「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 転職
  3. 派遣の仕事が続かない9つの理由と3つのデメリット
転職

派遣の仕事が続かない9つの理由と3つのデメリット

派遣の仕事が続かないのはどうして?

正社員に比べると、派遣社員の働き方は会社の縛りがきつくないため、私生活も充実させられるというメリットがあります。もちろん、派遣の仕事にもデメリットはありますが、人によっては派遣のほうが合っている人もいることでしょう。

しかし現実には「派遣の仕事が続かない」という悩みを抱えている人は多いようです。このような特徴がある人は、正社員になっても同様の傾向を見せます。そこで今後も失敗しないために、仕事が続かない原因について探っていきましょう。

本当は正社員になりたい? 就職のチャンスを増やすツール「ミイダス」

派遣の仕事が続かないのは、派遣という辞めやすい立場への甘えがあるのではないでしょうか。もし自分が本当は派遣より正社員で働きたいというのなら、派遣で働きながら正社員就職のチャンスを待てるサービス「ミイダス」に登録しておきましょう。

ミイダスは、「派遣から正社員になりたいけれど自信がない」「選考で何度も落とされるのが怖い」と不安な方にもぴったりです。あなたの市場価値診断(想定年収診断)ができて、そのあとはあなたの市場価値を認めてくれた企業からスカウトが届く仕組みになっています。

ミイダスをおすすめする理由
  • 自分の市場価値がわかり、自分の可能性に対して前向きになれる
  • 自分の市場価値を認めてくれた企業からスカウトが来る
  • 何もせず待っているだけでいいので、気軽に転職活動を始められる

ミイダスなら診断後に待っているだけで企業からオファーが来るので、とても気が楽です。さらに、オファーが来た時点で第一次の書類選考は通過しているのもポイント。「何度も落とされたらどうしよう……」というストレスも軽減されますよ。

派遣の仕事が続かない人の特徴とは?

派遣の仕事はメリットの他に、給料が安い、昇給しない、ボーナスがない、雇用期間の定めがあるなどのデメリットがありますが、派遣の仕事が続かないのは、待遇面だけが原因とは言えないのです。派遣社員でも割り切って無期限雇用で長く働いている人も多いのです。

まず派遣の仕事が続かない人の特徴を挙げると、「性格の問題」があります。ここでは、原因となる性格について探っていきましょう。

合わせて読みたい

打たれ弱い

真っ先に挙げられるのは「打たれ弱い」性格です。仕事は、いろいろな人が一つの目標に向かって働くことです。そのため、人間関係が大きく影響をしてきます。

職場には優しい人だけではなく、厳しいことを言う人もいます。打たれ弱い人は厳しい人が上司や同僚にいると、ちょっとした発言でへこんでしまうことでしょう。打たれ強い人であれば「ナニクソ!」と思って奮起するでしょうが、打たれ弱い人はその時点でゲームオーバーとなってしまいます。

合わせて読みたい

飽き性

次は、「飽き性」の性格も挙げられます。派遣社員の仕事は、事務仕事などの単調な業務内容が多いと言えます。毎日毎日同じ仕事を淡々こなすルーティンワークです。

もちろん会社は、毎日同じ状態を続けることで維持されているのですが、飽き性の人は同じ内容の仕事をすることに対して段々と嫌気がさしてくるのです。

20代なら「JAIC」で成長できる企業に入り直そう

派遣では昇給や昇進がなく、短期間で派遣先も変わってしまうので、スキルも身につきにくい環境です。そんなとき、もしあなたが20代で「やっぱり正社員として頑張りたい」と思うのなら、JAIC(ジェイック)に相談してみましょう。

JAICは、社会人経験の少ない20代向けの就職支援サービスです。正社員として通用するよう、しっかりとビジネス研修を行ったうえで、若さに可能性を感じてくれるホワイト企業との出会いを提供してくれます。

ジェイックをおすすめする理由

  • 社員の定着率が高く、若手が安心して働ける就職先を紹介してもらえる
  • 強力なビジネス研修プログラム「就職カレッジ」で就職成功率UP
  • フリーターや既卒から優良企業に就職できた利用者が多数

JAICで紹介してもらえるのは、「短期間で退職する社員がいない」「雰囲気が良い」「業績が安定している」などの条件を満たす企業です。若いうちに派遣から正社員を目指すなら、ぜひ相談してみましょう。

