「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 転職
  3. 派遣の登録にはどんな服装がいいの?OK・NG例を紹介
転職

派遣の登録にはどんな服装がいいの?OK・NG例を紹介

派遣会社の登録にはどんな服装で行けばいい?

派遣会社で働くことを決めたら、まず最初登録が必要となり、派遣会社へ出向くことが多くあります。この際に、どんな服装で行ったらよいのか悩む人も多く見られます。

正社員のための面接ではありませんが、事実上の面談となることも多く、一度の派遣会社への来社で、仕事内容が決まることもあります。派遣といえども、希望の業界にあわせた服装をすることが大切なのです。ここでは、派遣登録時の服装についてご紹介しています。

派遣会社の登録会の雰囲気とは?

派遣会社の登録会は企業面接と違い、雑然としていることがあります。しかし、登録後に一人ずつの面談となることが多いため、普通の会社の面接と同じ心構えで行くと良いでしょう。

正社員ではありませんが、派遣される会社にあった人かどうかを判断されるため、服装も業界にあわせる必要があります。ここでは、登録会に来ている人々の雰囲気についてご紹介しています。

私服可であっても基本的におとなしい服装の人が多い

私服でも良いというところが多く見られますが、私服も休日に自宅でくつろいでいるような格好ではなく、仕事の話が出来る程度のおとなしい服装が多く見られます。

きっちりとしたスーツを着ている人はまれですが、初対面でも話しやすい服装を心がけている人が多くなっています。企業面接と違い、割と自由な雰囲気ですが、あくまでみなさん仕事のための来社であるということを意識しています。

私服と書かれていても、実際は仕事にふさわしいかが判断されるため、希望する業界や職種の服装をチェックしておきましょう。

アパレル系などの場合はカジュアル寄り

アパレル業界などは、ファッションも面談の際のポイントとなることもあります。アパレルはカジュアルよりであり、実際に職場で働く際の服装を想定して、トレンドを意識し一工夫あるものを選んでいる傾向です。

画一的なリクルートスーツではなく、個性がある服装が多く見られ、おしゃれ好きな人が会場に多いと感じるでしょう。普段デパートやセレクトショップなどに良く行く人は、スタッフの服装を参考にすると良いでしょう。

人気のあるアパレル系の派遣登録は、ジャケットを羽織るなど、カジュアルの中にもきちんとした印象を与えるよう工夫することが大切です。

派手な人もいるがそのレベルに合わせる必要はない

派遣の登録会で、たまに派手な服装をしている人も見られますが、周りから浮いていることもあります

業界にあわせた落ち着いた服装が理想であり、派手な服装をしてきている本人も、後悔していることもあります。

初めて登録会に行く人は、どんな服装をしていいか分からない人が多く見られますが、特殊な業界でない限りおとなしい服装がよいでしょう。たまに見かける派手な服装の人は参考にならないので、気にしないようにしましょう。

派遣会社の登録会で確実にOKな服装とは?

派遣会社の登録会でおすすめの服装をご紹介します。確実にOKとなる服装は、オフィスカジュアルやスーツ、清潔感のある私服です。最近はオフィスカジュアルが多く、個性のある私服より定番が多くあるため、参考にしやすい服装といえます。

ここでは、派遣登録会の定番となる服装についてご紹介しているので、参考にしてください。

オフィスカジュアル

ジーンズに襟付きのシャツ、その上にジャケットを羽織っておけば、オフィスカジュアルと見られます。ジーパンよりもチノパンなどのほうがより好印象となるため、おすすめです。

女性もブラウスやカットソーの上に、ジャケットを着ることで、フォーマルさが出ます。これまでに職場でオフィスカジュアルの服装経験がないならば、ジャケットをポイントとして、コーディネートを考えましょう。パンツかスカートかはどちらでも良いですが、保守的な職場ならスカートのほうが良いこともあります。IT、WEB系の職場の定番はオフィスカジュアルなので、この業界を志望している人は特にチェックしておきましょう。

オフィスカジュアルは、多くの職場で共通することもある、便利な服装タイプなので、自分の定番を一つ作っておくと便利です。

スーツ

どんな業界、職種でもOKな服装がスーツです。きっちりしすぎている場合もあり、業種によってはそぐわない場合もありますが、きちんとしすぎて悪いということはありません

スーツで登録会に来た登録者に悪い印象を持つ人はいないでしょう。仕事へのやる気が感じられ、誠実なイメージも持たれます。オフィスカジュアルで不安な場合は、スーツで行けば間違いなく好印象な面談となるでしょう。

特に金融系などの職業では、スーツなどのきちんとした服装がよいこともあります。値段の高すぎるスーツを身に着けると、金銭感覚の違いを考慮されることもあるので、その業界や派遣の給料にふさわしいものを身に着けるのがおすすめです。

