「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 就職できない理由とは?書類選考や面接を通過する方法について
仕事の悩み

就職できない理由とは?書類選考や面接を通過する方法について

周りが内定しても自分だけ就職できないのはなぜ?

周りの人たちが内定をもらっていると、自分だけ就職先が決まっていないことに焦ってしまう事があるでしょう。

では、なかなか就職できないのはなぜなのでしょうか。そこで、ここでは就職できない理由、書類選考を通過する方法、面接で合格する方法、学生と既卒が今から就職する方法、就職しないで生きていく方法についてご紹介します。

就職先が決まらずに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

就職できないのは就活の要領が悪いから?

昨今では、非正規として働く人たちが増えています。この背景には就職難という現状がありますが、一方で、自分自身で就職できない状況にしている場合もあるでしょう。

そこで、ここでは要領が悪く就職できない場合についてご紹介します。例えば、大手・有名企業だけに絞って受けている場合や、間違った書類の書き方や面接対策をしている場合は、就職できない原因になっている事があるでしょう。

就職活動に出遅れているから

新卒の採用活動では、多くの企業が同じタイミングでスタートします。そして、10月1日に内定式を迎える企業が多いでしょう。

また、企業はエントリーや書類提出の締め切りを設けているため、就活に出遅れてしまうと選べる企業の選択肢が少なくなってしまいます

そのため、就活をする際はなるべく早いうちに行動をすることがおすすめです。

大手・有名企業ばかり受けているから

大手企業や有名企業は新卒の人に人気があります。中には、大手や有名企業ばかり受けている人もいるでしょう。

これらの人気企業では、応募者が殺到するため内定できる可能性は低くなってしまいます。そのため、結果的には就活を頑張ってもなかなか内定がもらえないということがあるでしょう。

大手が自分にとって良い企業なのか、自分の実力が発揮できる企業は他にもないのかをよく考える事が大切です。

間違った書類の書き方・面接対策をしているから

企業のニーズにマッチしない志望動機を書いたり、独りよがりで的外れなアピールをしたりしている場合は、企業側は「本当にこの会社で働きたいと思っていないのではないか」と思われてしまう事があります。

企業に応募する際は、自分の長所を伝えて、その長所を活かしてどのように会社に貢献することができるのかをアピールすることが大切です。

受ける企業を選ぶ時に視野が狭くなっているから

受けている企業が、誰もが聞いたことのある名前の企業だったり、自分が向いている業種を絞りすぎていたりする場合は、視野が狭くなっている可能性があります。

自分が知らない企業や興味のなかった業界にも、実は自分に合った企業や業種があるかもしれません。また、就活ではたくさんの企業に応募することが大切なので、幅広い業界で企業をリサーチすると良いでしょう。

就職できないのは履歴書に魅力がないから?

就活をする場合は、履歴書や職務経歴書などの書類選考を経て、面接に進むのが一般的です。しかし、履歴書や職務経歴書などの書類選考で落とされる場合は、もしかしたら企業が魅力的だと思う履歴書ができていないからかもしれません。

そこで、ここでは書類選考に通るような魅力的な履歴書・職務経歴書についてご紹介します。受賞歴や資格を記載する際は、具体的に記載して自分がアピールしたいことを伝えましょう。

履歴書や職務経歴書と面接の内容に一貫性がないから

就活における採用選考では、基本的には履歴書・職務経歴書などの書類選考と、面接による選考を行っています。

そこで、履歴書と職務経歴書の内容と、面接の内容に一貫性を持たせる必要があるでしょう。会社で働くにあたって、コミュニケーション能力などのスキルも大切ですが、その人が信頼できる人物かどうかという点も重要なポイントとなります。

受賞歴や資格を記載していても相手に伝わっていないから

履歴書や職務経歴書には、賞を受賞していたり資格を取得している場合には記載する必要があるでしょう。しかし、ただ賞や資格の名称を書くだけでは、どのような人がもらえる賞なのか、どのような内容の資格なのか分からないことがあります。

そのため、受賞歴や資格を記載するする場合は、なるべく具体的に記載して相手に伝わるように書くと良いでしょう。

志望動機の内容が自己中心的な印象を与えているから

就活をする際は、志望動機を履歴書に書くことも多いでしょう。そこで、志望動機の内容が自分の希望や要望のみだと、面接官に自己中心的な印象を与えてしまうことがあります。

採用する側は、「なぜこの会社に応募したのか」「この会社に入ってどのように働きたいのか」を知りたいのです。

そのため、志望動機では「この会社に入りたい」という熱意が伝わるようにポジティブな内容にすると良いでしょう。

就職できないのは自分に問題があるから?