甘やかされて育っている

そして、「甘やかされて育っている」性格も長続きしない要因となるでしょう。仕事でミスをすると上司や先輩は叱責します。それは、叱責することで同じミスを繰り返さないようにするためです。

しかし甘やかされて育っている人は叱責されることに耐えられないのです。どんなわがままな言動をしても親に叱られず、チヤホヤ甘やかされて育っているためです。叱責されたことで自分を全否定されたと思い込んでしまうのです。

合わせて読みたい

責任感がない

途中で仕事を放り投げてしまう「無責任」な性格も致命的です。仕事をするうえで、与えられた業務には多少なりとも責任が伴います。自分に与えられた仕事は、最後まで責任を持って全うしなければいけません。

しかし無責任な人は「自分がしなくても誰かがしてくれる」との間違った考えを持っています。飽きてきて嫌になった途端に仕事を放り出してしまうのです。

社会経験が少ない

年齢が若ければ仕方がないことですが、「社会経験が少ない」という点も長続きしない要因になり得ます。もちろん社会経験の多さは一概に年齢だけでは言えませんが、大抵の場合において20代前半の女性は社会経験が少ないと言えるでしょう。

経験値が高い人は難局にぶつかっても乗り越えることができます。しかし社会経験が少ない場合はどうしたらよいかわからなくなり、ミスをしても手立てがないと思い込んでしまうのです。

上下関係を気にしない

上下関係を気にしない性格も、職場では致命傷になり得ます。立場をわきまえずに上司や先輩に対して何でも遠慮なく物事をズバズバ言う性格の人は、派遣先の会社から嫌われてしまいます。

本人は「私はこういう性格だからいいの」「間違ったことは言っていないからいいの」と勘違いしているのです。傲慢とも言えます。その結果、徐々に居づらくなり、やはり長続きしない状況に陥ってしまいます。

プライドが高すぎる

「プライドの高さ」は、もちろん仕事をする上でのプライドは誰にでも必要です。むしろプライドの感じられない仕事はミスを引き起こしてしまいます。しかし、必要以上のプライドは仕事をする上で妨げになるのです。

例えば、事務員であればお茶くみやデスク周りの掃除を頼まれることもあります。しかしプライドの高い人は「なんで私がお茶くみなんか……」と考えてしまうのです。仕事をえり好みし、きちんと与えられた仕事ができない人ほど、プライドが高い傾向があるようです。

職場の雰囲気に順応できない

職場の雰囲気に順応できない、慣れることができない性格も長続きしない結果に陥ります。特に性格的な問題がなく、仕事のスキルも高いはずなのに、なぜか派遣の仕事が長続きしないのです。

派遣先の会社の雰囲気はさまざまです。活気の感じられる職場もあれば、私語禁止の静かな職場もあります。しかし、雰囲気に馴染めないという理由で辞めてしまうのです。

どちらの雰囲気が合っているのかは人それぞれですが、友達作りに行っているわけではないのですから、派遣社員の場合はどんな雰囲気にも順応しなければいけません。

合わせて読みたい

趣味など他に優先するものがある

「仕事に対するモチベーション」も大きな要因となります。仕事に対するモチベーションよりも、趣味に対するモチベーションが高いのです。趣味を仕事より優先したい人です。仕事(経済)を犠牲にしてまでも、趣味(遊び)を優先するようになると、生活面での心配が出てきます。

自己責任のため、自分が楽しければ問題ないような気がしますが、自分自身が悩んでいたり家族が心配していたりする場合は問題です。「趣味は仕事の合間に楽しむもの」と気持ちを切り替えることが必要です。

派遣の仕事が続かない人にはどんなデメリットがある?

