1. HOME
  2. 転職する方法を探す
  3. 美容師の転職先は豊富にある。将来を考えて他業界へチャレンジ
転職する方法を探す

美容師の転職先は豊富にある。将来を考えて他業界へチャレンジ

美容師を辞めて転職したいと思ったらどうすればいい?

美容師は優雅にヘアースタイルをセットしてくれる憧れの職業ですが、意外にも辞めて転職したいという人も多いのです。

見た目より重労働で、立ちっぱなしはもちろんシャンプーで腰をかがめる体勢は腰痛の原因となりますね。給料の安さについで、肉体面の問題は転職を決める大きな理由です。長期の就業を考えると早めに自分の適性を考慮して転職するのもよいでしょう。

ここでは美容師の転職についてご紹介しますので、新しい仕事探しのきっかけにしてください。

美容師を辞めたくなる理由とは?

美容師を辞めたくなる理由の多くは肉体面ですが、一番は労働に対しての給料の低さです。資格を取るまでは理想的な美容師になろうとやる気もあったのですが、現実の仕事が大変なのでその理想も忘れてしまうのでしょう。

人の流動性が高く、三年以内の離職率が八割程度という高さから、努力して国家資格を取りながら現実とのギャップを感じている人も多いのです。

給料が安いから

きつい仕事内容に見合う給料がないという理由が、多くの美容師の大きな不満です。男女の美容師の平均年収は280万という金額で、すべての業種の中でも低い位置になります。

会社員の七割程度にとどまり、昇給も難しいことから将来設計が立てづらい仕事ともいえるでしょう。また、同じく美容の専門家であるエステシャンは、個人で店と契約したり独立する人が目立ち、人によっては大きな収入を得ているケースも見られます。

職種 平均年収
美容師 280万円
エステシャン 350万円
会社員 420万円

残業が多いから

美容院の営業時間が終わっても、様々な業務があるのが美容師の仕事です。閉店後もカットの練習をしたり、定休日も講習会への参加が必要など、余暇がほとんど取れないのです。

日常の仕事プラス技術の向上が必要で、お客さんの指名が報酬へとつながるシステムが多いのです。残業が多いと睡眠時間や体調へも影響することもあり、長期に続けていくには難しい場合もあります。

能力面で限界を感じるから

美容師の国家資格を取るだけでは美容師として不十分です。最近は美容師の卵が格安カット店で修行しながら、技術を上げるというシステムも多く見られます。

しかし、三年以上やってもなかなかカットの腕が上がる気配もなく、自分の能力に限界を感じる美容師も多くいるのです。

カットだけではお客さんを満足させることは出来ませんが、基本中の基本であることには間違いありません。美容師として長くやっていくのなら、カットの能力不足は大きな問題でしょう。

職場環境がよくないから

休憩室が狭い、禁煙ではない、通勤時間が長くて疲れるなどの職場環境のせいで辞めたくなる人も見られます。

入職するときはたいしたことではないと思っていても、毎日職場で過ごしていると我慢しづらくなることもあります。職場環境の悪さはストレスがたまる原因にもなるため、他の店へ変わることを考慮しましょう。

美容師自体を辞める必要はないケースです。

肉体的にきつく子育てと両立できないから

女性で結婚出産した美容師は、体力的に負担の大きい仕事は難しいでしょう。初めての子育てなら要領も分からず戸惑うことばかりで、仕事を終えて帰ってくたくたの状態では育児どころではありません。

美容師をフルタイムで続けるのは子育てがひと段落してからという人も多く、一時的に辞める人が多いのもこのためでしょう。

美容師から転職したほうがいい場合とは?

