1. HOME
  2. 転職する方法を探す
  3. 職歴なしで就職は難しい?おすすめの転職サービスも紹介

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

転職する方法を探す

職歴なしで就職は難しい?おすすめの転職サービスも紹介

職歴なしでの就職成功は難しい?

職歴なしだと就職することは難しいのではないかと思っている人も多いでしょう。正社員で働きたいと思っても、就職できないかもしれないと不安になりますよね。

そこで、ここでは職歴なしの人の扱われ方、企業は職歴なしの人をどう思っているのか、職歴なしの人が好印象を与える方法、職歴なしの人が就活をする方法、支援サービスやエージェントを利用した方がいい理由、職歴なしの人が使える転職サービスについてご紹介します。

就職市場で「職歴なし」の人材はどう扱われる?

職歴なしの人が就活をした場合は、どのような扱われ方をするのか気になりますよね。学校を卒業して間もないのであれば新卒として応募できるのか、アルバイト経験はアピールできるのか知りたい人も多いでしょう。

そこで、ここでは職歴なしの人が就活をした場合の扱われ方についてご紹介します。20代であれば職歴なしの未経験でも採用する企業は多いですが、30代以上の場合は事前準備をしっかりとする必要があるでしょう。

20代なら職歴なしでもポテンシャル採用される

不況の影響から若い人を採用してこなかったため、20代の人材が不足している企業も多くあります。20代なら若手とされて新卒の時のようにポテンシャルで採用してくれる企業も多いでしょう。

そのため、職歴なしでも積極的に採用しようとしている企業も多いです。例えば、上場企業でも知名度の無い企業は、新卒の人からの応募が少ないことがあるため、職歴なしでも採用される傾向があります。

30代職歴なしの場合は事前準備をしっかりとする必要がある

20代までであれば、職歴なしでも採用される可能性は高いでしょう。しかし、30代となると若手として採用する企業は少ないでしょう。

そのため、30代の場合は企業のことを調べて事前準備を周到に行う必要があります。書類作成や面接練習などしっかり行うことで、内定に近づくことができます。

例えば、就活セミナーや就活向けの本などで勉強をしておくと良いでしょう。

学歴があれば既卒向けの転職サイトを利用すれば高確率で内定がもらえる

大学や短大、専門学校を卒業して、勉強してきたことを活かせる仕事に応募するのであれば、内定をもらえる可能性があるでしょう。

また、既卒向けの転職サイトを利用することで、一人で就活を行うよりもスムーズに就活を行うことができ、高確率で内定がもらえることがあります。

そして、企業によって職歴なしの人の採用基準には違いがあるため、1社受けてダメだったとしても諦める必要はありません。

卒業から3年以内なら新卒枠で応募できる

学校を卒業してから3年以内であれば、新卒枠で応募することができます。厚生労働省によれば、卒業後3年以内なら60%の企業が、スキル・職歴を問わない新卒枠での応募を受け付けています

つまり、25歳くらいまでは企業側も「未経験が前提」と考える年齢なので、職歴なしでも応募できるのです。

「就活をしなかったのか」「卒業後何をしていたのか」と質問されることが多いので、このような質問に備えておくと良いでしょう。

アルバイト経験があれば有利になる

職歴のない人でも、アルバイトをしていた人は多いのではないでしょうか。そこで、アルバイト経験をアピールすることで有利になることがあります。

アルバイトは職歴にはなりませんが、一定の責任を持って働いたという経験があれば、正社員ではなくでも評価対象になると考える企業が多いです。

特に、アルバイト経験が応募する企業の仕事内容に活かせる内容であればアピールすると良いでしょう。

25歳以上職歴なしの人を受け入れる企業は55%

年齢が若いほど内定をもらいやすいです。そのため、20代であれば職歴なしでも採用される可能性は高いでしょう。

25歳職歴なしの人を受け入れる企業は55%となり、25歳以上になると25%まで減ってしまいます。つまり、25歳くらいであれば職歴なしでも採用されやすいですが、ゆっくりしていられる年齢ではないということでしょう。

採用には年齢制限があるので年齢を重ねると厳しくなる

企業が採用する人材には年齢制限が暗黙の了解として存在します。そのため、職歴なしの人で年齢を重ねると内定をもらうことは厳しくなるでしょう。

例えば、卒業後3年以内の若者は既卒・第二新卒として新卒同様に内定をもらいやすい年齢層として扱われています。

しかし、年齢を重ねると仕事経験やスキルのない職歴なしの人の場合は採用されにくくなるでしょう。

企業は職歴なしの人材をどう思っている?

