「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 転職する方法を探す
  3. 40代で転職を成功させるには?転職を考える理由やメリットとは
転職する方法を探す

40代で転職を成功させるには?転職を考える理由やメリットとは

40代での転職を成功させるにはどうする?

40代で転職を考えている人は、面接ではどんなことを話せばいいのか、どんな転職理由であれば納得してもらえるのか不安に思っている人も多いのではないでしょうか。

そこで、ここでは40代で転職を考える理由や、転職するメリット・デメリット、転職する注意点、企業が40代の人を採用するときに気にすること、未経験業種に転職する場合の注意点、40代の人におすすめの転職エージェントについてご紹介します。

40代で転職を考える理由とは?

一般的な40代の転職を希望する人は、どのような理由で転職を考えているのか気になる人もいるのではないでしょうか。

そこで、ここでは40代で転職を考える理由についてご紹介します。他の人がどのような理由で転職を考えているのかを知ることで、自分は本当に転職をするべきなのか、今すぐに転職活動を始めることはやめた方がいいのか判断できるでしょう。

評価制度に対して不満があったから

今の仕事の評価制度に対して不満があるため、転職したいと思う人も多いです。例えば、支社に異動になった際に、支社で成果を上げたのにいつまでも本社に戻れなかったり、毎年業績を上げているのに給料が上がらなかったりするなどの不満です。

自分がもっと評価されるべきだと感じ、別の会社で働いてしっかりと自分を評価されたいと思ったことがきっかけで転職を考える人も多いでしょう。

経営方針や労働環境の変化についていけなかったから

勤めていた会社が業績悪化したことによって給与が下がってしまったり、有給などの待遇が悪くなってしまったりすることもあるでしょう。

また、会社が他社に統合された結果、経営方針に納得できなくなってしまうこともあるはずです。このように、会社の業績悪化や経営方針の変化についていけなくなってしまい、転職を考えることもあるでしょう。

自分や家庭の都合で働き方を変える必要が出てきたから

親の介護をすることになり、地元に帰らなくてはいけなくなってしまうこともあるでしょう。

また、自分の健康状態が悪くなってしまい、今までのように働くことができなくなる可能性もあります。このように、自分や家族の健康状態の変化によって働き方を変える必要が出てきたため、転職することを考えている人も多いでしょう。

今の仕事を辞めざるを得ない状況になったため転職をしようと考える人もいます。

働き方やキャリアプランに対する希望が変わったから

例えば、ベンチャー企業が掲げる理念に感銘を受けたため、今の仕事を辞めてベンチャー企業で働きたいと思うこともあるでしょう。

また、地元に帰って家業を継ぐことにしたという場合もあると思います。自分の働き方や、キャリアプランに対する希望が変わったため転職をしたいと思うことがあるでしょう。

40代で未経験の職種に転職したいと考えている場合は、20代や30代よりも転職が難しくなる傾向があるので注意が必要です。

労働時間を改善して自分の時間を持ちたいから

残業時間が長いため、自分の時間を持てないため転職したいと思う人も多いでしょう。また、コンプライアンスの導入によって残業代をカットされるようになったため、残業代が出る職場に転職したいと思う人もいます。

自分のスキルを生かすことで、今の仕事よりも好条件を得ることができるでしょう。また、業績の伸びている会社に転職することで、労働時間を短くして所得をあげることもできます。

契約期間の満了を迎えたから

40代になると早期退職もあり得るでしょう。また、契約期間が満了を迎えたため転職をしなくてはいけないという人もいます。

例えば、40代になってから早期退職を命じられる可能性もあります。退職金をもらえるからと退職してから転職しようと思っても、思った以上に再就職先が決まるまでに期間がかかることもあるので、しっかりと検討することがおすすめです。

会社都合で雇用を失ってしまったから

会社都合によって雇用を失ってしまうこともあるでしょう。中には、雇用を失ってしまったことに納得している人も、納得していない人もいるはずです。

また、今の40代の方は若い時に、現在のような低雇用率の就職活動を経験していないため、就職できないという経験を知らない世代でしょう。

そのため、今までの経験を活かせる仕事に応募することで転職に成功しやすいです。

40代で転職するメリット

40代で転職をしようと思っている人は、「40代からでは遅いかもしれない」と思っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、40代でも自分の現状を適切に理解して、すぐに行動することで転職を成功させることは可能です。

また、40代は仕事のキャリアも積んできている人が多いため、40代ならではの転職によるメリットがあります。そこで、ここでは40代で転職するメリットについてご紹介します。