国家資格を取って美容師の道を目指したのですが、場合によっては仕事を続けていくことが困難でしょう。どんな仕事もモチベーションは大切で、やる気がもてないのならほかの仕事へ転職するのもよいですね。

美容師を辞めようか悩んでいる人はにはそれぞれの理由がありますが、以下のような理由なら転職をすすめたほうがよいかもしれません。

業界自体に興味が持てない場合

美容師の国家資格は取ったのですが、美容業界自体に興味がない人もいます。エステやメイク、ネイルや化粧品など多くの職種がありますが、どれも女性の外見を整えるもので、女性の美しさに情熱をもてない人にはつらい仕事といえます。

お客さんとのかかわりは一瞬ですが、一回一回の仕事の積み重ねが腕を上げることにもなり、適当にこなしているのでは能力アップにつながりません。こういう人が転職を決めるのは早い時期がよいでしょう。

体力が続かない場合

もともと体力がない人は一日中の立ち仕事や中腰の姿勢が辛く、忙しい土日祝などにはギブアップしそうになります。若いうちは持ち直すのですが、年齢を重ねると継続しての勤務が辛くなるでしょう。

三年美容師を続けても体力的について行けないと感じているのなら、転職を考慮しましょう。特に女性の人で美容師の仕事が体調に影響しているのなら、転職をおすすめします。

独立や収入アップが望めない場合

美容師が収入アップするためには腕を上げてトップスタイリストになったり、店長クラスに昇格することが早道です。また、独立して自分の店を持つ人もおり、多くの美容師の憧れにもなっています。

どちらにしてもある程度の技術が必要で、なかなか腕が上がらない人にとっては難しい道です。自分の美容師としての適性を判断し、収入アップの道が望めないなら転職を考慮するのもよいでしょう。

この業界でできることに限界を感じた場合

美容に対する興味や情熱はあるのですが、美容はトータルのテクニックや、お客さんの満足感、カットにかける時間の制約などから理想的な仕事が出来ないと感じている人も多いのです。

割り切って仕事が出来るのならよいのですが、流れ作業的な仕事ではなく理想を追求したい気持ちが強いのなら転職するのもよいでしょう。美容師でなくても美容にかかわる仕事は多くあり、違った面から美のプロになることも出来ます。

他にやりたいことがある場合

美容師以外にやりたいことがある場合は、転職を考慮しましょう。美容関係ならうまくいく可能性もあり、これまでの経験や人脈を活かせます。

モチベーションが高い時期に転職するのがよく、年齢を重ねると転職自体への意欲も薄れます。ただし、一度美容師を離れると腕は落ちるため、再度復帰するのは時間がかかります。やりたい仕事の将来性や成功する見込みも考えて転職を決めましょう。

美容師を辞めないほうがいい場合もある?

新人美容師は一年以内に離職する人が五割程度、三年以内は八割程度と高い数字になっています。しかし、肉体的にはつらくてもモチベーションはあるのならもう少し様子を見てみませんか

どんな仕事も三年続けてみないと本当の仕事が理解できないといわれています。また、職場環境の問題ならお店を変わることで解決できることもあるでしょう。自分に美容師としての適性があると感じるなら、辞めずに将来も合わせて働き方を考えてみます。

職種を変えずに働き方を変えれば解決する問題

勤務時間が長い、余暇がない、職場環境が悪いなどの仕事そのもの以外の理由で転職したいのなら、このまま美容師を続けましょう。

国家資格を取ってまで志した美容師への道です。職場とのマッチングの悪さから職を辞めてしまうのは迂闊なことでしょう。美容院は星の数ほどあるため、自分に向いている職場がきっと見つかります。

時間が解決してくれる問題

美容師になって三年以内ならもう少し続けてみましょう。美容師の八割は三年以内に離職しており、長く続ける人が少なくなっている状況です。

国家資格を取ってもすぐにはカットの腕は上がらず、日々の業務の忙しさからくじけてしまう人も多いのです。美容院は多いけれど腕のよい美容師が意外にもいないのはこのためで、真剣に長く続けようという美容師が少ない状況といえます。

美容師が向いている場合

まだまだ美容師の腕は低いのですが、美容師の仕事自体は好きという人は職種を変える必要はないでしょう。人と接することが得意で、お客さんの要望を汲み取ることが出来る人は指名も多くなります。

ただお客さんと世間話をするのではなく、何気ない会話の中からその人の生活シーンや似合う髪形、手入れの方法などを読み取る必要があります。総合的に合う髪型を提案できる人は、美容師として信頼されるでしょう。

美容師から別職種への転職で気をつけるべきこととは?

