「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 転職
  3. 看護助手を辞めたい。転職はほかの業界の選択肢もある
転職

看護助手を辞めたい。転職はほかの業界の選択肢もある

看護助手を辞めたいと思ったらどうすればいい?

患者の身の回りのお世話や看護師の補助としての役割をこなす看護助手は、国家資格がなくてもお手軽に始められる仕事です。

注射や採血などの診療行為はしませんが、日々の病院業務では欠かすことの出来ない大切な役割をこなしています。

しかし、このやりがいのある看護助手から転職したいと考える人も多いのです。サポート的な仕事なので給料も低く、国家資格を取ろうと考慮する人も多くなっています。ここでは看護助手の転職についてご紹介するので、お悩み中の人は参考にしてください。

次の仕事の可能性は?自分の市場価値を「ミイダス」でチェック

正規の看護師と違って、医療現場での貴重な経験はしているけれど、資格にしがみつかなくていいのが看護助手です。これからあなたの経験が生きる職種は世の中にたくさんあるはずです。そこで、仕事を衝動的にやめてしまう前にまずは「ミイダス」で気分転換してみましょう。ミイダスでは、簡単な質問に答えていくだけで自分のいまの市場価値=想定年収がわかります。

しかし、それだけの診断ツールではありません。自分の市場価値を認めてくれる企業から、スカウトが来るのを待つことができるのです。

チェックポイント

  • 診断後は、登録して待っているだけで優良企業からスカウトオファーが届く
  • オファーが届いたら書類選考は免除。こちらから返事をすれば面接に進める
  • 「doda」で有名なパーソルキャリア社が提供するサービスなので、安心して使える

「看護助手を辞めたいけれど、転職活動ってどうやったらいいかわからない……」という方にもおすすめです。ぜひチェックしてみてください。

看護助手を辞めたくなる理由とは?

看護助手は気軽に始められて職場が豊富にあるため、女性のパートなどで働きやすい仕事です。

医療行為は出来ませんが、事務の補助や清掃、備品や器具の確認など、サポート的な仕事を引き受けるなくてはならない仕事をします。

しかし、仕事に対する不満も多く、看護助手を辞めたくなる人も多いのです。そんな看護助手の不平不満についてここでは詳しく解説していますので、自分と照らし合わせてみてください。それではご紹介します。

介護職と変わらないから

おむつ交換やお風呂の介助など、社会の高齢化に伴い高齢者の介護職的な仕事は増える一方です。

医療行為が出来ない看護助手は、こういった高齢者のサポート的な仕事を一手に引き受けています。しかし、ちゃんとした研修を受けているわけではなく、未経験の人がいきなり難しい介護仕事をこなすことも多く、体を壊す人も多いのが現状なのです。

同じ内容の仕事なら介護職として資格を取り就職したほうがよいのではと悩む人も見られます。

教育体制が整っていないから

病院の仕事はいつでも人手不足です。看護助手が入職しても、十分な教育を受けることもなくいきなり現場へ出されることもしばしばあります。

看護師に仕事を教わることも多いのですが、看護師も忙しい中ぎりぎりで仕事を回しているため、看護助手にゆっくり業務の引継ぎをしている暇はないのです。

未経験でもつける仕事として募集のある看護助手ですが、実際は仕事に慣れるまで苦労する場合も多いのです。

夜勤が多いから

入院病棟のある病院の場合、看護師同様夜勤があります。点滴や注射などは看護師がやりますが、患者の体を拭いたり高齢者のおむつ交換などは、看護助手が引き受けます。

夜勤は日勤に比べると報酬が高く設定されていますが、看護師に比べるとかなり少なく、体力の消耗やストレスがたまっていくことより、トータルで見るとマイナス面が多くなります。看護師でも夜勤は辛く、転職を考慮する大きな理由になります。

看護師との人間関係が悪いから

看護師と同じ場所で仕事をしているにもかかわらず、仕事上で同等のパートナーであるとは見てもらえないことに大きな不満を抱く人もいます。

看護師、準看護師、看護助手、介護士など、多くの立場の違うスタッフが入り混じっているため、人間関係が複雑化していることもしばしばです。女性がほとんどの職場のため、いじめなどがある職場では円滑な業務が行えないこともあります。

年収が低いから

国家資格のある看護師と比べると、約2倍の差がある看護助手です。また同じような介護業務をこなす介護士と比べても低く仕事へのモチベーションにも影響します。

補助的な仕事とはいえ、高齢者のサポートなどはかなり高度な内容になるため、重い責任に対して年収が低すぎると感じることもあります。高齢化に伴い、仕事内容が介護士と同じようになってきているのも転職したくなる原因でしょう。

職種 平均年収
看護助手 274万円
看護師 525万円
介護士 329万円

看護助手を辞めたほうがいい場合とは?

