「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 資格
  3. 行政書士の勉強法とは?仕事内容や勉強時間について紹介
資格

行政書士の勉強法とは?仕事内容や勉強時間について紹介

行政書士に合格するための上手な勉強法を知りたい

行政書士の仕事に興味があり、行政書士の資格を取りたいと思っている人もいるでしょう。しかし、行政書士の資格を取るのは難しいので、どのように勉強を進めればいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

そこで、ここでは行政書士の資格を持つことでできる仕事、行政書士の難易度と勉強時間、行政書士に合格するためのスケジュールについてご紹介します。

行政書士の資格を持つとどんな仕事ができる?

行政書士という職業を聞いたことのある人は多いでしょう。しかし、行政書士が具体的にどんな仕事をしているのか、詳しく知らない人も多いのではないでしょうか。

そこで、ここでは行政書士の資格を持つことでできる仕事内容についてご紹介します。行政書士を目指している方はもちろん、法律系の資格を取りたいと思っている方も、ぜひ参考にしてみてください。

行政書士とは官公署に提出する書類を作成する仕事

行政書士は、個人や法人などの顧客から依頼を受けて、官公署に提出するための書類の作成をする仕事です。業務範囲は、単純な書類作成から、複雑なコンサルティング業務まで携わっています。

また、行政書士が扱う書類は、「許認可」などに関するものがほとんどです。人が生活をする中で、また法人が会社を運営している場合に、官公署に提出しなくてはいけない書類は数多くあります。

遺言や相続など暮らしに関するお手伝いをする

行政書士は、例えば遺言や相続、成年後見、日本国籍取得などの場合に関わりを持つことがあります。例えば遺言や相続について、遺言書の作成を手伝ったり、遺産相続の書類を作成したりします。

また、日本の国籍を取得したいと思っている人の申請の手続きや、外国人登録、永住許可の申請のための書類を作ることもあります。

このように、行政書士は人々の暮らしで必要になる手続きなどのお手伝いをするのです。

許認可申請や法人関連の手続きをする

他にも行政書士は、法人関連手続きや知的財産権の保護、許認可申請など、法人向けの手続きを担うこともあります。

例えば株式会社やNPO法人などの設立手続きやコンサルタントを担当します。また、著作権の登録など、知的財産権の保護に関する業務もあり、これは比較的新しい分野です。

他にも、建設業や飲食店、化粧品の製造などの許可申請など、ビジネスにおいて必要不可欠となるような手続きも行います。

行政書士の難易度と勉強時間

行政書士の試験を受けようと思っている方は、行政書士の試験がどのくらい難しいのか気になりますよね。また、どのくらいの勉強時間を確保すればいいのか知りたい人も多いでしょう。

そこで、行政書士の難易度と勉強時間についてご紹介します。行政書士の試験を受けるときは、まず試験の難易度や必要な勉強時間を知っておくことで計画を立てやすいでしょう。

行政書士の近年の合格率

行政書士資格の試験の合格率は、年度によって変わりますが平均して約1割です。非常に難しい試験だと言えるでしょう。

行政書士試験には、毎年約4〜7万人の人が受験している人気のある資格です。しかし、行政書士の試験では、試験センターが定めている合格基準をクリアすることで合格することができます。

そのため、受験者が何人であろうと合格率に影響はありません。

年度 合格率
2018年 12.7%
2017年 15.7%
2016年 9.95%
2015年 13.1%
2014年 8.27%

行政書士の独学難易度

行政書士資格は試験の難易度が高く、試験範囲も広い資格なので、独学するのは比較的難しいと言えるでしょう。

行政書士の資格を取得するために必要な勉強時間は、大学などで法律を学んだ方は、法律系の国家資格を持っている人で300時間から500時間と言われています。

一方で、今まで法律を学んだことのない人だと800時間以上の時間が必要となります。

独学難易度
必要な勉強時間 800時間
独学で合格できた人の割合 約1割
難易度判定 ★★★★★

行政書士の勉強に必要な費用比較

行政書士資格を独学するには、テキスト代や教本代などで5万円前後がかかるとされています。独学の場合は、自分でテキストや過去問を選ぶため、費用は個人差があるでしょう。

また、資格スクールに通学する場合は、入学金に約3万円、授業料で約16万円、その他のテキスト代などの諸費用を合わせると約20万円ほどの費用がかかります。

通信講座での場合は、だいたい5万円から8万円でテキストや過去問などを購入できます。

勉強の仕方
独学 約10,000~100,000円
スクール通学 約100,000~200,000円
通信講座受講 約50,000~80,000円

行政書士に合格するための勉強内容

行政書士に合格するためには、具体的にどのような勉強をすればいいのかわからない人も多いでしょう。また、行政書士の試験に出る科目について知ることで、どのような勉強をすればいいのか、具体的に把握できますよね。

そこで、ここでは行政書士に合格するための勉強内容についてご紹介します。行政書士の試験に出る科目について、詳しい内容や対策方法についても解説するので、試験対策の参考にしてみてはいかがでしょうか。