40代の求人数は増加しているので転職しやすい

40代の求人数は、20代や30代に比べると少なくなりますが、まったく無いわけではありません。40代の人材を必要としている企業も多いため、40代の求人は増加しています。

40代の人を求めている企業は多いので、比較的転職しやすいと言えるでしょう。そのため、40代で転職しようとしている方は、転職できないかもしれないとそこまで不安になる必要はありません。

40代で転職しても年収アップは可能

40代で転職しようとしている人は、給料が下がってしまうのではないかと心配に思っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、実際に40代で転職して年収アップしている人は多いです。40代の人は、仕事の実績やスキルがあり、専門性や管理能力に長けている人が多いのではないでしょうか。

自分が持っているスキルと企業が求めるスキルをマッチングさせることで、年収をアップさせることは難しくありません。

転職活動をすることで自分の市場価値がわかる

転職活動をする上で最も大切なことは、自分の市場価値を見極めて自分に合った企業を見つけることです。

特に、40代で転職をしようとしている人は、自分のスキルや強みを見つけることで転職は成功しやすいでしょう。

転職活動をすることで、自分の市場価値がわかり、自分を必要としてくれる企業がどれくらいあるのかがわかります。早めに転職を進めるべきなのか、今の会社でもうすこし実績を積むべきなのか判断できるでしょう。

マネジメント経験のある人は転職に成功しやすい

40代の人を採用する上で、マネジメント能力を求める企業も多いです。基本的に、40代向けの求人は、マネジメント経験を必須としている求人が多いでしょう。

例えば、今まで管理職として仕事をしてきた人や、プロジェクトマネージャーとして仕事をした経験のある人は、自分のマネジメント能力を評価してもらえる可能性が高いです。

マネジメント経験のある人は、今の仕事よりも条件の良い仕事に転職できるかもしれません。

実績やスキルを持っている人は企業から内定をもらいやすい

マネジメント経験があまりない人でも、業界での経験やスキルを持っている人は企業から内定をもらいやすいです。

また、持っているスキルが豊富な人は、幅広い業界で転職できる可能性があります。業界への専門性があったり、能力が認められれば、入社後に現場第一線での活躍を期待されて内定をもらえることがあるでしょう。

今までのキャリアを生かした仕事をしたい人は、積極的にチャレンジしてみることがおすすめです。

40代で転職するデメリット

40代で転職をする場合は、年収アップしやすいなどのメリットがあります。しかし、メリットだけではなく、40代で転職をすることのデメリットもあるのです。

そこで、ここでは40代で転職するデメリットについてご紹介します。例えば、初めての転職の人は長年働いて慣れた会社を離れて新しい環境で働くことになるので、ストレスが溜まったり苦労したりすることがあるでしょう。

新しい会社の文化の中で働くことに苦労する

転職をするのは初めてという人も多いでしょう。転職をすることで、新しい会社で、新しい人間関係や環境に慣れなくてはいけません。

そのため、まったく新しい会社の文化の中で働くことに苦労することがあるでしょう。転職をしても、前の会社へのこだわりなどある人が多いかと思いますが、転職をした際は自分よりも年下の相手にも謙虚な姿勢を持つことが大切です。

会社を辞めてから転職すると失敗する恐れがある

転職しようと思っている人は、今の仕事を辞めてから転職活動しようと考えている人が多いです。確かに、仕事をしながら転職活動をすることは時間の余裕があまりないので大変でしょう。

しかし、転職活動に集中したいと思って仕事を辞めることはおすすめできません。40代で転職をする場合は長期化しやすいので、仕事を辞めると焦ってしまうことがあるからです。

プライドが高く年収ダウンを認められないことがある

大企業に勤めている人が転職する場合は、プライドが邪魔して転職後に年収が上がることを認められないことが多いです。

転職したいと思っていても年収は下げたくないとこだわってしまうと、本来の目的である「今の仕事に対する不満や問題を解決する」ということを忘れてしまいます

また、年収が下がることを認められず、いつまでも転職活動が終わらないこともあるでしょう。

転職を繰り返してしまう場合もある

転職を考えている人が、転職する理由を明確にしないまま転職活動を始めてしまうと転職をすることが目的となってしまうことがあります

また、転職活動が長引くと焦って冷静さを失ってしまい、自分に合わない会社を選んでしまうこともあるでしょう。

転職が目的となってしまうと、転職後も「この会社は合わない」と感じて転職を繰り返してしまう可能性があります。そのため、今の仕事の何が不満なのかを確認しましょう。

希望の職が見つかりにくい場合がある

企業が40代の人を採用する場合は、その人の管理能力を期待して採用することが多くなります。しかし、会社はピラミッド型の組織構造となっているため、管理職のポジションは少なくなっています。

そのため、管理職の需要は少なくなってしまうので、40代向けの求人は少なくなるのです。40代の人で転職をしようと思っても、自分が希望する仕事が見つからなかったり、豊富な種類の求人から選ぶことができないことがあるでしょう。

40代が転職するうえでの注意点とは?