就活がうまくいかず、なかなか就職が決まらない場合は自分に問題がある可能性もあります。例えば、面接の基本的なマナーができていなかったり、面接でマニュアル通りの回答をしていたりすると、就職できない原因になっている事があるでしょう。

そこで、ここでは就職できない原因についてご紹介します。就職できずに悩んでいる方は、まずは原因を探って改善していくことが大切です。

面接の基本的なマナーができていないから

面接は、就活において重要な関門と言えるでしょう。また、面接では中身だけではなく、外見も大切です。

例えば、シワのあるスーツや明るい色の染髪など、身だしなみを整えないまま面接に行った場合は、企業からだらしないという印象を持たれてしまうでしょう。

面接官に好印象を持ってもらえるように、基本的なマナーを知ってから面接に挑むことがおすすめです。

マニュアル通りの回答をしているから

就活をしている人は、面接で志望動機などを聞かれた時になるべく良い回答をしようと思う人が多いのではないでしょうか。

そこで、就活に関する本を読んだり、Webサイトで志望動機や自己PRの例文を読んだりすることもあるでしょう。

しかし、面接でマニュアル通りの回答をしていると、企業側は本心からではない回答だと説得力を感じられず、深い質問をされたときに嘘だとわかってしまいます

自己分析ができていないから

就活をする上で、自分自身について分析をすることは重要なことです。しかし、自己分析が不十分なまま有名な企業や人気のある企業に応募しても、なかなか内定をもらうことはできないでしょう。

まずは、自己分析をして自分を理解することで、自分のやりたいことや強みが見えてきます。そして、自分に合った企業を見つけるきっかけになるでしょう。

企業研究ができていないから

就職をするときは、志望動機や自己PRが重要です。そして、志望動機や自己PRを充実させるためには企業研究を入念に行う必要があるでしょう。

企業研究ができていれば、企業に本当にこの会社に入りたいと思わせるような志望動機や自己PRを考える事ができます。企業からすれば、何人もの応募者に対応しているので、ありきたりな内容では記憶に残らないでしょう。

自分に合った企業を受けていないから

自己分析や企業研究を十分に行なっていないと、自分に合っていない企業を受けてしまったり、自分の強みを活かせない企業を受けてしまったりすることがあるでしょう。

この企業に就職して、こんな風に働きたいという強い気持ちがなければ企業側に響かず、内定をもらうことはできません。

そのため、志望動機や自己PRの内容に具体性を持たせるために自分に合った企業を探すことが大切です。

面接で自然な受け答えができないから

就職の内定が決まる面接では、緊張してしまう人は多いでしょう。適度な緊張であれば良いですが、緊張しすぎてしまうと面接で自然な受け答えができなくなってしまったり、本来の自分らしさを発揮できなかったりすることがあります。

緊張して頭が真っ白になってしまわないように、「緊張しても大丈夫」「緊張して当然」と自分を肯定してあげると良いでしょう。

将来やりたい事が見つからないから

自分が将来何がしたいかよく分からなかったり、自分のやりたいことが見つからないと、どんな仕事を選べばいいか迷ってしまうでしょう。

また、自分は何に興味があるのか分からないと、就職したいと思っていてもどの業界に絞ればいいのか分からないですよね。

そこで、自分が働くことで何を得たいのか、どんなことに貢献することができるのかを自分と向き合って考えることが大事です。

軸がブレていて一貫性がないから

自分が具体的にどんな仕事に就きたいのか、どんな働き方を希望するのかという軸がブレている人は、応募する会社が決められません。

そして、一貫性がなくなってしまい志望動機が明確にならないため、面接のときにアピールできなくなってしまいます。

そのためには、自分を見つめ直してどのように仕事をしていきたいのかを明確にすると良いでしょう。

書類選考を通過する人になるにはどうすればいい?