行政書士の試験科目

行政書士資格の試験は、法令科目、一般知識科目という2つの科目に分かれています

科目
科目1 法令科目
科目2 一般知識科目

法令科目は、以下の分野から出題されます。

チェックポイント

  • 基礎法学
  • 憲法
  • 行政法
  • 民法
  • 商法・会社法

また、一般知識科目は以下の分野から出題されます。

チェックポイント

  • 政治・経済・社会
  • 情報通信・個人情報保護
  • 文章理解

行政書士の仕事をするために必要となる法令などから出題されますが、日本には1500から2000もの法があると言われています。

そのすべてが対象となるわけではありませんので、効率的に勉強を進めると良いでしょう。

法令科目について

法令科目は、300点中244点の配点となっており、行政書士の試験の多くが法令科目を占めています。まず、法律関係や法令用語などの基礎知識を問われる基礎法学から8点分出題されます。

国家の基本法である憲法からは28点分出題されます。行政に関する法律である行政法は、112点分出題され、試験全体に占める配点割合が多いので最重要科目と言えるでしょう。

民法からは76点分、商法・会社法からは20点分出題されます。

一般知識科目について

一般知識科目は、300点中56点の配点となっています。まず、政治・経済・社会から28点分出題されます。出題範囲が広いので、新聞やニュースなどで学習をすると良いでしょう。

インターネットに関連する知識や、個人情報保護法などからは、20点分出題されます。ここは、過去問を中心に問題をこなすことで得点を伸ばすことができるでしょう。そして、現代文の問題である文章理解からは12点分出題されます。

試験科目は幅広い業務に対応するため幅広い

行政書士は、遺産相続の手続きなどの個人向けから、許認可申請や会社設立などの法人向けの仕事まで多岐に渡っています。

つまり、行政書士になるためには様々なスキルが求められているのです。そのため、行政書士の試験科目は、幅広い業務に対応するため幅広くなっています

試験科目のすべてを勉強しようとすると、時間がかかってしまい効率的ではないので、勉強する範囲を決めると良いでしょう。

法律系資格のベースとなりステップアップに最適

行政書士が持っている幅広い資格は、他の法律系の資格のベースとなります。そのため、行政書士の資格の勉強をして、資格を取得することで、その後の可能性も広がるでしょう。

例えば、弁護士や司法書士、社会保険労務士などの資格を取得するときにも役に立ちます。行政書士として働く上で関わりの強い宅建士や司法書士などを目指してステップアップする場合にも最適な資格なのです。

行政書士に合格をするための勉強スケジュール

行政書士に合格するためには、まずは勉強のスケジュールを立てることが大切ですよね。しかし、いつから、どのような勉強を始めればいいのかわからない人も多いでしょう。

そこで、ここでは行政書士に合格するための勉強スケジュールについてご紹介します。また、勉強をするときには、同じテキストを数回読むことや、勉強の計画はざっくりと立てることが大切です。

行政書士の勉強スケジュール

行政書士試験は表のようなスケジュールを立てて勉強しましょう。試験の1ヶ月前には知識が完成していることが理想です。

知識の完成とは、試験の全範囲のテキスト学習を終えて、公式を把握している段階のことです。そして、最後の1ヶ月間は過去問を解く期間にしましょう。

5年分の過去問を解き、間違った部分があれば、なぜ間違ったのかを分析して復習をすると良いです。

時期 やるべきこと
8月第4週/試験80日前 テキスト初回終了、2回目スタート
9月第3週/試験50日前 テキスト2回目終了、3回目スタート
10月第1週/試験30日前 テキスト3回目終了、過去問スタート

テキスト1回目の学習スケジュール

テキスト1回目を進める期間は、まず週に1日勉強をしない曜日を決めましょう。この曜日は、学校や仕事も無い日にすることがおすすめです。

学校や仕事もなく、勉強もなく全力で遊べる日を作ることは大切です。そして、習慣化できるように勉強時間を統一しましょう

そして、行政書士の試験は、憲法・行政法・民法が全体の多くを占める得点配分となっているので、学習期間も2/3以上を費やすと良いです。

テキスト2回目の学習スケジュール

テキスト2回目では、記憶喚起と横断的整理をポイントにしましょう。テキストの最初の方は、忘れている部分も多いと思いますが、きっかけを与えることで思い出すことができます。

そのため、テキストにある書き込みを見ることで、学習していた当時のことを思い出すことができるでしょう。

そして、全範囲の学習を終えた段階で、法律の制度比較と判例に比重を置いて勉強を進めると良いです。

テキスト3回目で意識するべきポイント

テキスト3回目では、試験直前なので、丸覚えする箇所を抑えることがポイントです。科目や学習経過によって、この部分は試験の直前に覚えようと思う部分も出でくるはずです。

その部分を、試験直前のタイミングで丸覚えする期間にしましょう。例えば、個人情報保護法などは、丸覚えした方が効果的なものもあります。

また、試験の直前には過去問を解く時間も作り、実際の試験の感覚を掴むことも大切です。

勉強の計画はざっくりと立てる

試験を受けるにあたって、まず勉強の計画を立てますよね。そこで、計画はざっくりと立てることが大切です。細かく計画を立てるほど、計画を決めるまでに時間がかかってしまい、計画の柔軟性がなくなってしまいます。

計画を立てても計画通りにいかないことが多いので、ざっくり立てて、計画通りに行かなかったときに簡単に修正できるようにすると良いでしょう。

上手な勉強法を取り入れて合格を目指そう

ここでは、行政書士の資格を持つことでできる仕事、行政書士の難易度と勉強時間、行政書士に合格するためのスケジュールについてご紹介しました。

行政書士の試験の難易度は非常に高く、合格率も低いです。しかし、上手にスケジュールを組んで、工夫して時間を確保することで、社会人の方でも、独学でも資格を取得することはできるでしょう。

適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