転職をする際は、「本当に転職できるのだろうか」と心配になったり、不安があったりすることがあるでしょう。

また、20代や30代で転職をする人よりも、年齢を重ねているため転職が難しくなる傾向があります。そのため、40代の人で転職をする場合は、20代や30代の人とは違った転職の対策をする必要があるでしょう。

そこで、ここでは40代が転職するうえでの注意点についてご紹介します。

面接では退職理由と転職先への希望を伝える

40代で転職を考えている人は、面接の際にどのような転職理由を伝えたらいいのか迷っている人も多いでしょう。

面接の際の転職理由は、退職理由と転職先への希望で伝えることがおすすめです。退職理由となるような、自分が今の会社で働く上で我慢できない理由や、辞めなくてはいけない問題などを分析して、それをどうすれば解決できるのかを考えると良いでしょう。

人間関係で転職の場合は伝え方を工夫する

職場の人間関係に問題があるため、転職したいと思っている方は多いでしょう。しかし、転職理由が人間関係のトラブルの場合は、企業側から「またすぐに辞めてしまうのではないか」と不安にさせてしまう恐れがあります。

人間関係のトラブルは、どの会社で働いてもあり得るトラブルと言えるでしょう。そこで、転職理由を伝えるときは会社の社風が合わなかったというようにアレンジして伝えると良いでしょう。

仕事内容の不満で転職をする場合は熱意も伝える

転職理由が、「前の仕事では自分がやりたい仕事ができなかった」ということもあるでしょう。しかし、転職活動をする際に、応募先の企業にこのまま伝えてしまうと「この人は自分がやりたいことしかやらない」と思われてしまうかもしれません。

退職理由が仕事内容に不満があったという場合は、応募先企業をやりたい仕事に絞って、熱意も一緒に転職理由として伝えると良いでしょう。

50代以上の転職はさらに難しいので早めに行動する

40代で転職することは難しいと言われています。しかし、50代以上で転職することはさらに厳しくなってしまいます。

そのため、40代の人で転職を考えている人は早めに行動することがおすすめです。もちろん、50代になってからでも転職することは可能ですが、仕事をしながら転職活動をすることが体力的に重荷になったり、高い専門性や経営経験などが必要となったりすることがあるでしょう。

転職活動は転職エージェントへの相談から始める

40代で転職をする人は、転職エージェントを利用してキャリアアドバイザーに相談することから始めることがおすすめです。

転職エージェントに相談することで、自分の現状から転職するにはどのような企業に転職できるのか相談に乗ってくれます。また、企業とのパイプとなって自分の希望する求人を紹介してくれるでしょう。

また、キャリアアドバイザーが自分のことを客観的に見て、転職するべきなのか助言してくれることもあります。

希望の求人がない場合は今すぐの転職は諦める

転職エージェントを利用したり、キャリアアドバイザーに相談したりしても、自分が希望する求人が見つからないことがあるでしょう。

希望の求人が見つからない場合は、「自分の市場価値が低い」と判断して、今すぐに転職することは諦めた方が良いです。

現状の問題を解決することが目的なので、転職することが目的ではありません。その場合は、現職で実績を上げることに集中することがおすすめです。

転職エージェントは大手と自分の希望するものを選ぶ

転職エージェントを選ぶ時は、大手の転職エージェントと、自分の希望に合った転職エージェントを選ぶと良いでしょう。

大手の転職エージェントは、求人数が多いため自分の希望に合った求人が見つかりやすいです。そしてもう一つは、ハイキャリア向けで年収アップしやすい求人や、サポートが手厚い転職エージェントなど、自分の希望する転職エージェントも選びましょう。

求人を探す方法を一つに絞らない

転職をするために求人を探す場合は、ハローワークや転職エージェントなど、求人を探す方法はたくさんあります。

そこで、求人を探す方法を一つに絞らないことが大切です。例えば、転職エージェントには非公開求人があり、転職サイトの運営会社が独自の営業で獲得している求人があります。