就活は、書類選考を通過して面接に合格するという流れが一般的です。そのため、まずは企業の書類選考を通過する事が第一目標となるでしょう。

では、書類選考を通過する人になるにはどうすればいいのでしょうか。そこで、ここでは書類選考を通過する方法についてご紹介します。

例えば、自分と向き合う時間を作って自分のアピールポイントを探したり、志望動機に合う企業なのかを事前に企業研究する事が大切です。

自分と向き合う時間を作って自分のアピールポイントを探す

内定をもらうためには、まずは書類選考に通過する必要があります。そこで、自分と向き合って自分のアピールポイントを探すことが大切です。

例えば、今まで自分がどのようなものに興味を持ったのか、何を大切にしているのかを洗い出しましょう。

自己分析をして自分が過去に頑張ったことや、何が自分のモチベーションとなるのかなどを見つけることで、厚みのある志望動機や自己PRを作ることができるでしょう。

無料で使える支援サービスを使う

自己分析を行ったり、履歴書や職務経歴書を充実させたりすることは一人だけで行うのは難しいことがあるでしょう。

そこで、無料で使える支援サービスを利用することがおすすめです。就職支援をしてくれるサービスを利用することで、一緒に自己分析を行ってくれたり、自分に合った会社をピックアップしてくれるでしょう。

また、一人では気付けなかった自分のアピールポイントが見つかることもあります

志望動機に合う企業なのかを事前に企業研究する

なかなか就職できないと、「とりあえずどこかに就職しなければ」と焦る気持ちになることがあるでしょう。

しかし、焦ってたくさんの企業に応募してしまうと、応募先の企業が実際にどんな企業なのかわかっていないことがあります。

闇雲に応募しても、企業研究がしっかりできなくなってしまうので、応募する企業が自分の志望動機に合う企業なのかを事前に企業研究することが大切です。

自分の過去の経験と結びついた実体験を書く

就活をする際は、履歴書や職務経歴書に自己PRや自分の長所・短所を書くことが多いでしょう。そこで、自己PRや長所・短所は自分の過去の経験と結びついた実体験を書くことが大切です。

新卒や既卒で就活をする人は、正社員として働いた経験がないため、今まで自分が熱中してきたことや、頑張ったことの成果が根拠となるでしょう。

そのため、今までの体験を自分の言葉で表現することで、面接官の目を留めることができるはずです。

自身のビジョンと会社の将来性が結びついているか確認する

新卒や既卒などの若い人を採用する際は、未経験でもポテンシャル採用されることも多いです。それは、企業が採用した人の成長や将来性に期待したからと言えるでしょう。

つまり、採用した側には会社の将来を担ってほしいという気持ちがあります。そのため、自分のビジョンと応募する企業の将来性が結びついているか確認することが大切です。

面接で合格する人になるにはどうすればいい?

就職するには、その企業の面接に合格する必要があります。しかし、何回も面接に落ちていると、なぜ面接に落ちているのか不安になったり、悩んだりすることがあるでしょう。

では、面接に合格する人になるにはどうすればいいのでしょうか。そこで、ここでは面接で合格する人になる方法についてご紹介します。

例えば、第一印象を良くしたり、自分のアピールポイントを知ったりする事が大切です。

企業側に第一印象が良いと思ってもらう

面接の際に志望動機や自己PRを充実させて企業側の目に留まるようにすることは大切ですが、外見で良い印象を与えることも重要です。

人の印象は第一印象で決まるとも言われているため、就職活動をするのにふさわしい身だしなみにしましょう。

また、ハキハキと話したり、笑顔で話しをすることで好印象を与えることができます。このように、面接の際には話す内容と同じくらい外見にも気を使いましょう

目的意識を持って行動している

自分をしっかり持っていて、自分のどんな強みを生かしてどんな仕事をしたいのか、はっきり決まっている人は面接で緊張したりしてもぶれることなく自分をアピールすることができるでしょう。

自分の目的がはっきりしていない人は、関連性のない企業をたくさん受けると企業に合わせて自分の志望動機がブレてしまうので避けた方が良いです。

目的意識を持って行動することで、芯のある自分をアピールすることができるでしょう。

アドバイスや指摘されたことを素直に受け入れる

就活をする上で、学校や支援サービス、転職エージェントなどを利用することがあるでしょう。そこで、アドバイスされたことや指摘されたことを素直に受け入れることができる人ほど、自分自身が成長することができます