職歴なしで就活をする場合は、企業は職歴なしの人をどう思っているのか知りたいですよね。また、企業の考え方が分かれば、自分が就活をする際に対策できるでしょう。

そこで、ここでは企業が職歴なしの人をどう思っているのかについてご紹介します。例えば、若い人材を確保したい企業は、職歴なしの人でも積極的に採用するところもあるでしょう。

しかし、企業によってはすぐに辞めてしまうのではないかと思われることもあります。

若い人材を確保したいため既卒でも積極的に採用する

有名で人気のある企業は、新卒の若い人たちがたくさん応募しますが、知名度の低い企業は新卒者はあまり応募しない傾向があります。

そのため、若い人材が少ない企業は既卒でも積極的に採用しようと考える企業も多いです。そのため、職歴なしでも20代前半くらいであれば就職しやすいでしょう。

また、年齢が若いほど未経験でも会社で育てると考える企業も多いため、未経験可の求人も多いです。

すぐに辞めてしまうのではないかと思われる

職歴なしの人は、企業によっては「すぐに辞めてしまうのではないか」と思われることがあります。アルバイト経験も無い人の場合は、「採用しても仕事を続けてくれるだろうか」と不安に思うことがあるでしょう。

また、アルバイト経験がある人の場合は、アルバイトをたくさん変えている場合だと、企業からすれば「仕事をすぐ辞めないだろうか」と思ってしまうことがあります。

教育するのに時間やコストがかかる

職歴なしの人はスキルを持っていないことが多いので、就職してからスキルを身につけることになるでしょう。

そこで、企業側はスキルのない人を会社で育てなくてはいけないので、教育するのに時間やコストがかかると思うことがあります。

また、スキルを身につけるまでに時間がかかるため、年齢を重ねている人ほど内定をもらうのが厳しくなるでしょう。

職歴なしでも企業に好印象を与えるにはどうする?

職歴なしの人は、今までの仕事のアピールをすることができないので不安に思っている人も多いのではないでしょうか。

また、少しでも企業に好印象を与えたいですよね。そこで、ここでは職歴なしでも企業に好印象を与える方法についてご紹介します。

例えば、職歴なしの人はやる気があることをアピールすると良いでしょう。また、応募する会社の業務内容をよく調べて志望動機を練ることが大切です。

やる気のアピールが合否を分ける

職歴なしの人を採用する場合に、企業がもっとも重視するのは「やる気」です。職歴なしで未経験の人の場合は、スキルには期待できないことが多いでしょう。

そのため、どれだけやる気や意欲を見せることができるのかが内定をもらえるカギとなります

また、資格を取得していなくても勉強をしているのであれば「資格取得のために勉強をしている」ということを伝えるだけでも意欲をアピールできるでしょう。

会社の業務内容をよく調べて志望動機を練る

職歴なしでも応募できる会社は、新卒の時に応募できるような有名な企業は少なく、名前も知らなかった企業に応募することも多くなるでしょう。

そのため、応募する会社の業務内容をよく調べて「その会社に入ってどんな仕事がしたいのか」「その仕事には自分のどんな強みを活かせるのか」を考えることが大切です。

よく知らない会社だからこそ、志望動機をしっかり練ると良いでしょう。

面接では企業が採用するリスクを払拭する受け答えをする

職歴なしの人が就職をするために企業に応募した場合は、企業は採用することによるリスクを考えるでしょう。

そのため、職歴なしの人が企業の面接を受ける時は、面接官が抱いているリスクを払拭できる受け答えをすることが大切です。

空白期間に何をしていたのか、なぜ就職したいと思ったのかなど聞かれやすいので、あらかじめ準備しておくと良いでしょう。

職歴なしで就活をするにはどうする?

職歴なしで正社員として働きたいと思っても、新卒と同じように就活をしてもうまくいかないことがあるでしょう。

職歴なしの人が就活をする場合は、職歴なしの人向けの転職をする必要があります。そこで、ここでは職歴なしで就活をする方法についてご紹介します。

例えば、アルバイト経験で活かせることがあればアピールしたり、新卒向けの転職サイトではなく既卒向けの転職サイトを利用したりすると良いでしょう。

既卒向けの求人を受ければ内定率は80%以上

職歴なしの人が就活をする場合は、既卒向けの求人を受けると良いでしょう。既卒向けの求人を受けることで、職歴なしも不利になることはなく高い確率で正社員になることができます