そのため、複数の転職エージェントを利用して求人を探すことがポイントでしょう。

転職の目的をまとめて書き出す

40代の人が転職したいと思った理由は、「待遇を向上させたい」「仕事のやりがいを見つけたい」など様々な理由があるでしょう。

そこで、転職したいと思った理由を明確にして、転職によって実現したいことをまとめて書き出すことがおすすめです。

複数の目的がある場合は、優先順位もつけておくと良いでしょう。応募しようと思った会社で、自分の希望をなぜ実現できるのかも書き出すことで、応募する企業を絞り込むことができます。

自分に自信の無い人は慎重に転職活動をする

転職したいけれど、自分に専門性やスキルがなかったり、マネジメント経験もなかったりして自分に自信の無い人もいるでしょう。

また、40代の人の転職は厳しくなる傾向がある上に、求人の条件などを高望みしてしまうと転職先がなかなか見つからないことがあります

そのため、きちんと準備をして慎重に転職活動をすることがおすすめです。

企業が40代を採用するときに気にすることとは?

40代の転職では、年齢が一番のネックと言われることが多いでしょう。しかし、実際はそれ以外の理由で転職に失敗している人が多いのです。

そこで、ここでは企業が40代の人を採用するときに気にすることについてご紹介します。40代で転職を考えている人は、企業側がどう考えているのか、何を重視するのかを知ることで適切な対策をとることができるでしょう。

年齢に相応した給与を支払う価値のある人材なのか

企業が40代の人を採用する場合は、40代という年齢に相応したそれなりに高い給料を支払わなくてはいけないと考える企業が多いです。

そのため、給料に見合ったスキルや実績のある人なのか、年齢に相応した給料を支払う価値のある人材なのかをしっかり見極めようとします

本当にこの人を採用した方が良いのか、それとも外注した方がいいのかを天秤にかけて考える企業が多いです。

思考に柔軟性があるか

40歳を過ぎてくると、仕事を長年続けてきた人が多いので思考が凝り固まっている人が多いです。そこで、転職をする場合は思考に柔軟性のある人を求める企業が多いでしょう。

思考に柔軟性のある人は、新しい職場で働くようになっても新しい知識をすぐに吸収したり、新しい職場環境にも慣れやすかったりします

そのため、企業は思考に柔軟性のある人の方が扱いやすいため、柔軟性の高い人を採用しようとする企業が多いです。

採用する側のリスクを想像できるか

40代の人を採用する場合は、新しい職場環境に慣れなかったり、新しい人間関係の中でうまくやっていけないかもしれないなど、企業側にはリスクがあります。

そこで、採用する側のリスクを想像できる人は内定をもらいやすいでしょう。例えば、面談の際に企業の本音の募集条件や、求められている人物像などを理解している人は、企業からのポイントが高いです。

指摘されても受け入れる素直さがあるか

40代の人は、仕事での経験も長く、中には数回転職を経験してきたという人もいるでしょう。仕事の経験が長い人や、転職経験が多い人は慣れが発生してしまい、仕事先でのあしらい方が上手になっていたり、粗くなっていたりする人がいます。

そこで、40代の人が転職をする場合は、素直さがあることで内定をもらいやすいです。企業側も指摘したり何か教えたりした時に素直に受け入れてくれると、一緒に働きやすいと感じるでしょう。

経験値やスキルを持っているのか

40代の人を採用する場合は、経験値やスキルが必要となるIT関係や、医療系などの求人が多いです。そのため、今までの仕事の経験やスキルを持っているのかを重視する企業が多いでしょう。

専門的な知識だったり、スキルを持っていたりする人は40代でも積極的に採用されやすいです。また、転職市場の傾向は年々変わってくるので、転職をしようと思っている人はしっかりとした市場調査をすると良いでしょう。

40代で未経験業種に転職する場合の注意点とは?

40代での転職は、同じ業種だとしても一般的に難しいと言われています。しかし、自分の実績やスキルを見直して、挑戦する職種を選ぶことで40代での未経験の業種に転職することは可能なのです。

そこで、ここでは40代で未経験業種に転職をする場合の注意点についてご紹介します。未経験の業種に転職したいと思っている人は、ポイントを押さえておくことで未経験業種への転職に成功しやすいでしょう。

求人数が少なくなるので覚悟が必要

40代からでも未経験の業種へ転職することは可能です。しかし、求人の数が少なくなることは覚悟しておいた方が良いでしょう。

40代の人には、管理能力や専門性などを持っていて即戦力となるような人物を求めることが多いです。そのため、40代の人が応募できる求人はほとんどが経験者を想定しています。