また、面接の際にも「でも」「いや」など否定の言葉のなるべく使わないようにすることで好印象を与えることができるでしょう。

自分のアピールポイントを知っている

内定をもらうことができる人は、自分の強みと弱みを知っていて、自分が企業にとって何ができるかを分析できている人です。

また、面接では自分の強みだけ述べるのではなく、強みとなる根拠やエピソードも伝えることでより伝わりやすくなるでしょう。

自分のアピールポイントを知ることで、自分の魅力を相手にうまく伝えることができます。

面接準備を入念にして面接練習をしている

面接のときに緊張してしまう人は多いでしょう。しかし、面接対策や練習を重ねることで、自信に繋がるため極度に緊張することは少なくなります。

面接の対策をせずに挑むよりも、面接の準備をして入念に面接練習をすることで自分の本領を発揮できるでしょう。

そのため、面接にはぶっつけ本番で挑むのではなく、しっかりと準備をすることが大切です。

企業ごとに面接の対策をしている

面接では必ず志望動機と自己PRを聞かれるでしょう。そこで、他の企業でも同じことが言えるような内容ではなく、企業ごとに変える必要があります。

「この会社だからこそ」の理由を求めているため、面接を受ける企業ごとに対策をすることが大切でしょう。

企業がどんな人材を求めているのかを調べて、自分がその企業にとってどんなメリットがあるのかを考えてアピールすると良いです。

OBOG訪問・インターンなどを行なっている

OBOG訪問とは、気になる企業の見学をすることです。実際にその会社で働いている先輩から話を聞けるため、社内の雰囲気を感じ取れるでしょう。

また、スタッフが働いている姿を見ることで、ここで自分が働いている様子をイメージしやすいです。そして、その企業の面接に行ったときに、OBOG訪問やインターンなどを行なっていると、それだけ会社に興味を持って知ろうとしてくれると思ってくれるでしょう。

内定をゴールにしていない

内定が取れる人は、内定をゴールにしていない人が多いです。つまり、自分がこの会社に入ったあとにどんな仕事がしたいのか、5年後や10年後どんな社会人になっていたいのかを明確にしています。

長期的なプランを考えることで、面接の際の志望動機にも説得力が出てくるでしょう。面接で企業側も、具体的で長期的な計画を見据えていることで魅力的な人材だと思ってくれる可能性が高いです。

今からでも就職するために・学生編

学生で就活をしている人は、周りにも同じように就活をしている人が多いでしょう。そして、周りの人たちがどんどん就職が決まってくると焦る気持ちにもなるのではないでしょうか。

しかし、学生であれば新卒としてスキルや資格が無くても応募できる企業はたくさんあります。では、学生が今からでも就職をするためにはどうしたらいいのでしょうか。

そこで、ここでは学生が就職する方法についてご紹介します。

面接で失敗した原因を分析する

面接に落ちてしまったら落ち込んだり、ショックを受けたりするでしょう。しかし、就活で内定をもらうことのできる人は、面接で失敗してしまった時に落ち込むだけではなく、失敗した原因を分析します

履歴書の内容や、面接のときの自己PRは適切だったのか、企業分析は十分だったのかを確認しましょう。

失敗しても諦めずに改善点を見つけて、また挑戦する気持ちが大切です。

給料だけで就職する企業を決めない

就職したいと思う企業を給料だけで決めることはおすすめできません。新卒で就活をする場合は、応募できる企業が多いため、中には給料を多くもらえる企業もあるでしょう。

しかし、自分がやりたくない仕事や興味のない仕事を毎日、何年も続けることは辛いですよね。もし、給料の高い企業の仕事内容が自分のやりたい仕事である場合は良いでしょう。

お金だけが就職を決める要因にはならないということを覚えておくことが大切です。

有名企業や人気企業は自分のやりたい事ができない可能性がある

新卒で就活をする場合は、周りの人たちは有名企業や人気企業に応募する人が多いのではないでしょうか。総合商社やメガバンク、航空業界などの超マンモス企業は新卒者から人気があります。