看護助手を辞めたほうがいい場合は、サポート的な仕事内容に不満があったり、仕事の責任に対しての報酬が低すぎると感じる場合です。

パート的な仕事を求めて看護助手になったけれど、思いのほか仕事内容が大変で、責任も重いことに気付くことも多いでしょう。せっかく慣れてきた仕事ですが、長期に継続するのが困難と感じているのなら転職を決意してもいいでしょう。

思っていた仕事内容と違う場合

未経験でも受け入れてくれる職場として看護助手に応募したけれど、いざ入職してみると初めてではこなすことのできない内容の業務ばかりです。

特に高齢者の介助などは専門の教育が必要な内容で、素人が行ってもよいのか疑問に感じる人も多いのです。助手ということで患者には触れることがないと思われますが、実際はかなり接触することが多く感染も心配という人も大変多いのです。

体力的に持たない場合

夜勤が多い病院では、看護助手もシフトに入ります。助手でも気を抜くことが出来ず、いつ容態が急変するかもしれない患者に対して神経をすり減らすことになります。

夜勤は体力を消耗してしまい、自分の体がまいってしまうこともあるでしょう。家庭を持っている主婦の人は、日中の家事育児と両立することは難しく、転職して日勤の仕事に変わることを考慮している人が多いのです。

ほかにやりたいことが決まっている場合

看護助手は一時的な仕事で、国家資格である看護師や介護士を目指している人もいます。少しの間でしたが、病院の実務に触れることも出来たため、大きなメリットになった人がほとんどでしょう。

医療や介護関連の職場への体験としても看護助手は最適で、期間を限定して働く人もいます。医療現場で働くことの厳しさが分かっただけでも、次に転職する施設を選ぶのに大きなプラスとなるでしょう。

看護助手を辞めてよかった人のエピソード

看護助手を辞めて良かった人をご紹介しています。未経験でも入職しやすく、責任も看護師ほどない楽な仕事と思っていたのですが、実際は違い激務で年収も不満足な人が大半です。

一時的なパートにしろ、長期に働くにしろ、中途半端な内容の仕事は継続するのが難しいと判断したようです。

ここでご紹介するのは看護助手を辞めて本格的に仕事を始めた人なので、これから資格などを取得して働きたいと考えている人は参考にしてください。

資格を取って看護師になった

看護助手から看護師へ転職

看護師の国家資格を取った

★★★★★★★★★★4.5

働きながら勉強が出来ました。

国家資格に合格して正看護師になった例もあります。生活費を稼ぐために看護助手の仕事に就く人も多く、病院の様子も分かって一石二鳥と感じているようです。

看護助手は資格も必要ないため、気軽に応募できます。夜勤のない職場なら、昼間看護学校に通いながら働いて、夜に国家資格の勉強をすることも出来ます。助手の仕事で病院勤務の実情を把握できるのもプラスといえるでしょう。

医療事務へ変わった

看護助手から医療事務へ転職

患者と接することのない仕事に変わった

★★★★★★★★★★4.7

仕事が楽にこなせるようになりました。

看護師になる方法もありますが、実際に患者と接するのは不向きだと感じるのなら、身近な医療事務に転職する方法もあります。

年収はそんなに変わりませんが、看護助手より仕事が楽で、家事育児の負担になることはありません。肉体的にも負担は少なく、長期にこなしていける仕事です。パートナーの転勤があっても、好きな場所で勤務することが出来るため、メリットとなる職種でもあります。

企業の正社員になった

看護助手からOLへ転職

病院を離れて企業へ就職した

★★★★★★★★★★4.3

規則的な生活が出来て満足です。

医療の仕事は向かないと感じる人は、企業の社員になる人もいます。事務仕事で日々パソコンですが、看護助手に比べると体力的に楽なことがほとんどです。

30代になったことをきっかけに、体力の衰えを考慮して早めに事務へ転職する場合もあります夜勤もなく土日も休みなことから、毎日規則的な生活が送れる職場です。健康面が不安な人は、事務職へ転職する例が多く見られます。

看護助手を辞めないほうがいい場合とは?