派遣の仕事は短期間とはいえ、契約期間の満了日まで続けないと多方面に迷惑が掛かります。その結果、自分自身にとって何もメリットがありません

派遣の仕事が続かないということは、さまざまなデメリットが発生するのです。何よりも生活面での不安、将来の不安に結びついてしまうのです。それでは詳しくご紹介します。

仕事を紹介してもらえなくなる

派遣の仕事を契約期間の途中で辞めてしまうのは、非常にリスクが高いのです。派遣先企業だけではなく、派遣元にも迷惑を掛けてしまいます。派遣先企業は計画をして人員を確保しています。派遣社員でも仕事を円滑に進めるための力になるのです。

それなのに途中で辞められると、少なからず影響が出てしまいます。派遣元会社からすると契約違反行為のため、次の仕事を紹介してくれなくなります。つまり、ブラックリスト入りしてしまうのです。

スキルが身につかない

仕事のスキルは、ある一定の期間をこなすことで自然に身に着いてきます。事務員の仕事でも、パソコン操作やファイリングなどの仕事は経験がモノを言うのです。

人によって程度の差はありますが、素早く仕事をこなすためには3か月以上は必要と言えます。年数が経てば経つほど高いスキルが身に着くため派遣先から重宝がられ、次の更新をしてくれるのです。

履歴書の職歴欄が汚くなる

仕事をころころ変えてばかりいると信用問題に関わります。面接の際に履歴書をチェックされますが、あまりにも勤務していた会社が多いと、「何か問題がある人だ」と捉えられてしまうのです。履歴書の職歴欄が汚いと思われるのです。決して「職歴が豊富」とは思われません

反対に一つの会社で長く働いている人は信用されやすく、職歴が多い人よりも採用される可能性が高くなるのです。長く続けるという事は大変な努力が要ります。そのため信用度が全く違うのです。

派遣会社のせいで仕事が続かない場合もある?

次に、性格だけではなく、派遣社員の仕事が続かない原因として挙げられるのは「派遣元」、派遣会社自体の問題があります。

細かな要因として、派遣会社が「ホワイト企業を紹介しない」「派遣社員の適性を見極めて仕事を紹介していない」「派遣社員の困りごとの相談に応じない」などがあります。詳しくご紹介します。

ブラック企業ばかりを紹介される

現在日本には数多くの派遣会社があります。多くの派遣会社は優秀な人材を派遣先企業に紹介することで利益を得ています。そのため、登録者のことを考えて長続きするように優良企業を紹介してくれるのです。しかし中には、残業続きのブラック企業ばかりを紹介してくる派遣会社もあります。

当然ながらブラック企業に紹介されると、意識が高くてどんなに性格の良い人でも長続きはしません。多くの人はその派遣先のブラック体質に気が付いた時点で、精神と身体がボロボロになってしまう前に辞めることを選択するからです。

適性に合わない仕事を紹介される

派遣会社の担当者は、事前に登録者のカウンセリングをして適性に合った仕事を紹介してくれます。適性は、客観的に他人が判断してくれるほうが合っていることもあります。

例えば、事務員の仕事を希望しても営業のほうがあっていると派遣会社の担当者は判断するかもしれません。営業の仕事を初めは辛く感じていても、長い目で見れば結果オーライということもあるのです。

しかし、明らかに適性がない仕事を紹介してくる場合もあります。それは、派遣社員のためではなく、派遣会社の担当者が実績を作ることだけを意識しているからです。適性に合わない仕事は辛く感じてしまうため、派遣の仕事が長続きしない原因になります。

相談をしても応じてくれない

派遣先の会社ではいろいろなトラブルが発生することもあります。最たるものは、パワハラやモラハラ、セクハラなどが挙げられます。また、残業の強要も挙げられます。

このような場合は、派遣社員はすぐに派遣元に相談をしなくてはいけません。そして派遣元の担当者は然るべき対策を打ちます。しかし相談をしても、何らかの対策を打ってくれない場合もあります。そうなると派遣社員ではどうすることもできないため、辞めざるを得ない状況に追い込まれるのです。

サポートの丁寧な派遣会社に移るならマイナビスタッフ

マイナビスタッフは、転職大手マイナビが手掛けている派遣サービスです。派遣ではなく転職サービスから始まったことで、派遣メインの他企業とは一味違う仕事が見つかるのが特徴です。クリエイティブ系の職種、大企業の求人なども豊富です。

また、マイナビグループの人材サービスはどれも「コンサルティングが丁寧」「サポート担当者が親身になってくれた」といった評価が高いです。自分に合った仕事を問題なく続けられるように、コンサルタントが尽力してくれるのです。

いまの派遣会社でサポートに不満があるなら、ぜひ登録してみてください。

派遣の仕事を長続きさせるにはどうすればいい?