しかし、こういった長く続いている企業は昔ながらの縦社会であり、学歴社会であることが多いです。

そのため、自分のやりたい仕事ができないことが多く、自分の好きなように働きたいという思いが強い人は不満に思う可能性があるでしょう。

今からでも就職するために・既卒編

既卒の人は、学校を卒業してから3年程度であれば新卒枠として応募できる企業もあります。しかし、既卒で応募しても、新卒の方が有利になることがあるでしょう。

そのため、既卒の人は新卒の人とは違った就活の対策をする必要があります。そこで、ここでは既卒の人が今から就職する方法についてご紹介します。

既卒になった理由は必ずと言っていいほど聞かれるので、しっかりと語れるようにすると良いでしょう。

既卒になった理由をしっかりと語れるようにする

既卒の人が企業の面接に行った場合は、必ずと言っていいほど「なぜ既卒になったのか」という質問をされるでしょう。

そこで、「なぜ今まで就職しなかったのか」という理由についてうまく説明ができないと、内定をもらえる可能性は低くなってしまうでしょう。

そこで、今までの人生経験をポジティブに伝えて、自分がこの会社に入って何をしたいのかをアピールすると良いです。

企業ごとに分析をして対策をする

就活をする際は、複数の企業の面接を受けるのが一般的でしょう。そこで、企業研究などの分析は企業ごとに行って対策をすることがポイントです。

企業ごとに求める人材は異なるため、それに合わせて志望動機や自己PRを考える必要があるでしょう。

また、どの企業にも当てはまるような内容の志望動機や自己PRを書けば楽ですが、薄い仕上がりになってしまうので辞めた方が良いです。

就職後のことも視野に入れている

すぐに内定をもらう人は、企業から内定をもらうことがゴールではなく就職後のことも視野に入れている人が多いです。

入社した後で、どのように働きたいと思っているのか、3年後、5年後にどのようにスキルアップしたいのかなど、将来のビジョンが明確になっています

そのため、面接の際にも自信を持って、深い志望動機を答えることができるため企業側からも魅力的な人材だと思ってくれるでしょう。

それでも就職できなかったらどうする?

就活をしていても、なかなか就職先が決まらずに不安に思うこともあるでしょう。では、就職できなかった場合はどのような道があるのでしょうか。

そこで、ここでは就職しないて生きていく方法についてご紹介します。例えば、アルバイトをしてフリーターとして働く方法があるでしょう。

他にも、スキルを身につけてフリーランスとして働いたり、自分で新しいサービスを作って起業したりする方法があります。

アルバイトをしてフリーターとして働く

正社員としてではなく、アルバイトをしてフリーターとして働くという方法があります。就活をするよりも、職につくまでのハードルは低いでしょう。

また、賃金や待遇では正社員よりも劣る場合が多いですが、週5日・フルタイムで勤務をすることで正社員と同じくらいの給料になることがあります

また、半年以上働くなどの条件を満たすことで、社会保険や厚生年金に加入できることがあるでしょう。

フリーランスとして働く

就職せずに、フリーランスとして働くことを検討する人も多いでしょう。しかし、フリーランスとして働くには、一人でお金を稼ぐことのできるスキルが必要となります。

そのため、スキルがない状態でいきなりフリーランスになるのはハードルが高いと言えるでしょう。また、フリーランスは自分で仕事を見つけて受注しなくてはいけません。

そのため、スキルを身につけてからフリーランスを目指すのも良いでしょう。

自分でサービスを作って起業をする

自分でオリジナルのサービスや製品を作って起業をするという方法もあるでしょう。起業をすることは、昔に比べるとハードルが下がりましたが、世の中のトレンドや人々のニーズを読んで企業をすることはとても難しいです。

もしお金を稼ぐことができなければ廃業してしまう恐れもあるでしょう。しかし、起業に成功すれば得られる収入も大きくなり、自分が作ったサービスが世の中の人の役に立っているという実感も感じられます

就職できなければ希望のランクを落としていくことも大切

ここでは、就職できない理由、書類選考を通過する方法、面接で合格する方法、学生と既卒が今から就職する方法、就職しないで生きていく方法についてご紹介しました。

就職できないと焦ることもありますが、自分のやりたいことをブレずに通す事が大切です。また、なかなか就職先が決まらない場合は希望のランクを落として、視野を広げて就職先を決めるのも良いでしょう。

適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