新卒向けの求人にも既卒が応募することもできますが、既卒向けの求人に応募した方が就職率は高くなるでしょう。

企業側も、既卒の採用意欲が高いので内定率も非常に高く、職歴なしや実務経験を問わず応募することができます。

大学卒業後3年以内なら新卒向けの求人も受ける

厚生労働省の通達によって、既卒3年以内であれば新卒扱いで採用選考をするようにと言われています。そのため、大学を卒業してから3年以内であれば新卒枠の求人も受けることができるのです。

新卒枠で応募しても、メインターゲットは新卒なので内定率は低くなるでしょう。しかし、新卒向けに出されている求人は魅力的なものが多いので、卒業から3年以内の人は新卒向けの求人にも目を向けてみると良いです。

ニート期間が長い場合はインターンをする

卒業してからニートだった期間が1年以上と長い場合は、企業の面接の際に詳しく聞かれることが多いでしょう。

そのため、ニート期間が長い場合はインターンをすることがおすすめです。面接の際に、卒業後どう過ごしていたか聞かれた時にただ「ニートをしていました」と答えるよりも、インターンを自発的に始めたことを言うことでマイナスを払拭できるでしょう。

できるだけ早く行動を開始する

職歴なしの人が就職をするためには、「始めようと思った時にすぐ始める」ことが大切です。既卒の採用は通年採用なので、年中通して内定をもらうことができます。

そのため、どの時期に就活をすると良いと言うものはないため、思い立ったその時に行動すると良いでしょう。

例えば、職歴なしの人は就活で有利になるために資格を取得しようと思う人も多いですが、資格を取ってから就活をしようと先送りにするのもよくありません。

アルバイト経験があれば職歴に書く

職歴なしの人でも、アルバイトをしている人や、アルバイトをしたことのある人は多いのではないでしょうか。

そこで、アルバイト経験のある人は職歴に書くと良いでしょう。特に、応募する企業に役立ちそうなアルバイトを選んで書くことで有利になることがあります

正社員で採用された場合でも、最初の数ヶ月から数年はアルバイトと同じ仕事内容であることがあるので、企業側からすれば価値があると思ってくれるでしょう。

アルバイト経験を活かせることをアピールする

職歴なしの人でもアルバイトをしたことのある人は、今までやってきたアルバイトを活かして企業にどのように役に立てるのか、企業にとってどんなメリットがあるのかを、応募書類に書くと良いでしょう。

アルバイトの中で達成したことや、身につけたスキルなど細かいことでもいいのでしっかり書いておきます。

そして、学生時代に勉強したことで企業に役立ちそうなことがあれば書くことで有利になることがあるでしょう。

新卒向けの就職サイトは使わない

職歴なしの人が就活をする際は、転職サイトを利用することでスムーズに就活ができるでしょう。そこで、転職サイトは新卒用の転職サイトや新卒向けの求人は使わないことがおすすめです。

新卒向けの求人に応募すると、企業の説明会や面接で新卒向けの質問をされたり、新卒以外には興味を持ってもらえなかったりすることがあるため、職歴なしの人が内定をもらうことは厳しくなってしまうでしょう。

職歴なしが不利にならない就職支援サービスを使う

就職支援サービスによっては、社会人経験がある人を前提にした求人も多いため、職歴なしの人が応募しても不利になってしまうことがあります。

そのため、職歴なしで就職を目指す場合は、「未経験の人を対象にした就職支援サービス」を使うことがおすすめです。

キャリアアドバイザーが面接のアドバイスをしてくれたり、職歴なしでも応募できる求人を紹介してくれたりします。

資格や学歴よりも行動が大事

職歴なしの人が正社員として就職したいと思った時に、「まずは資格や学歴が大事」と考える人も多いです。

そのため、就活を始める前に資格の勉強から始めてしまうケースが多いですが、実際は資格や学歴よりも行動が大事と言えるでしょう。

資格を取得していれば有利になる場合もありますが、それよりも年齢がネックになることがあるのでなるべく早く行動を始めることが重要です。

派遣社員という選択肢も考えておく

職歴なしで就職したいと思っている人は、正社員にこだわっている人も多いのではないでしょうか。しかし、正社員にこだわるのではなく、派遣社員という選択肢も考えておくことがおすすめです。