清潔感のある私服

私服OKという登録会が多くあり、どの程度までが許されるのか疑問に思う人も多いようです。基本的には清潔感があればOKであり、派手すぎず、不真面目な印象を与えない服装であれば問題ないことがほとんどです。

上でご紹介したオフィスカジュアルで、ジャケットを羽織らずジャンパーにするなどでも、落ち着いたデザインなら良いでしょう。よほど外れた服装でなければ、面談で悪印象となることは少なく、仕事の話が出来る服装であれば問題ないことがほとんどです。

特に、ジャケットの必要ない、軽作業やドライバーなどの登録会なら、わざわざジャケット類を購入する必要はありません。職場の人となじめるような服装であれば問題なく、登録会用として変わった服装をすることにより、かえって浮いてしまうこともあります。

派遣会社の登録会でNGな服装とは?

派遣会社の登録会で悪印象を持たれるNGな服装についてご紹介します。NGな服装となるのは、仕事の話をするのにそぐわない露出の多い服や、不潔な服、ゆるすぎる服などです。

私服OKとなっていても、ビジネスの場であることを心がけて、適する服装をすることが大切です。一度こつを覚えるとどこでも通用するので、NGとなる服を確認しておきましょう。

露出の多い服

まずNGとなるのが、露出が多い服装です。胸元が大きく開いた服装や、短すぎるスカートなどがこれにあたり、ビジネスの服装として適しません。

私服OKとされていても、この点には注意を払うことが必要で、自分は問題ないと思っていても、面談者には悪印象となることが多くあります。暑い夏場だからと、腕や胸の開きすぎたタンクトップ一枚で出かけたり、短パンにサンダルなどのリゾート地のような服装はNGです。

派遣の登録会ということで、気軽に考えてしまう人も多いですが、企業面接の前の面談がおこなわれることもあるので、注意が必要です。

不潔な服

次に問題となるのが、不潔と感じられる服装です。何日も同じ服を着ていたり、汚れが目立ったりすると、面談でよい印象をもたれません。靴も泥汚れや大きなしみがある場合は、落としたり洗ったりしておくことが大切です。

全体的な印象を見られるので、一部分だけきれいにするのではなく、全体的に見て清潔感があるように気をつけましょう。頭髪も、ロングヘアの人は仕事のしやすいようにまとまっているか、ショートの人もぼさぼさではないかなど、職場でみんなと仕事をする際に、不快な印象を与えないかという点に気をつけることが大切です。

特に男性は、汚れた服装でも気にならない人もいます。登録会は面談があることも考えられるので、派遣会社のスタッフと話が出来る程度の清潔感をこころがけましょう。

ゆるすぎる服

中で体が泳ぐような、ゆるすぎる服装はNGです。ゆるすぎず、きつすぎず、仕事をする際に邪魔にならない服装が理想的です。

私服でオーバーサイズのトレーナーや、パンツを好んで身につけている人などは注意が必要で、普段着のまま派遣の登録会に行ってしまうと、面談でよい印象を持たれないことがあります。ポイントは、希望する職種で実際に働く際に適当かどうかです。

袖があたってタイピングしにくかったり、長すぎるパンツで店内で動きにくかったりすると、仕事への意識があるかということが問われることもあるので注意しましょう。私服でもゆるすぎる服ではなく、適度にフィットしていると好印象になります。

服装以外に気をつけることとは?

身に着ける服装以外でも気をつけることは多くあります。希望する業界により様々な注意点がありますが、共通している点は実際に職場で仕事をする際に適当かということです。

事務でパソコンを多く使うのであれば爪が長すぎないか、アクセサリーが大きすぎてパソコン操作が出来ないことはないか、などです。また、メイクも業界によってしっかりしたほうが良いこともあるため、登録会に出向く前にチェックしておきましょう。

タイピングテストなどがあるので長いネイルは不便

人気の一般事務は、派遣の登録会で、パソコンのタイピングテストがおこなわれる場合もあります。データ入力業務など、タイピング能力が重視される案件なら、このテストは大切です。

1分60~100文字程度のタイピングが必要とされるので、かなり速いスピードが要求されます。もし、ネイルが長い場合はタイピングしにくく、優秀な人も自分の能力を十分発揮できないこともあるでしょう。このため、長いネイルの人は短くし、タイピングテストを受けやすいように短くしておくことをおすすめします。

ほかにも一般事務は、接客などお客さんと接する仕事の場合もあります。誰と接しても好印象となるよう、ネイルにも気を使いましょう。ただし、美容関係などでは、ネイルが必須という業界もあります。

過剰なアクセサリーはPC操作や筆記に不便

大きすぎるネックレスなどのアクセサリーは、パソコン操作の際機材類にぶつかってしまうこともあります。このため、アクセサリー類は小ぶりなものがおすすめで、出来るだけ体に密着したものがよいでしょう。