三年以内に転職を決める人は、ネガティブな理由で辞めることが多く見られます。給料面や肉体面などが代表的な理由ですが、転職活動の際にはポジティブな理由を用意します。

これまで得た美容の知識を活かしての転職ならプラス評価されるので、美容師をしてきた経験が次へつながります。退職理由は注目されるので、よい印象を与える内容を用意しましょう。

ポジティブな退職理由を考える

給料に不満足、休みがない、人間関係が悪いなどのネガティブな理由はよい印象を与えません。資格を取った美容師自体を辞めるのは思い切ったことなので、よほどの理由があると取られます。

退職理由として美容師が合わないことを簡単に述べて、次の業界への興味関心の高さにポイントをおきましょう。美容と関係がある業界や経験が活かせる職種なら、転職先も興味を持つでしょう。

次の職に求めることを整理しておく

勢いで美容師を辞めて転職活動を始めても、うまくいかないこともあります。次の職へ求めることが整理できてないため面接でうまくアピールできないことが原因です。

こんなときは自分を客観的に見つめるために、転職アドバイザーに相談するのもおすすめです。今の自分のキャリアの把握と希望の働き方をまとめてくれるので、自分ひとりで非効率な転職活動をするより、よい職場が見つかる可能性もあります。

これまでの経験で得たものをまとめておく

自分に適した仕事とはならなかった美容師ですが、社会で働いた経験は大きいものです。美容業界で得た経験や、仕事の中で培った能力は意外に大きいのです。

コミュニケーション力やチームワーク、接客や技術者としての視点など、美容師でしか分からないことも多くあります。これをまとめて次の職場へ効果的なアピールをすることで、転職もスムーズに行えるでしょう。

美容師を辞めるなら次の転職先は?

実は美容師の転職先は困ることはありません。お客さんとのコミュニケーション力の高さや、美容の知識は大きな武器といえます。

企業の事務や営業、販売、サービス、福祉など求人は多く、美容師の経験が活かせる仕事は多くあります。資格職は転職が難しい分野もありますが、美容師なら多くの業界へ転身することが可能です。自分が思うよりポテンシャルは高いことを確認しましょう。

美容室に商品を卸す美容ディーラー

美容室にシャンプーやトリートメントなどを卸す、美容院と関係が深い美容ディーラーです。美容師への研修を行ったり、商品を買ってもらうために美容室へ営業へも出かけます

美容師時代にもなじみのある職業なので、スムーズに転職可能です。美容院の内情もよく分かっている美容師なら、成績も上がりやすいでしょう。

コミュニケーション力に自信があるなら事務職

会社の事務職OLは美容師同様に、高いコミュニケーション能力が必要となります。様々な部署との連携、来客や電話対応など仕事は多岐にわたり、色々な人とのやりとりが出てきます。

PCスキルも必須ですが、円滑な人間関係を結ぶことが一番大切であり、女性美容師の転職先として有力候補となるでしょう。結婚出産をきっかけに転職するのもおすすめです。

プレゼンが得意なら美容メーカーの営業

薬剤やシャンプートリートメントなどを開発する美容メーカーの営業です。自社商品の説明やプレゼンテーションを行い、契約を取るのが仕事です。

実際に商品を使ってきた美容師のプレゼンは説得力があり、元美容師は大変貴重な存在です。美容院とのコミュニケーションもスムーズに行えるため、成績も良いでしょう。人前で発表するのが得意な人に向いています。

コスプレや高齢化で需要の高いウィッグ、かつら業界

これから更に高い需要が見込めるウィッグ業界です。高齢化社会に伴いかつらの必要性はどんどん高まっているといえます。これに加えて最近のコスプレブームは若い世代のニーズも生み出している状況です。

多くの世代で需要のあるウィッグは製作者になるにしろ、販売者になるにしろ、業界の仕事自体は増えていくでしょう。かつら製作者になるには年数も必要ですが、体力的には美容師より楽です。

美容と深いところでつながる整体師

美容と健康は切っても切れない間柄です。このことから美容のプロである美容師が体のメンテナンスをする整体師の資格取得すると、全身のバランスを考えたトータルの美しさを提供できるでしょう。

骨格矯正がブームであることも大きく、どんなに髪型やファッションに気を使っても体のバランスが崩れていると気になる人が多いのです。体全体の美容を提供して、髪型のアドバイスも出来る整体師は貴重な存在でしょう。