職歴なしの場合は、派遣社員であれば正社員よりも就職しやすいことが多いです。また、未経験でも採用される求人が多いため、スキルがなくても安心して応募できるでしょう。

ハローワークにはブラック企業も含まれているので注意する

就職しようと思った時に、ハローワークを利用することを検討する人も多いでしょう。しかし、ハローワークは企業が掲載費を無料で載せているため、中にはブラック企業などの質の悪い求人もあります。

そのため、ハローワークを利用する場合は求人情報をよく見て、ブラック企業ではないか判断することが大切です。

ハローワークは、担当者がついて多くの求人から自分が希望する求人を探してくれるため、活用すると良いでしょう。

視野を広げて就職先を選ぶ

就職をする時は、ある程度希望する業界が決まっている人が多いのではないでしょうか。

例えば、「飲食業界は忙しそう」「営業はノルマが厳しそう」など、就職先によってイメージがあるでしょう。

しかし、このような固定観念を持って就職先を選ぶとチャンスを逃してしまうことがあります。そのため、就職先を選ぶ時は視野を広げて自分が興味のなかった業界にも目を向けてみると良いでしょう。

フリーターや無職であった理由を説明できるようにしておく

職歴なしで就活をする人は、フリーターをして働いていたり、無職であったりするでしょう。そして、職歴なしの人が就活をする場合は、必ずと言っていいほどフリーターや無職である理由を聞かれます。

企業側は、理由を聞いてその人が「長期的に働いてくれるのか」「やる気を持って働く人なのか」を判断します。

そのため、就活をする時はフリーターや無職である理由を説明できるようにしておくと良いでしょう。

自己分析をしておく

職歴なしで就活をする人は、持っているスキルが無いため、何をアピールすればいいのか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

そこで、まずは自己分析をすることがおすすめです。例えば自分の性格や特性、興味のあること、得意なこと、今まで頑張ったことなどを振り返りましょう

そうすることで、自分に何ができるのか、自分の強みは何なのかわかるようになります。

自分が応募する企業が求めていることを理解する

就活をする時は、企業が求めていることを理解することが重要です。企業側は、人柄や価値観、今後の可能性、意欲、マナーなどに注目しています。

以上のことを踏まえてその会社で自分が活躍できそうか、その会社の社風と合っているのかを判断すると良いでしょう。

自分の強みやアピールできるポイントをもとにして、企業が求めることと合っているか確認することが大切です。

履歴書や経歴書をしっかり準備しておく

職歴なしの人は、アピールできる仕事経験やスキルが無いことが多いため、履歴書や経歴書でアピールすることが大切です。

そこで、履歴書や経歴書をしっかり準備して、自分をアピールすると良いでしょう。アルバイト経験も経歴書に書き、応募する企業に活かせる経験やスキルがあれば詳しく記入します。

これまでの経歴をアピールできる履歴書や経歴書を準備しておくことが重要でしょう。

身だしなみをきちんとして面接に向かう

どんな仕事をするにしても、「人と会う」ことは共通しているでしょう。そのため、身だしなみをきちんとして面接に向かうことが大切です。

基本的なことですが、資格の勉強をしていたり、応募する企業について調べていたりすると、面接の際の身だしなみが疎かになってしまうことがあります。

第一印象が清潔感のない人だと印象が悪いので、身だしなみや表情、声の抑揚にも注意すると良いでしょう。

支援サービスやエージェントを使ったほうがいい理由は?

就職や転職をする場合は、支援サービスやエージェントを利用する人が多いでしょう。特に職歴のない人は、支援サービスやエージェントを利用することがおすすめです。

では、職歴なしの人は、なぜ支援サービスやエージェントを利用した方がいいのでしょうか。そこで、ここでは支援サービスやエージェントを使った方がいい理由についてご紹介します。

既卒者向けの転職エージェントを利用すれば内定に近づける

職歴なしの人は既卒向けの転職エージェントを利用することがおすすめです。転職エージェントは、エージェントが相談に乗ってくれるため、一人で就活をするよりもより内定に近づくことができるでしょう。

また、新卒向けや転職向けの転職エージェントを利用しても、職歴なしの人が応募できる求人は少ないです。

そのため、職歴なしの既卒者を対象にしている転職支援サービスを選ぶことが重要でしょう。

職歴なしは悩みも多いからこそ支援が必要

職歴なしの人は、就活をしても不採用が続いてしまうことが多いでしょう。また、新卒のように周りに同じような環境の人がたくさんいるわけではないため、就活でストレスや悩みを抱えることが多いはずです。