不満の多い看護助手ですが、このまま続けたほうが良い場合もあります。給料も安く仕事も大変ですが、パート的な仕事と割り切れば決して悪くないとも考えられます。

資格もいらず、医療行為も必要ないため、責任は看護師ほどあるわけではありません。

医療の現場そのものになじんでいる場合は、穴場的な良い仕事であるとも言えるため、転職するのはもう少し様子をみたほうがこともあります。ここでは、看護助手を続けたほうが良い場合をご紹介していますので参考にして下さい。

職場を変われば解決する場合

夜勤が多い、人間関係が複雑、介護的な仕事が多すぎるなど、その病院ならではの悩みがある場合は、ほかの病院に変わると解決することもあります。

夜勤は大きな問題で、給料は良くなるけれど体を壊す原因になったり、家庭との両立が難しくなったりする場合が多く見られます。夜勤がないだけでも楽に看護助手を続けることができるため、転職サイトなどで勤務先の条件を調べて日勤の職場を見つけましょう。

まだ新人で慣れない場合

どんな仕事も新人の頃は戸惑うことが大半です。看護助手は募集条件に対して仕事内容がハードなことが特徴なので、思いがけず驚いてしまう人も多いのです。

せめて3年は仕事を続けて、辞めるかどうかを判断しましょう。看護助手に応募したのなら、病院で働くこと自体には抵抗がないはずです。看護助手以外の仕事の大変さも考慮して、今の仕事を大切にしてみるのもおすすめです。慣れるとまた感じ方も変わってきます。

看護師などの医療職を目指している場合

もし看護師などの医療職を本格的に目指しているのなら、看護助手は続けたほうが良いでしょう。ほかのアルバイトなどをするよりは、見習い的な仕事となるため、実際に医療職に就いた際もスムーズに仕事をこなせることになります。

現場で働いていると看護師の様子も分かり、自分が看護師になったときの参考にもなります。国家資格の勉強方法も教わることができるため、メリットとなることが多いといえるでしょう。

看護助手を辞めずに続けてよかった人のエピソード

看護助手を続けてよかった人をご紹介します。一度は辞めることも考えましたが、客観的に考えて続けることを選択した人たちです。

辞めてからどうしたいのか、働く目的はなにか、などを突き詰めて考えると今の看護助手という仕事が自分に合っていることに気付かされたようです。仕事に慣れると楽に行えるといった人も多く、最初のころと感じ方が違ってきているようです。

夜勤のない病院に変わって楽になった

看護助手

夜勤のない病院に変わった

★★★★★★★★★★4.5

夜勤がないだけで体が楽です。

夜勤が辛いことだけが不満な人は、転職サイトで日勤のみの看護助手の仕事を見つけて転職する人もいます。

元の職場にも勤務先を変わる理由を伝えて、円満に退職します。看護助手自体の仕事は家庭と両立できる、満足度の高い仕事です。夜勤を避けて、自分の都合の良い時間帯だけ働けるのも看護助手のよいところです。

短時間勤務に切り替えて希望がかなった

看護助手

派遣からパートに変わって働きやすくなった

★★★★★★★★★★4.5

もっと早く雇用形態を変えるべきでした。

派遣の仕事で看護助手をしていましたが、直接雇用のパートに変わる例もあります。派遣は派遣会社の規定もあり、早めに切り上げることが出来ません。

直接雇用なら職場との交渉次第で、希望の勤務時間にしてもらえるため、家事が忙しい人には好都合です。雇用形態が変わるだけで、働き方が変えられるため入職前にしっかり確認することが必要です。

パートと割り切って仕事に専念した

看護助手

パートなら助手の仕事が良い

★★★★★★★★★★4.2

ずっとパートで働きたいと思っています。

看護師や介護士に比べて給料も安いのですが、あくまでパート的な仕事と割り切り仕事を行う人も見られます。辛い夜勤の仕事は断り、日勤のみのパートへ変わって満足する人が多いようです。

家族が帰宅する前に帰れるよう、シフトも調整してもらう事ができます。医療の資格を取ることは考えず、ずっと助手の仕事をすることがライフスタイルに合う人もいるのです。慣れると要領も得て、仕事も楽に感じられるようです。

看護助手を辞める際に気をつけるべきこととは?