美容師からの転職に使える志望動機・自己PR例

転職の際に使えるPRをご紹介します。転職理由や自己PRは注目される点で、できるだけ将来に向けて前向きな内容が評価されます。

全く意にそぐわない内容にすることはありませんが、マイナスになることを伝える必要もありません。転職前に熟考して、今の自分をプラスに評価してもらえるような内容にしてみましょう。次の職場へのプラスとなる仕事が出来ることを前面に出しましょう

美容の知識がある

なんといっても美容の大きなポイントであるヘアケアの知識が豊富なことは、大きな自己PRとなります。美容関連の職種へ転職するのなら大きな武器となり、商品の営業や開発にもプラス能力となります。

お客さんの美の悩みを熟知しているので、効果的なプレゼンをすることも可能です。美容の現場でお客さんと日々接している人でしか分からないこともあり、その能力を求めている職場もあるはずです。

老若男女を問わずコミュニケーション力がある

ファミリータイプの美容院なら、老若男女を問わず日々様々なお客さんと接します。このことが高いコミュニケーションスキルとなり、自分では気づかない大きな能力となっているのです。

コミュニケーションが必要な仕事は多く、子どもや高齢者のための施設でも周りの家族と接することになるためスムーズに対応できるでしょう。会社員になるにしてもあらゆる人と接することが出来る人は、どんな職場でも重宝されます。

時代のニーズやおしゃれに敏感である

流行や時代のニーズと関連が深い美容師の仕事です。髪形の多くは流行のファッションとも関係しており、無視することは出来ません。

お客さんのリクエストも流行の髪形であることが多く、ファッションとのトータルコーディネートを注文される職場もあります。転職先がクリエイティブ系なら、流行と実際の人の傾向を把握していることは大きなアピールポイントといえるでしょう。

美容師から転職してよかった人のエピソード

実際に美容師から転職した人のエピソードをご紹介します。美容業界以外への転職でもスムーズに入職して、充実した日々を送っているようです。

転職するまでは不安な毎日ですが、一度入職してしまえば問題なく仕事をこなしている人が多く見られます。コミュニケーション力の高い美容師ならどんな職場でも自然に入っていけるでしょう。

収入が増えて結婚も決まった

美容師から美容関係の営業へ転職

収入が上がり余暇も増えた

★★★★★★★★★★4.1

仕事の成績も良いです。

シャンプーや薬剤を買う立場から売る立場へと変わったのですが、お客さんである美容院の内情が手に取るように分かるため仕事成績もよいです。

収入も増えて結婚も決まり、休みの日は彼女とゆっくり過ごす余裕も出来ました。美容師時代の知識も活かせる職場で、長く働いていけそうです。転職はしましたがより美容業界について深い知識も付きました。

普通の休日が送れるようになった

美容師から事務職OLへ転職

休日に休めるのが嬉しい

★★★★★★★★★★4.5

早めに美容師へ見切りをつけて正解でした。

会社員へと転職して土日に休めることが何より嬉しいです。彼氏と普通にデートしたり、連休には旅行に行ったり、友達と遊びに出かけたり出来る生活がやっと手に入ったのです。

美容師に未練はありますが自分の能力を考えると、OLのほうがよかったと感じています。三年以内の転職ですが早めに決断してよかったと感じており、事務職なら結婚しても続けて行けると思います。

収入は変わらないが満足している

美容師からウィッグ職人へ転職

自分にぴったりの仕事です

★★★★★★★★★★4.3

年収は変わりませんが満足です。

ウィッグやかつらは美容師のキャリアを活かせる将来性のある仕事だと感じています。かつら職人の道は厳しく美容師同様日々大変ですが、接客が苦手な自分にはぴったりの仕事だと思います。

美容師は辞めましたがヘアへの興味は強いため、長く続けられそうです。年収はそんなに増えていませんが、楽しく仕事が出来るので不満はありません。

美容業界から他業界へのチャレンジを成功させよう

美容師の転職についてご紹介しました。意外にも美容師は転職先が多い職業です。美容の知識や接客で養ったコミュニケーション力を活かして、自分に合う転職先を見つけましょう。

美容は様々な業界とつながっており、守備範囲は広いのです。美容師以外の経験がないから難しいとあきらめるのではなく、自分の可能性が高いことを知り積極的に自己をアピールしましょう。

ランキング

記事一覧