職歴なしの人はストレスや悩みが多いからこそ、支援サービスやエージェントを利用することで相談することができます

キャリアアドバイザーに話をするだけで気持ちが軽くなり、今後の対策も練りやすくなるでしょう。

職歴なし既卒の就職のプロの意見を聞くことができる

中途採用で転職を希望している人に比べると、職歴なしの人はどうしてもアピールできる部分や持っているスキルが少ないことが多いでしょう。

そのため、職歴なしの人が就活をする場合は、履歴書や職務経歴書などの応募書類や面接に入念な準備をする必要があります

そこで、支援サービスやエージェントを利用することで就職のプロの意見を聞くことができるため、採用過程に対する具体的な対策をとることができるでしょう。

支援サービスで良い担当者に出会えれば丁寧に対応してくれる

職歴なしの人は、国が運営する機関を利用したり、転職エージェントを利用することがおすすめです。

支援サービスやエージェントを利用することで、担当者がついてくれるので自分の希望する求人を見つけやすいでしょう。

また、いい担当者に出会うことができれば、丁寧な対応にも期待できます。そして、職業訓練校も使えるので選択肢に入れておくと良いでしょう。

転職エージェントが企業人事の不安を解消するために動いてくれる

転職エージェントを利用することで、エージェントが一人一人の相談に乗り、不安を解消するために動いてくれます

そのため、一人で就活をするよりも疑問点や不安を解消しながら就活を進めることができるでしょう。また、絶対に就職活動に失敗したくないと思っている方や、就職活動に不安があるという方は転職エージェントを利用することがおすすめです。

職歴なしでも使える転職サービス

職歴なしの人が正社員として働きたいと思った場合は、就職サイトを利用することでスムーズに仕事が見つかるでしょう。

しかし、新卒向けの就職サイトが多かったり、既卒でも使える就職サイトでも新卒向けの求人が多かったりすることがあります

そこで、ここでは職歴なしでも使える転職サービスについてご紹介します。職歴なしで就職したいと思っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

ウズキャリ既卒

ウズキャリ既卒は、「他者の20倍サポートに時間をかける」ことをコンセプトにしているため、非常に充実したサポートを受けることができます

また、離職率の高い会社は紹介せず、キャリアを積み上げられる会社を紹介してくれるので安心して応募することができるでしょう。

そして、他の就職サービスではカウンセラーが強引に進めることがありますが、ウズキャリ既卒ではしっかりと対話してカウンセリングしてくれます。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、老舗の総合転職エージェントで保有する求人数が強みの就職サイトです。他の転職サイトと比べると求人の質や量が圧倒的なので、自分の希望する業界の求人が見つかりやすいでしょう。

また、職歴なしや年齢を重ねている人でも求人が見つかりやすいというメリットがあります。そして、リクルートエージェントには面接の質問例や対策のデータがたくさんあるため、内定をもらうための面接対策は質が高いです。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、20代向けの中小企業を中心に企業数を大きく増やしている転職エージェントです。

30代以上となると少し物足りなく感じる場合もありますが、20代であれば職歴なしでもサポートが充実しているので内定をもらいやすいでしょう。

そして、一人一人のことをしっかり分析した上で求人を紹介してくれたり、面接対策をしたりなど、熱意のあるサポートをしてくれます。

サポステ(地域若者サポートステーション)

サポステは、職歴なしの人やニートの人、引きこもりの人を支援する機関です。職歴のない人はいきなり就職をするのは難しいですが、サポステを利用することで就職に繋がる道を示してくれます

また、サポステにはニート状態で働けない人や、引きこもりから脱出しようとしている人、アルバイトをしているけれど正社員として働きたいと思っている人など、自分と同じような境遇の人が多いので安心できるでしょう。

ジョブカフェ(若年者就職支援センター)

ジョブカフェは、若い無職者やフリーターの人の就業安定のために設立された施設です。また、ジョブカフェは各地方自治体が運営しているため、ハローワークでは見つけることができない地元密着型の求人を見つけることができるでしょう。

そのため、地元で就職したいと思っている方や、地元のメーカーで働きたいと思っている人にはおすすめです。

職歴なしでの就活はプロの手を借りるのが得策

ここでは、職歴なしの人の扱われ方、企業は職歴なしの人をどう思っているのか、職歴なしの人が好印象を与える方法、職歴なしの人が就活をする方法、支援サービスやエージェントを利用した方がいい理由、職歴なしの人が使える転職サービスについてご紹介しました。

職歴なしの人が就職をする場合は、支援サービスやエージェントを利用してプロの手を借りることでスムーズに就活できるのでおすすめです。

ランキング

記事一覧