また、年収が下がってしまったり、待遇が悪化してしまったりすることを受け入れなくてはいけない場面もあるでしょう。

企業側が求める条件と自分がマッチしないことがある

企業が未経験の人を採用する場合は、20代くらいの若い人を採用する傾向があります。年齢が若い人ほど、知識を吸収しやすかったり、伸びしろに期待できたりするでしょう。

また、40代の人を採用する場合は、企業は即戦力とマネジメント能力を求める企業が多いです。そのため、40代の人が未経験の業種に転職をする場合は、企業側が求める条件と自分がマッチしないことがあります。

企業側に扱いづらいと思われる恐れがある

40歳以上で転職をした場合は、採用担当の人や、教育担当の人が20代や30代だったりと年下ということもあります。

そのため、「現場で扱いづらいかもしれない」と思われてしまうことがあり、採用が見送られてしまうことがあります

特に、未経験の業種へ転職する場合は、教育係がついて研修をする期間があることが多いでしょう。そこで、年齢によって扱いにくいと思われてしまうことがあります。

40代の求職者が使える転職エージェントは?

40代の人が転職をする場合は、転職エージェントを利用することで自分の希望する求人を見つけやすかったり、スムーズに転職することができるでしょう。

しかし、転職エージェントは種類が多いのでどの転職エージェントを利用すればいいのかわからないこともありますよね。

そこで、ここでは40代の人におすすめの転職エージェントについてご紹介します。

MIIDAS

OL

給与について話ができたので転職後をイメージしやすかった

★★★★★★★★★★3.7

最初に話をしたときに、給与はこのくらいの額で検討することができると話をしてくれました。そのため、気楽に検討ができ、転職後もイメージすることができました。

MIIDASは、オファー待ち受け型の転職サイトです。また、約4万社の企業が採用データベースとして活用しているため、自分の希望する仕事が見つかりやすいでしょう。

MIIDASのサイトの特徴や強みは以下の通りです。

チェックポイント

  • 毎月1万人が新規登録しているオファー待ち受け型転職サイト
  • 転職支援ビジネス大手のDODAが運営している
  • 新着求人は随時更新している
  • 人材会社からの余計なスカウトがない
  • 登録内容が書類選考代わりになるので面接確約オファーがすぐに提示される
  • 自分で求人を探し回るよりも良い案件があれば転職したい人におすすめ

MIIDASでは、簡単なユーザー登録の後に「適正チェック」を行うことができます。適正チェックとは、自分の性格特徴や適正職務、上下関係の適正やマネジメント適正なども細かく解説してくれるものです。

リクルートエージェント

会社員

給与条件での調整も間に入って交渉してくれた

★★★★★★★★★★4.0

応募した企業との給与条件面での調整の際には、リクルートエージェントが間に入って交渉してくれたのでスムーズに進めることができました。最初から最後まで連絡体制も万全だったので、安心して転職活動を行うことができました。

リクルートエージェントは、求人の質や量が他のエージェントと比較しても圧倒的に高評価を得ています

リクルートエージェントを利用するメリットについて紹介します。

チェックポイント

  • 幅広い求職者に対応しているので40代の人も安心して使える
  • サポートや面接対策が充実している
  • 交渉力が高く内定率が高い

リクルートエージェントを利用することで、転職が厳しいとされる40代の人でも多くの求人が見つかりやすいです。

40代で初めて転職をするという方はどのように面接を突破すればいいのか不安な方も多いですが、面接対策の質が高いと評判なのでおすすめです。

doda

OL

大企業から中小優良企業まで掲載があるので幅広く応募できた

★★★★★★★★★★4.1

他の転職サービスと比べても、大企業や中小優良企業があるので自分の条件の合う求人を探しやすかったです。

dodaは、パーソルキャリアが運営する業界最大手の転職エージェントです。また、担当に当たり外れが少ないと評価されています。

dodaを利用するメリットや評価は以下の通りです。

チェックポイント

  • 求人件数が多いので選択肢に困らない
  • 職務経歴書・面接対策といった実践的なサポートが充実している
  • 担当者の当たり外れが少ない

dodaは、求人の出し惜しみをせずにどんどん選択肢を提示してくれます。保有している案件数自体は、他の転職エージェントに劣ることもありますが、提示してくれる案件数は多いです。

40代の転職はこれまでの経験を活用しよう

ここでは、40代で転職を考える理由や、転職するメリット・デメリット、転職する注意点、企業が40代の人を採用するときに気にすること、未経験業種に転職する場合の注意点、40代の人におすすめの転職エージェントについてご紹介しました。

40代で転職をする場合は、自分の強みを見極めて転職エージェントをうまく活用しましょう。未経験の業種に転職したいと思っている人は、柔軟性があることをアピールすると良いです。

適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