いくらいです。

おしゃれをしすぎない

突然の休み明けでは、あまりおしゃれな服装をしないようにしましょう。なぜなら先に述べたように、申し訳ない気持ちを出さなければいけないので、すっきりとリフレッシュしたような雰囲気を出してはいけません。そのような服装を周りの人が見たら、休んだ理由は本当なのかと疑心暗鬼になって、色々と疑われてしまう可能性があります。

病気や急用を理由に休んでいるのであれば、なおさらです。シンプルであまり目立たない服装を心がけましょう。

会話で休みの理由が嘘だとバレないようにする

もし嘘の理由で休んだとしたら、何月何日にどんな理由で休んだのかを誰にも見られないような箇所にメモをしておいて、忘れないように備えておきましょう。スマホのメモ機能でも良いです。とっさに答えるのが苦手な人は、休んだ日に家でしていたことも設定しておくのをおすすめします

なぜならふとしたときに、「体調は大丈夫か」「先週いなかったけれど何かあったの」など上司や同僚から聞かれたときにすっと答えられないと相手に不信感を抱かせてしまうからです。休んだ事実は、当事者よりも周りの人のほうが覚えているものです。

仕事を休みたいときに罪悪感なく休むコツ

さてここまでは、休みにくい職場での休み方を紹介してきました。しかし、もとから休みやすい環境にしておいた方が、嘘をつくなどのリスクを負わなくても休めるようになります。

ここからは、罪悪感なく休めるようにするコツを3つ紹介していきます。

一緒に働く仲間との信頼関係を築いておく

チームで仕事をする以上、仲間の信頼は得ておいた方が良いです。休みやすくなるメリットもありますが、仕事が円滑に回るようにもなります。

信頼を得るためには、誠実であることが大切です。お礼やお詫びの言葉をしっかりと伝えたり、仲間が困っていたら手助けをしたりするようにしましょう。信頼関係が築けていたら、休むことに負い目を感じにくくなって、休みやすくなります。

休み明けには、あなたがしっかりとフォローをしてくれると信じて、快く迎えてくれるでしょう。

日頃から仕事に一生懸命取り組む

仕事を効率的にやるのも大切ですが、一生懸命やっている姿を見たら好感が持てます。そのような姿を毎日見せている人が突然休んだら、心配はしますが、疑念を持つ人はほとんどいません

また一生懸命仕事をしていると、信頼関係も自然と築けます。そうなってくれば、あなたの職場の雰囲気は良くなって、仕事の効率も良くなります。みんなで助け合って仕事をするようになるので、ひとりひとりの負担も減っていきます。負担が減ってくると、休んでも影響が小さいため、休みやすい職場へと変わっていきます

急に休んでも周りに迷惑がかからないようにしておく

良い雰囲気の職場だからと言って、突然休んで良いわけではありません。しかし急な体調不良や不幸があったときには、休まなければなりません

そんなときのために、しっかりとあなたの仕事を職場の仲間に共有しておきましょう。いわゆる報連相を同僚間でも行って、全員の仕事がどこまで進んでいて、次に何をすれば良いか誰でも分かるようにしておけるのがベストです。もしあなたが休んで誰かに仕事を代わってもらったとしたら、次はあなたが率先して代わりに仕事をするようにしましょう。

まとめ

休めない理由、注意点など書いてきましたが、人それぞれ事情があります。

改めて言いたいのは、休むことは悪くないという事実です。休みにくいと思っているその良心を少しだけあなたに分けてあげましょう。

そうすることで、あなたの仕事の環境が良くなったり、プライベートが充実させられたりと良い方向へ進んでいきます。

この記事で、参考になるところがあれば、ぜひ取り入れてみてください。

ランキング

記事一覧