さまざまな理由で派遣の仕事を長続きさせることができなかった人の大きな課題は、契約期間の満了まで続けることにあります。長続きしなかった理由は、自分の性格にあるのか、それとも状況が悪かったのかなどさまざまです。しかし、今後は二度と失敗しないための具体的な方法を頭に入れておきましょう。

信頼できる大手の派遣会社を選ぶ

まず大切なポイントは、信頼できる派遣会社を選ぶということです。大手で宣伝力があるからと言って一概に信頼できるとは言えませんが、それだけ実績を持っていることになります。設立年数が長い派遣会社はなお信頼できると言えます。

派遣会社の公式ホームページに記載されている情報は類似点も多いのですが、専門職に特化していたり特定ジャンルに強かったりなどの特徴的部分も明記されています。口コミ評価も参考にするのも良いでしょう。

まずは短期契約の仕事から始めてみる

次は、自分自身でお試し期間を設ける意味で、短期契約の仕事から始めてみる方法です。派遣の仕事は最長3年ですが、長続きしない人にとって3年は長すぎます。

まずは1ヶ月などの短い期間の仕事を紹介してもらいましょう。多面的に様子を見ながら仕事をしていくことで、少しずつ自信につなげていきましょう。

紹介された派遣先については自分でも情報収集する

派遣先について自分なりに調査する方法も有効です。派遣会社からの情報を鵜のみにするのではなく、インターネットを使って派遣先の口コミ情報をチェックしましょう。

専門のサイトが複数あるので、派遣先の会社名を検索するだけでヒットします。不安な点があれば派遣会社の担当者に質問し、就業前に解消しておきましょう。

快適に働ける会社かどうかは口コミサイト「キャリコネ」で調べよう

キャリコネは、62万社以上の企業について、社員の赤裸々な口コミが見られる情報サイトです。残業時間から有給消化率、社風や人間関係、それに給与明細の中身まで、リアルな社内情報が細かく口コミされています。

働いてみないとわからないことも、キャリコネでチェックすれば事前にわかります。たとえ数ヶ月の派遣勤務であっても、ホワイトな環境で働きたいですよね。ぜひキャリコネでよく調べてみてください。

辞めたくなるようなトラブルがあれば派遣元に相談する

次は、就業後に想定されることです。実際に働き始めてみると多かれ少なかれ、さまざまな問題が発生します。やはり最もひどいトラブルが、パワハラやモラハラ、セクハラなどです。

このような状況に陥ってしまった場合は一人で悩みを抱え込まず、すぐに派遣会社に相談をしてください。派遣会社でも長く続けてもらうことが重要なため、いろいろな対策を打ってくれるはずです。

すぐ辞めると自分の損になることを自覚する

働く前に、そして働いていくときの心構えも大切です。派遣会社は、派遣先企業に人材を紹介することで経営が成り立つ仕事です。そのため、多くの派遣会社は派遣社員の教育に経費を掛けて取り組んでいます。

しかし肝心の派遣社員がすぐに辞めてしまうと、それらの労力が無駄になってしまいます。派遣会社としては同じことを繰り返したくないため、その派遣社員には声を掛けなくなるのです。あなたが一時の感情で辞めてしまえば、結果として自分の損になるということを肝に銘じておきましょう。

合わせて読みたい

契約満了日までは頑張れるようカウントダウンする

最後の方法は、我慢することです。これまでの仕事が長続きしなかったということは、残念ながら次も長続きしない可能性が高いでしょう。もちろん、いろいろ努力をしても難しいことがあるからです。

その場合は、契約期間の満了日までカウントダウンをして頑張る努力をしてみましょう。この方法は多くの人が採り入れています。ゴール日=契約期間満了日を設定し、カレンダーで数えていくのです。目標が明確なので意外に効果があります。

自分の意識改革だけでなく派遣会社選びも重要

派遣会社の仕事が長続きしない人は意外に多くいます。その原因は、打たれ弱い、飽きっぽい、責任感がない、プライドが高いなどの自分自身の性格、内的要因も挙げられます。

また、外的要因として派遣会社自体に関する問題も挙げられます。なかには、様々なトラブルを抱えているブラック企業ばかりを紹介してくる派遣会社もあります。この場合は、どんなに自分の意識を改革しても長続きしないのは当然です。

そのため派遣の仕事をする場合は、派遣会社の選び方が非常に重要になるのです。公式ホームページに掲載されている社員ブログやインターネットの口コミなども参考にし、自分にあったベストな派遣会社を選びましょう。

適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