看護助手を辞める際に気をつけることをご紹介します。病院は年間の予定が組まれておらず、患者さんが多い時期も予想できません。このため退職時期についてはあまり考慮する必要はないでしょう。

引継ぎに関しても看護師が行うことが多いため、基本的に看護助手が行う必要はありません。出来るだけ早めに退職の意思を伝えることがポイントなので、離職が決まったら早めに知らせましょう。

早めに職場へ伝える

助手だからといって突然やめるのも周囲へ迷惑がかかります。特に正規の職員として仕事をしている場合は、すぐに辞めることはできません。

人手不足の医療の現場は、ぎりぎりの人員でまかなっていることも多く、助手が一人辞めるだけで病院業務がスムーズに回らなくなることもあるのです。スタッフはみんなシフト制で動いているため、一人でも急に欠けたら周囲に負担がかかってしまいます。出来るだけ早く退職の意思を伝えて、現場に迷惑をかけないようにしましょう。

引継ぎがあれば済ませる

医療の補助的な仕事で、シーツ交換や清掃、事務の補助などの雑用的な仕事が主になりますが、次の人への引継ぎが必要であればしっかり行いましょう。

たいてい看護師が引き継ぎ業務をすることが多いのですが、忙しくて時間が取れない場合は看護助手本人が努めることもあります。次のスタッフと顔を合わせることがあれば、現在の自分の仕事内容をしっかり伝えるようにしましょう。

次の転職先に求めることをまとめる

これから転職活動をする人は、看護助手を辞めて次の転職先に求めることを確認してまとめておきましょう。こうすることで転職先での面接もスムーズに行えるため、時短で多くの職場を回ることが可能になります。

なんとなく辞めて転職活動を始めても、転職期間だけが過ぎていくことになるのでおすすめできません。希望の転職先が決まっているのなら、新しい仕事についてしっかり調べることも必要になります。

看護助手を辞めるなら次の転職先は?

看護助手の経験を活かして、次の転職先を探しましょう。医療の現場で働いたことは大きなプラスとなり、医療だけでなく介護分野への転職もしやすくなります。

高齢化に伴い、医療と介護の垣根がなくなりつつあるため、高齢者施設の転職も視野に入ってきます。また、国家資格を取ることにより安定して収入アップすることも可能で、女性も一生のキャリアプランを立てることが可能となります。

同じ看護職なら看護師

病院自体になじんでいる場合は、正看護師を目指すことも可能です。看護学校や看護短大に入る必要がありますが、看護助手をしながらでも通うことが出来ます。

最近は社会人の看護師希望者も多く、大卒の女性が一般企業を退職して看護学校に入りなおす人も多くなっています。学校は費用がかかりますが、免除制度もあり、卒業すると就職が必ずあるため確実な転職先として注目されている仕事になります。

これから需要の高まる介護士

高齢者の介助を専門に行う介護士は国家資格の取得が必要になります。看護助手でも高齢者の介助を行うことが多かったから分かると思いますが、素人が簡単に行うことのできる仕事ではありません。

しっかり専門の教育を受けて、資格を取得した人が行える仕事なので、高齢者の介助を専門にしてみたいという人はおすすめです。これからますますニーズの高まる介護士は全国どこでも必要とされるでしょう。

自宅近くでも働ける医療事務

直接患者さんと接するのが苦手な人は、医療事務という選択肢もあります。診察の予約を取ったり、保険の点数を数えたり、カルテの管理をしたりとカウンターの中での窓口業務になります。

自宅近くの個人医院で働くことも出来るため、パートナーの転勤が多いという人にも大変おすすめです。病院勤務を希望し、安定して体力的にも楽な仕事なら医療事務が選択肢に入ります。

病院を離れるなら一般事務

病院勤務が苦手なら、企業の事務職も良いでしょう。体力的にも楽になり、夜勤もないため余暇の時間が充実します

パソコンのスキルが必須となりますが、研修や自宅のネットでも簡単に習得できるため、これからエクセルやワードを覚える人も心配はいりません。医療事務と同じく職場は豊富にあるため、希望の勤務地を選ぶことも可能です。

訪問介護の中心的存在ヘルパー

これからニーズの高まる訪問介護に興味があるなら、ヘルパーの資格を取ることもおすすめです。看護助手で、高齢者の介助が思いのほか好きな仕事だったという人は専門的な知識を勉強するのも良いでしょう。

高齢者の自宅へ出向いて、身の回りの世話や話し相手をしたり、買出しを手伝ったりするのが主な仕事です。病院へ付き添うこともあり、家族の代役を務めることもある大切な仕事です。

転職するなら他の業界にも目を向けてみよう

看護助手の転職についてご紹介しました。助手は資格も必要なく入職するのは簡単ですが、実際は患者に触れる責任もあり、教育体制も不十分なまま大変な仕事をこなすのです。

患者に高齢者が増えていることも特徴で、介護職とやることは変わらないと感じる人も多いのです。転職したいのなら助手的な仕事ではなく、資格を取ったほうが長い目で見てお得といえるでしょう。医療介護の仕事自体は豊富にあるので、いろいろ選ぶことができますよ。

適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