選ぶポイントは、実際に仕事をする際のことを予想して、邪魔にならないような形にすることです。筆記テストの際にも、大きなアクセサリーがあると書きにくかったり周囲の気を散らしたりするので、おとなしいものにするのが良いでしょう。

髪色・髪型はよほど奇抜でなければ大丈夫

昔は茶髪について不適当とされる場面が社会生活で多くありましたが、現代ではよほど奇抜でない限り問題ありません。原色のヘアやコスプレのような個性を主張する髪型は、会社勤務には適さないため、登録会では避けましょう。

内勤、外勤を問わず、社内スタッフやお客さんと接するのなら、相手が接しやすいような落ち着いた雰囲気が大切です。だからといって、新卒のリクルートスタイルを意識することはなく、リラックスしたいつもの髪型で大丈夫です。

ピアスは常識的な大きさと数にしておく

アクセサリーについての段落でも伝えましたが、耳につけるイヤリングやピアスは、あまり大きすぎないものが良いでしょう。特に、顔周りのアクセサリーは、その人の第一印象を左右してしまうため、シンプルなものがおすすめです。

大きなものや、数が多すぎると、求職者の内面の魅力を妨げてしまうこともあり、面談の際に良い影響を与えないこともあります。実際の仕事でも、大きな耳飾は電話しにくくなるので、注意が必要です。

ビジネスの場面でのアクセサリーはなくても良いのですが、事務などオフィスでの仕事を希望しているのなら、スーツやビジネスカジュアルにふさわしい落ち着きのあるワンポイントのものがおすすめです。

志望業界によってはメイクをきちんとしたほうがいい

化粧品業界などを希望している人は、メイクについても見られます。化粧品の販売スタッフなどは、お客さんと対面でメイク用品について説明する場面も多く、ノーメイクや薄化粧では化粧品販売スタッフとしてNGであることが多くあります。

お客さんは販売スタッフのメイクをしっかり観察しており、メイク用品をPRする役割も果たしています。派遣の登録会でも、面談によって化粧品業界への適正を判断されるので、しっかりメイクをして自己アピールすることが必要です。

派遣先の見学をする場合の服装は?

登録会後に、派遣先企業の見学をする場合もあります。実際の職場を見ることで、職場の雰囲気や自分との相性、仕事の様子などを具体的に確認することが出来ます。この際に、会社の人と話すこともあり、実質の面接となることもあります。

このため、見学では面接に備えた業界にふさわしい服装をすることが望まれます。ここでは、派遣先企業を見学する際の服装についてご紹介します。

実質的に面接の場になることに注意

派遣登録後の企業見学は、面接とは言われませんが、会社スタッフと対面するため、実質面接の場になることもあります。

このため、気楽に考えて職場の雰囲気にそぐわない服装で行ってしまうと、場違いとなることもあるので気をつけましょう。自分の希望する業界に適した服装を考慮し、用意することが大切です。

特に女性は、美容やアパレルなど特別な業界以外は、ビジネスの場にふさわしい落ち着いた服装を心がけることが必要です。

オフィスカジュアルまたはスーツが無難

希望する業界の雰囲気や服装が分かりにくい場合もあるでしょう。そんなときは、オフィスカジュアルにしておけば問題ありません

カジュアルよりの業界や職種でも、ジャケットを羽織るだけで、面接にふさわしいきちんとした印象を与えます。また、フォーマルよりの金融系などは、迷った場合スーツにしておくのがおすすめで、周りがオフィスカジュアルでも、面接では好印象になりポイントも上がりやすいでしょう。

面接はきちんとしすぎて悪いということはないため、分からないときは、オフィスカジュアルかスーツにしておきましょう。

髪型・メイク・ネイルは登録会のときより控えめに

登録会では、それほど重要でなかった髪型やメイク、ネイルも、企業見学の際には、控えめにしておくのが良いでしょう。

実際の企業で働くことを考慮して、職場の雰囲気に合った服装や身だしなみを心がけることをおすすめします。一般事務であれば、メイクやネイル、アクセサリーが入職するオフィスにふさわしいか、髪型や髪色が奇抜すぎないか、などを意識します。

登録会よりもおとなしめにすることがおすすめで、清潔感があり落ち着いた印象にすることがポイントです。

仕事を紹介してもらう立場であることを忘れずにいよう

派遣登録会の服装についてご紹介しました。たかが登録会と軽く考えてしまう人もいますが、自分では探しにくい仕事を紹介してもらう、大切な場になります。

登録会は、実際の企業面接ではありませんが、派遣会社が求職者を判断する面談があることも考えられます。何があってもよいように、志望する業界や職種にふさわしい、ビジネスに適した服装をすることが必要です。

適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